印度更紗インドさらさ
「鸚鵡さん、しばらくね……」 と眞紅へ、ほんのりと霞をかけて、新しい火の𤏋と移る、棟瓦が夕舂日を噛んだ状なる瓦斯暖爐の前へ、長椅子を斜に、ト裳を床。上草履の爪前細く嬝娜に腰を掛けた、年若き夫人が、博多の伊達卷した平常着に、お召の紺の雨絣の羽 …
作品に特徴的な語句
あふり 仰向あをむけ 女神をんながみ あかし かう はたき おでこ おほき あゐ ぢやう つゝ さかさま くわつ ひつ なゝ あかり うへ そま 音信おとづ れふ 父親ちゝおや よし 眞向まむ 矢張やつぱ 退すさ 出入ではひ かをり ひとつ 一寸ちよいと はぢ 寂然ひつそり 鮮血からくれなゐ 髑髏しやれかうべ うた 如何いかゞ 日本やまと しよ やはら すゞ しほ いゝえ ちん かふ 可哀あはれ 突立つきた まへ きり こほ 蝋塗らふぬり ことづか 仰向あをむ 百日ひやくにち 引合ひきあ 引被ひつか ちひ 怪異けい わが ひらき いへ 抵抗てむかひ 拔出ぬけで をんな はう おほ しゆ 外面おもて たゞ 水汲みづくみ そゝ 問合とひあ をとこ 呪詛のろひ じつ おなじ 可忌いまはし 町通まちどほり 矢張やつぱり しよう きれ くれなゐ つめた 薄紅うすくれなゐ さかさ ことば とほ とざ 上靴うはぐつ あひだ うゑ かゝと なゝ 出生うまれ なゝめ 召使めしつかひ さる
題名が同じ作品
印度更紗 (新字旧仮名)泉鏡花 (著)