茶話ちゃばなし06 大正十一(一九二二)年06 たいしょうじゅういち(せんきゅうひゃくにじゅうに)ねん
詩人室生犀星氏のお父さんのこと4・23 サンデー毎日 詩人室生犀星氏のお父さんは、医者であつた。医者であることすら大変なのに、おまけに藪医者であつた。藪医者といふと、蝸牛や、蟷螂と同じやうに草ぶかい片田舎にばかり住んでゐるやうに思ふ人がある …
作品に特徴的な語句
まは しばたゝ 女房かない 地面ぢびた むつ 昵懇なじ せゐ はなみづ よさ 出会でく さが しかめ むすこ とゞ しも 頬冠ほゝかぶ てあひ はさ しや かゝ 戯談ぜうだん いぢ さいはひ 気分ムウド なほ 頬冠ほゝかむ 雑作ざふさ けぶり 周囲まはり とどこほ さす あた 使つかひ がた ごみ そく 移転ひつこし 韃靼だつたん 如何いかが まづ えう 今日けふ おとがひ 悪戯いたづら かはづ こは 幸福しあはせ 引込ひつこ 先刻さつき 栗田あはた はま 紐育ニユーヨーク 書店ほんや 昵懇なじみ 黄檗わうばく 昨日きのふ かみ くだ 横面よこづら くり 聖人しやうにん 肝煎きもい 持地もちち ぬぐ うなづ 手拭てぬぐひ 愛相あいさう たち たび たらひ 電光いなづま さき 真中まなか 鋸屑おがくづ もと 反対あべこべ わし 古今こきん 可愛かあい 可笑をか 玩具おもちや みぞ さゝや つまづ つら 土地ところ たきぎ
題名が同じ作品
茶話:01 大正四(一九一五)年 (新字旧仮名)薄田泣菫 (著)
茶話:02 大正五(一九一六)年 (新字旧仮名)薄田泣菫 (著)
茶話:03 大正六(一九一七)年 (新字旧仮名)薄田泣菫 (著)
茶話:04 大正七(一九一八)年 (新字旧仮名)薄田泣菫 (著)
茶話:05 大正八(一九一九)年 (新字旧仮名)薄田泣菫 (著)
茶話:07 大正十四(一九二五)年 (新字旧仮名)薄田泣菫 (著)
茶話:08 大正十五(一九二六)年 (新字旧仮名)薄田泣菫 (著)
茶話:09 昭和二(一九二七)年 (新字旧仮名)薄田泣菫 (著)
茶話:10 昭和三(一九二八)年 (新字旧仮名)薄田泣菫 (著)
茶話:11 昭和五(一九三〇)年 (新字旧仮名)薄田泣菫 (著)
茶話:12 初出未詳 (新字旧仮名)薄田泣菫 (著)