茶話ちゃばなし02 大正五(一九一六)年02 たいしょうご(せんきゅうひゃくじゅうろく)ねん
4・12(夕) 蚯蚓が風邪の妙薬だといひ出してから、彼方此方の垣根や塀外を穿くり荒すのを職業にする人達が出来て来た。郊外生活の地続き、猫の額ほどな空地に十歩の春を娯まうとする花いぢりも、かういふ輩に遭 …
作品に特徴的な語句
真物ほんもの 閑人ひまじん 見遁みのが 牡蠣かき 満更まんざら 矢庭やには 伯林ベルリン かんな 出雲いづも 沢庵たくあん 反身そりみ 天秤はかり 狐狸こり もんめ 物識ものしり 短冊たんざく 鵜呑うのみ 勿怪もつけ いが 衣物きもの 庫裏くり 午過ひるすぎ 胡麻化ごまか 野良のら 揉手もみで 章魚たこ 惜気をしげ 浪花節なにはぶし 閑暇ひま 戦争いくさ 護謨ごむ 塹壕ざんがう 混淆こんかう 腹癒はらいせ 見窄みすぼ 請合うけあ 市街まち はく 度胆どぎも 洗濯せんだく 生娘きむすめ 緑青ろくしやう 白髪頭しらがあたま こうし 鶏卵たまご ほだ 鎧戸よろひど 咳払せきばら やなぎ セント 手数てすう 生捕いけど 討死うちじに すゞき 逆立さかだち 貴君あなた 元和げんな びた 駝鳥だてう 書肆ほんや 椎茸しひたけ しよく 目論もくろ 居睡ゐねむり 道行みちゆき 群青ぐんじやう 抵当かた 指頭ゆびさき たの 万更まんざら 人伝ひとづて 奉公つと 手土産てみやげ 立塞たちふさ 結縁けちえん 町家ちやうか 瞥見ちよつとみ 解脱げだつ 妙齢としごろ 島田しまた 払子ほつす 紛失ふんじつ 今時いまどき 薬鑵やくわん 因業いんごふ 彼是かれこれ 七歳なゝつ 不肖ふせう 突如いきなり 手応てごたへ 行脚あんぎや 死人しびと 涅槃ねはん 詰襟つめゑり 金目かねめ きのこ 河豚ふぐ 五歳いつつ など 気紛きまぐ
題名が同じ作品
茶話:01 大正四(一九一五)年 (新字旧仮名)薄田泣菫 (著)
茶話:03 大正六(一九一七)年 (新字旧仮名)薄田泣菫 (著)
茶話:04 大正七(一九一八)年 (新字旧仮名)薄田泣菫 (著)
茶話:05 大正八(一九一九)年 (新字旧仮名)薄田泣菫 (著)
茶話:06 大正十一(一九二二)年 (新字旧仮名)薄田泣菫 (著)
茶話:07 大正十四(一九二五)年 (新字旧仮名)薄田泣菫 (著)
茶話:08 大正十五(一九二六)年 (新字旧仮名)薄田泣菫 (著)
茶話:09 昭和二(一九二七)年 (新字旧仮名)薄田泣菫 (著)
茶話:10 昭和三(一九二八)年 (新字旧仮名)薄田泣菫 (著)
茶話:11 昭和五(一九三〇)年 (新字旧仮名)薄田泣菫 (著)
茶話:12 初出未詳 (新字旧仮名)薄田泣菫 (著)