黒檜くろひ
黒檜の沈静なる、花塵をさまりて或は識るを得べきか。 薄明二年有半、我がこの境涯に住して、僅かにこの風懐を遣る。もとより病苦と闘つて敢て之に克たむとするにもあらず、幽暗を恃みて亦之を世に愬へむとにもあら …
作品に特徴的な語句
夜寒よさむ 雑魚ざこ 息吹いぶき 白髯しらひげ 田楽でんがく 向日葵ひまはり やじり 寸分すんぶ 猛々たけだけ 指頭ゆびさき 狩野かの 足音あのと 朧月ろうげつ 起臥おきふし いたゞき 暗夜やみよ 夜明よあけ 神明こころあき 端居はしゐ 三日みか 合歓ねむ 薄日うすび 現身うつしみ 蟷螂かまきり 木槿むくげ 二方ふたかた 起居たちゐ 一朝ひとあさ 水上みなかみ 手斧てうな 真闇まやみ 谷地やち 両手もろて 我家わがや 春雨はるあま 月夜つくよ 嫩葉わかば 雑木ざふき 堆朱つゐしゆ がう 雨夜あまよ ひろ とりで 幾干いくばく すぢ 老木おいき 一手ひとて 神業かむわざ しべ 寿詞よごと 真正面まおもて 須臾しゆゆ 祖先みおや みのり 端山はやま かも へら あした てん 後脚あとあし 正眼まさめ 目見まみ もぐさ つはもの 下枝しづえ 霖雨ながめ かさ うから 梅雨時つゆどき はへ 眼力まなぢから 日光ひかげ 大臣おとど 一撃いちげき 立身たちみ かひ 語韻ひびき 聴耳ききみみ つつ 額髪ぬかがみ うそ 愛惜をし 飲食おんじき 物思ものも ほそ 点滴てんてき 仰臥あふぶし 内障眼そこひ 口授くじゆ 捨身すてみ 春寒しゆんかん きぞ 白牡丹はくぼたん もろ 一生ひとよ