黒檜くろひ
黒檜の沈静なる、花塵をさまりて或は識るを得べきか。 薄明二年有半、我がこの境涯に住して、僅かにこの風懐を遣る。もとより病苦と闘つて敢て之に克たむとするにもあらず、幽暗を恃みて亦之を世に愬へむとにもあらず、ただ煙霞余情の裡、平生の和敬ひとへに …
作品に特徴的な語句
いつか つくばひ いろひ わき なぎ ぐは にぎ かか にほ ぢやう 歔欷さぐ あき かぐ ぢき 微笑ほほゑみ いろ あり たたかひ もと ゑまひ いつ さや ざふ 仰臥あふぶし じき 御座みざ けみ がい くづ とと おほ かほ うた きほ ひえ 愛惜をし うつはり すが にほひ および わらひ さや ゆき ひむがし やは 正面まと 小童がき ぬく 昧爽あけぐれ しはぶき ゑみ はる うつ いきほ くつがへ もろ がへる そびら つぐ 咽喉のみど 青雲おをぐも 屋内やぬち あや 生死しやうし 水月すゐげつ おと かげ まだ しも また わらはべ 春日しゆんじつ くちなは こほ 手触たふり とよ いだ ゐや