“杖”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
つえ61.4%
つゑ10.7%
ステッキ8.1%
じょう4.3%
4.0%
づえ3.7%
ステツキ2.6%
0.9%
しもと0.6%
ケン0.6%
むち0.6%
ぢやう0.3%
ケーン0.3%
0.3%
つゑつ0.3%
づゑ0.3%
キュウ0.3%
シュトック0.3%
ツヱ0.3%
バートン0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
の麦畑の間にあるから、中脊肥満った傲慢な顔をした長者が、赤樫引摺るようにしてあるいて来るところでありました。
宇賀長者物語 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
按摩に、べりの水除ると、両手をかけて、ズイとばし、てゝえて様子、——とふ。
怪力 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
構わず談じようじゃあねえか、十五番地の差配さんだと、昔気質だからいんだけれども、町内の御差配はいけねえや。羽織袴で
三枚続 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
けれども、今度もまた、自分に敗れたなら、あの権之助は、今日まで誇っていたの自信を失って、ほんとに志を断つであろう。
宮本武蔵:06 空の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
この両側左右の背後に、浄名居士と、仏陀波利払子を振り、錫杖一軸を結んだのを肩にかつぐようにいて立つ。
七宝の柱 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
ところがこの禿の奴、一本のニス塗りのステッキを持っていて——それこそ阿Qに言わせると葬式の泣きだ——大跨に歩いて来た。
阿Q正伝 (新字新仮名) / 魯迅(著)
牧師は慌てて引込めた。といふのは、さる富豪寡婦さんが贈つて来たもので、匂ひの高い木に金金具が贅沢に打ちつけてあつた。
あの方が壯盛りに、捧術んで、今にも事あれかしと謂つた顏で、立派なをつけて、のつし/\と長い物をいて歩かれたお姿が、あれを見てゐて、ちらつくやうだなど
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫釈迢空(著)
倶不戴天の親の、たまさか見付けて討たんとせしに、その仇は取り逃がし、あまつさへその身は僅少の罪に縛められて邪見のる悲しさ。
こがね丸 (新字旧仮名) / 巌谷小波(著)
「それではお前に尋ねるが、リンネルの背広に鳥打帽を冠むり、支那竹のを携えた三十七八の紳士が今日、お前の所へ来られた筈だが?」
闘牛 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
村役人はかねてから王の才能を尊敬して、篤行の士と言うことを知っていたので、西隣の父親のいうことはいごとだといって、で打たそうとした。
嬰寧 (新字新仮名) / 蒲 松齢(著)
の手は眼にもとまらず引くと見せ打つと返すと十方無礙なり
黒檜 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
「そ、それを御承知のくせに」とクリヴォフ夫人はたまらなくなったように立ち上り、を荒々しく振って叫んだ。「だからこそ私達は、その伴侶を焼き捨てて欲しいと御願いするのです」
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
此国を巡狩して山路に矛をてしに、其矛忽ち光を放ち、又其光飛んで止まった所に至ると老翁が現れて、吾是猿田彦命也、嚮導を為さんと欲するが故に此に来ったということになっている。
二、三の山名について (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)
そ傲逸彼の如きは、乱世にありて一仏徒として終ること能はざるところなり、然るに彼をして遂に剣鎗にかずして、経典にらしめたるもの、いかなる鬼物の神力ならむ。
心機妙変を論ず (新字旧仮名) / 北村透谷(著)
秤に分銅を縛つてあつたといふから、こいつは恐ろしい得物だ、手もなく寶山流の
風「チョオクの多少はの巧拙には関せんよ。遊佐が無闇取易へるのだつて、決してとも好くはない」
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
カチカチに凍りついた雪を踏みしめて、サック、サック、一足ごとにをついて、星明かりに青く光る雪の斜面にかかった時、かつて覚えない緊張した気持ちになった。
登山の朝 (新字新仮名) / 辻村伊助(著)
挽歌に巌門ねを言ひ、水鳥・大君のおもふ鳥を出し、いてのさまよひを述べ、紐を云々する事の多いのは、皆、鎮魂式の祭儀から出て居る。
僕の籐のステッキがまづ魔法のといふところ。これで觸つたら、小鳥だらうが、花だらうが、木の枝だらうが、みんなお喋舌りをしはじめさうである。僕はそつとステッキを小脇にかくす。
絵はがき (旧字旧仮名) / 堀辰雄(著)