茶話ちゃばなし02 大正五(一九一六)年02 たいしょうご(せんきゅうひゃくじゅうろく)ねん
4・12(夕) 蚯蚓が風邪の妙薬だといひ出してから、彼方此方の垣根や塀外を穿くり荒すのを職業にする人達が出来て来た。郊外生活の地続き、猫の額ほどな空地に十歩の春を娯まうとする花いぢりも、かういふ輩に遭つては何も角も滅茶苦茶に荒されてしまふ。 …
作品に特徴的な語句
でき くだり けな きせ めまひ ぱり わつち ぱた あと くひ うぶ もじやく 逡巡へどもど おまへ しあはせ 以前まへかた ぱな わて いで わて 混雑ごつちや ぱた みつともな しかつ ぱらひ 女子あまつこ ぺが つひへ しよ とむらひ たる 穿はま どめ づかま 前方むかう 後退あとかへ しよう あつし やめ かづ 仰向あふむき とほる どほり をか きつ こと つむ がふ 嘔吐はきだ うなづ 人間ふと ちと つゝ 敏捷はや しつか 女房かない のけ はづ 此辺こゝいら よつ なか ぞろ 由緒ゆいちよ ひね うは 往復ゆきかへ ぱが ほか とこ うつ バツグ ぶり めま むつか 瞬間ほんのま そくな うま とつ ぺら ちゆう ぴど 匍匐はひつくば 出会でくは よひ ほざ 退しさ 衝突ぶつつか 発見めつけ 手触てざはり 公然おつぴら カア むつ
題名が同じ作品
茶話:01 大正四(一九一五)年 (新字旧仮名)薄田泣菫 (著)
茶話:03 大正六(一九一七)年 (新字旧仮名)薄田泣菫 (著)
茶話:04 大正七(一九一八)年 (新字旧仮名)薄田泣菫 (著)
茶話:05 大正八(一九一九)年 (新字旧仮名)薄田泣菫 (著)
茶話:06 大正十一(一九二二)年 (新字旧仮名)薄田泣菫 (著)
茶話:07 大正十四(一九二五)年 (新字旧仮名)薄田泣菫 (著)
茶話:08 大正十五(一九二六)年 (新字旧仮名)薄田泣菫 (著)
茶話:09 昭和二(一九二七)年 (新字旧仮名)薄田泣菫 (著)
茶話:10 昭和三(一九二八)年 (新字旧仮名)薄田泣菫 (著)
茶話:11 昭和五(一九三〇)年 (新字旧仮名)薄田泣菫 (著)
茶話:12 初出未詳 (新字旧仮名)薄田泣菫 (著)