“鶯菜”の読み方と例文
読み方割合
うぐいすな100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
手先のきく清助は半蔵よりずっと器用に、冬菜鶯菜牛蒡人参などの野菜を色どりよく取り合わせ、干しの類をも添え、台の上に載せて、その床の間を楽しくした。
夜明け前:02 第一部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
連翹の花で囲まれた農家や、その裾を丈低い桃の花木で飾った丘や、朝陽を受けて薄瑪瑙色に輝いている野川や、鶯菜や大根の葉に緑濃く彩色られている畑などの彼方に、一里の距離を置いて
血曼陀羅紙帳武士 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)