“引”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
56.5%
ひき13.9%
ひっ11.0%
4.9%
ぴき2.6%
ひつ2.4%
ひい1.8%
ひか1.8%
ひけ0.8%
びき0.7%
ひッ0.7%
ひく0.7%
0.7%
いん0.3%
ひん0.3%
ひツ0.1%
0.1%
0.1%
びけ0.1%
ぴい0.1%
0.1%
ヒク0.1%
ヒコ0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
みみずは、いきりいて、ジーイ、ジーイ、といい、かえるは、く、く、コロ、コロ、といって、うたっていました。
春の真昼 (新字新仮名) / 小川未明(著)
ここで按摩が殺す気だろう。構うもんか、勝手にしろ、似たものをつけて、とそう覚悟して按摩さん、背中へってもらったんだ。
歌行灯 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
手だの足だの、くりかえされるんですって。……この石の上でしょうか、草の中でしょうか。私、お湯に入るのもりが悪かった。
河伯令嬢 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
退きなく手術を受けさせる妙案です。私は次男へ電報を打ってやりました。『俺が手術をしてやる。明日立つ』とはうです?」
親鳥子鳥 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
「フーム、面白いな。番頭の言い草は『娘を口説け』と言わぬばかりだ。なんてものは、あまり人様に好かれる稼業じゃないが」
銭形平次捕物控:282 密室 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)
つたる大形裕衣かけ黒繻子やらのまがひぐけがえてはずとれしあたりのさまなり
にごりえ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
渡邊織江が殺されましたのは、子刻少々前で、丁度同じ時刻にの春部梅三郎が若江というお小姓の手をて屋敷を駈落致しました。
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
も爲るるまじと思ひしく心は後へれながら既に奉行所へ來り白洲引居られたり此日伊勢屋三郎兵衞方にては彼旅僧を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
その上小林は斟酌だの遠慮だのを知らない点にかけて、たいていの人にを取らないように、天から生みつけられた男であった。
明暗 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
ゆうべ一しょに泊る小金奉行が病気をしたので、寂しい夜寒を一人でいだのである。には骨の太い、がっしりした行燈がある。
護持院原の敵討 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
透かして見ると、ぴちぴちねるのが尾のようで……とにかく、長くないのだから、安心して、つかまえると
河伯令嬢 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
感歓まりて涙にばれしもあるべし、人を押分くるやうにしてく車を向島までやりしが、長命寺より四五此方にてもならず
隅田の春 (新字旧仮名) / 饗庭篁村(著)
昔東京では提灯けといって、言わば狐鼠々々と取片附けるというような葬いは、夜の引明けに出したものだそうであるが、それ程ではなくともこうした朝早くの葬式は
寺町 (新字新仮名) / 岩本素白(著)
! 赫奕たる明星持主なる、()の巨魁出現して、天公使者りて、をなすものならむか。
蛇くひ (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
か、爺婆るから。……そうだろう。あんな奴は、今におれがたたき殺してやろう、と恐ろしく意気込んで、飛上って、高いの桃の実をもぎって一個くれたんだ。
縁結び (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
それでからもう砂利でもでもあれとへこすりつけて、りも死骸くりかへしたから、五六ふへんで身顫をして突立つた。
高野聖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
と言ひ/\、片手を髪の毛のなかに突つ込んで、なかから兎でも追ひ出すやうに、きまはす。
ちょうど北の方の千島、カムサツカ、北海道の山奥あたりからき上げて来る熊の皮屋から皮を仕入れて、あと月の半ばに東京へ着いたんです……。
冬になってから渋江氏は富田新町の家にることになった。そして知行は当分の内六分を以て給するという達しがあって、実は宿料食料の何の給与もなかった。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
しても言葉が分んねえてエ、食物が違って淋しくってなんねえテ、長く屋敷奉公したから種々な芸事がある、三味イおったり、それに本や錦絵があるから見にお出でなさえ、此の間見たが
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
コレラ一万正直、シカモ、バカ、ウコトサエラヌシキ、キミヲ畏敬シ、キミノ五百枚精進ユルガキ、ハネキテ、兵古帯ズルズルキズリナガラ書店ケツケ
創生記 (新字新仮名) / 太宰治(著)
凡隊中ノ事 一切隊長ノ処分ニ任ス 敢テ或ハ違背スル勿レ 暴乱事ヲリ 謬害ニ至テハ 隊長其死活スルモ亦
海援隊約規 (新字旧仮名) / 坂本竜馬(著)
……処女のすや板戸を ぶらひ、我が立たせれば、づらひ、我が立たせれば 青山に鵺は鳴き、さ野つ鳥雉はとよむ。にはつどりは鳴く。くも鳴くなる鳥か。此鳥も、うち病めこせね。
鶏鳴と神楽と (新字旧仮名) / 折口信夫(著)