“睦月”の読み方と例文
読み方割合
むつき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
風花の空にちて、日和うららよとの。遠山は霜月祭、新野にては睦月西浦田楽北設楽は花祭とよの。さてもめでたや、雪祭のとりどり。
黒檜 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
睦月の風はサッと腥く吹いて過ぎます。
雪祭は睦月神事、その雪は田の面のめ、雪こそはの年の、穂に穂積むのしるし、その雪を神に祈ると、その雪に神と遊ぶと、山峡や小峡の子らが、あなか、鬼の子鬼が、雪祭四方の鎮めと
黒檜 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)