細雪ささめゆき03 下巻03 げかん
雪子は二月の紀元節の日に関西へ来てから、三、四、五と、今度は殆ど四箇月も滞留するようなことになって、当人もいつ帰ろうと云う気もなくなったらしく、何となく蘆屋に根が生えてしまった形であったが、六月に入ると間もなく、珍しいことに東京の姉から縁談 …
作品に特徴的な語句
なッ わずろ きろ しょく しょ かわ まぶし うつ みのる とう はずか あたし 其方そちら あた 洋傘ようがさ びた 執拗ひつこ ようよ かえ 請合うけお 縁端えんはな 雲母きら ほぐ はず ひそ 初心おぼこ とう 隧道すいどう あん おく 居合いあわ いど 退さが あや とも つかまつり こじ 蹲踞うずく ぎら こう 思召ぼしめし まつ こが よね くすぶ ぐろ かご おとしい 刺繍ぬい 点頭てんとう 彼処あそこ あた 中姉なかあね 鹿しし はあ 先達せんだって 彼方あっち つく せん つい 洒落しゃ 如何いかが うしろ あて 天津テンシン はた におい かか 喧嘩げんか 放下ほか さく まわ がわ つう ことわ さだ 大凡おおよ
題名が同じ作品
細雪:01 上巻 (新字新仮名)谷崎潤一郎 (著)
細雪:02 中巻 (新字新仮名)谷崎潤一郎 (著)