“睦月”の読み方と例文
読み方割合
むつき100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
雪祭は睦月むつき神事かむごと、その雪は田の面のしづめ、雪こそはとよの年の、穂に穂積むみのりのしるし、その雪を神に祈ると、その雪に神と遊ぶと
黒檜 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
睦月むつきの風はサッと腥く吹いて過ぎます。
遠山は霜月祭、新野にひのにては睦月むつき西浦にしうれ田楽でんがく北設楽きたしだらは花祭とよの。
黒檜 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
月暦つきごよみ睦月むつき二日ふつか新月わかづきの眉をさなかる西に見ゆとふ
黒檜 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)