“辛口”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
カラグヂ50.0%
セツク50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“辛口”を含む作品のジャンル比率
総記 > 図書・書誌学 > 図書の販売20.0%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
フン! 他人フト辛口カラグヂきグシマネ自分のめしの上のハイホロガネガ。
地方主義篇:(散文詩) (旧字旧仮名) / 福士幸次郎(著)
十年も死んだオドサ義理立デデ、この上なに辛口カラグヂきガれるゴドアあるベナせ。
地方主義篇:(散文詩) (旧字旧仮名) / 福士幸次郎(著)
唯僅かに菊正宗に雁行するものは、辛口セツクな最上の白葡萄酒の中に罕に存するのみである。
書狼書豚 (新字旧仮名) / 辰野隆(著)