“閉”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
23.4%
19.4%
15.2%
とざ12.5%
しま8.0%
ふさ6.6%
つぶ4.2%
1.7%
とぢ1.2%
つむ1.2%
しめ1.1%
0.9%
ねむ0.6%
たて0.6%
0.6%
とざし0.5%
とじ0.5%
ふた0.3%
とづ0.3%
0.3%
トジ0.2%
つぼ0.2%
0.2%
0.2%
たっ0.2%
ちめ0.2%
とず0.2%
0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「そんなものはありません。旦那は用心深いから、表も裏も念入りにめて、家中皆んな留守のことにし、窓だけ開けて置きました」
男は黒き夜を見上げながら、いられたる結婚のより、是非に女を救い出さんと思い定めた。かく思い定めて男は眼をずる。——
草枕 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
「貸家ですか。そこはJさんが雇い婆さんに一週間一ポンドずつやって、窓のてをさせていたんですがね。もういけませんよ」
久しぶりで、うして火を置かせたまゝ、気に入りの小間使さへ遠ざけて、ハタとした音が、するまで響いたのであつた。
印度更紗 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
私は門のところにらひ、芝生の上にらつた。鋪石道を往きりした。硝子戸鎧戸つてゐて内部を見ることは出來なかつた。
醜いもの、汚れたもの、正しくないものに眼をぐことの出来た其頃の頭脳には、天然は唯美しいもの清いものとしてのみ映つた。
春雨にぬれた旅 (新字旧仮名) / 田山花袋田山録弥(著)
「逸見流の矢は、もそっと長え。」藤吉は眼をったまま、「関の六蔵一安三十三間堂射抜の矢、あれだ。いやに太短えもんなあ。」
物馴れた手先ふたりが半七を先に立てて再び両国へむかったのは、短い冬の日ももう暮れかかって、見世物小屋がちょうどねる頃であった。
半七捕物帳:02 石灯籠 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
古書渋海新浮海とも見えたり。此川り、広狭言ひすべからず。冬は一面に氷りてその上に雪つもりたる所平地のごとし。
季和は早く睡ろうと思って無理に眼をって、何も考えないようにして睡ろう睡ろうとしたが、そんなことをするとなおさら睡れない。
蕎麦餅 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
途端に、猿臂がぬッくと出て、腕でむずと鷲掴み、すらりと開けたが片手いこと! ぴっしゃりとると、路地で泣声。
式部小路 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
五つ六つ七八つ続けざまに小腰をめて、どぎまぎ立ち上がる山木を、主人中将は玄関まで送り出して、帰り入る書斎の戸をばはたとしたり。
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
学年試験に及第が出来ぬと、最終の目的物の卒業証書が貰えないから、それで誠に止むことを得ず、眼をって毒を飲む気で辛抱した。
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
し或日庄兵衞は不※道宅家へ參りしは夜の亥刻過なれども同人は留守にて近所の長家は戸を有道宅のは庄兵衞勝手えし事故四邊に人のなきを幸ひと水口の半戸を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
「危篤だって? 誰が?」と蒲団から首だけ出して、眼をぶったまま、眠むそうな声で訊いた。
黒猫十三 (新字新仮名) / 大倉燁子(著)
はじめより小やの入り口を、人々ひそまりてゐたれば、こゝに人ありともおもはざるやうにて、大小の竜燈二ツ三ツ小屋のまへ七八間さきにすゝみきたりしを、かれがひかりにすかしみれば
顔に顔をもたせてゆるくたまいたる眼の睫毛かぞうるばかり、すやすやと寝入りていたまいぬ。
竜潭譚 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
榮子は御飯が熱いからいからいけないと三度程も替へさせてやつと食べにかゝつて居るのである。それは母を見ぬやうに目をいで口をして居るのである。
帰つてから (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
けれどうことなしにるのはあたら一生涯の一部分をたゞでくすやうな氣がして不愉快ずる、場合如何ともがたい、るにかしていた。
湯ヶ原ゆき (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
しばらくして、さいだ眼を開けて見ると、大きな黒い門があった。門の上から太い松が生垣の外まで枝を張っていた。代助は寺の這入り口に休んでいた。
それから (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
それだもんで後白河法皇の長講堂の過去帳にも義王義女仏等のが尊霊と一所に書き入れられたと云うことである。
さてその生平を叩けば言へらく、『わが小字は香玉、平康の巷にあだなる名をぞつらねし。さるからに道士にひかされてこの山中にめ置かれたる、浅まし』
『聊斎志異』より (新字旧仮名) / 蒲原有明(著)
馬春堂は格子の前まで出て来ましたが、急にソワソワとそこらを巡り歩きながら、何か考えていたかと思うと、戸まりもせずに続いて長屋を飛び出しました。
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
今ならば巡査が居るとか人の家に駈込むとか云うこともあるが、如何して/\騒々しい時だから不意に人の家に入られるものでない、て戸を仕舞
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
その金エ引攫って逃げ出す音に目エ覚して、後姿を見れば此の野郎でがんすから、魂消て口い明いたっきり、おッることが出来やしなかった、すると老爺さまがって早く名主どんのおへ付けろ
夜着引きかぶればあり/\と浮ぶおの姿、首さししてをひらけば花漬、ればおもかげ、はどうじゃとれてまた眼をあけば花漬
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
山城、門ヲズルヲ好ムヲ
梅里先生行状記 (新字新仮名) / 吉川英治(著)