“辛夷”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
こぶし95.2%
シンイ4.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
村落處々にはまだけたやうな辛夷が、にぽつといてにほか/\とんでしてた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
その寺に近いところに、小さい二階家があって、重兵衛はその入口の木戸をあけてはいった。庭には白い辛夷の花が咲いていた。
半七捕物帳:50 正雪の絵馬 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
古来どの学者でも辛夷をコブシであるとして疑わず涼しい顔をしており、また従来どんな学者でも木蘭をモクレンでとしてスマシこんでいるのは笑わせる。
植物一日一題 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)