“残雪”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ざんせつ50.0%
ハダレ50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
満洲里風車片破れ吹きるる残雪の丘にぞきびしき
夢殿 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
小正月を控へた残雪の山の急斜面、青い麦の葉生えをそよがしてゐた微風、目ざす夜祭りの村への距離を遠く感じさせる笛の響き、其後幾度とも知れぬほど