細雪ささめゆき01 上巻01 じょうかん
「こいさん、頼むわ。———」 鏡の中で、廊下からうしろへ這入って来た妙子を見ると、自分で襟を塗りかけていた刷毛を渡して、其方は見ずに、眼の前に映っている長襦袢姿の、抜き衣紋の顔を他人の顔のように見据えながら、 「雪子ちゃん下で何してる」 と …
作品に特徴的な語句
姉妹おとどい いろ 執拗ひつこ とう 此方このかた あたし ようよ じじ 爺々じじいじじい ぼん 其方そちら しぼ ひら 小娘こいと かえ ひつじ あおぐろ おく あせ 蹲踞うずく 彼方あっち つつみ うら はい はず なつか じり 孰方いずれ かたじけ 含羞はにかみ おく はあ しな かか 喧嘩げんか おとしい はた いた すす 皇后こうごう そろい 大凡おおよ 如何いかが 先達せんだって 此方こっち 頭髪あたま さだ あた まつ におい はず あなが 小姑こじゅうとめ 一時ひととき あるい まわ 何卒どうか 彼処あそこ 茶碗ぢゃわん はじ くすぶ あが 年歯としは おだ 菖蒲しょうぶ 団欒まどい かな くしゃみ 彼処あすこ 彼方あちら かつ うな むね いや たが 普請ぶしん ふる へん
題名が同じ作品
細雪:02 中巻 (新字新仮名)谷崎潤一郎 (著)