“甘茶”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
あまちゃ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
寺々のかねが子供を呼ぶと、とうかあねえに連れられた子供が、小さな竹筒をげて、嬉々ききとして甘茶あまちゃを汲みに行く。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
ある日、かれのそうした様子を見ていた茶目な一塾生が、四月八日の甘茶あまちゃだといって、タオルにふくませた湯を、かれの頭上にたらたらとかけてやった。
次郎物語:05 第五部 (新字新仮名) / 下村湖人(著)