“懐”のいろいろな読み方と例文
旧字:
読み方割合
ふところ39.1%
なつ17.2%
いだ15.4%
なつか14.1%
おも5.6%
ふとこ3.2%
なず0.8%
なつかし0.7%
0.6%
おもい0.4%
ゆか0.4%
なつこ0.3%
おもひ0.2%
した0.2%
0.2%
フトコロ0.2%
ほところ0.1%
いと0.1%
かい0.1%
くつ0.1%
なじ0.1%
なづ0.1%
ぽっぽ0.1%
むね0.1%
オム0.1%
クハイ0.1%
ナツコ0.1%
0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
すると奥さんはからを出して、それを千枝ちやんに渡しながら「この子はかうやつて置きさへすれば、決して退屈しないんです」
東京小品 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
そのとき、露子は、いうにいわれぬかしい、じがしまして、このいいのするオルガンはってきたのかといました。
赤い船 (新字新仮名) / 小川未明(著)
聴覚機関の故障を発見した翌日は出勤前に寄ったと見えて、晩に報告があった。初老に興味をいている僕は無論聞き落さなかった。
親鳥子鳥 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
「電車なんぞ、いやで御在ます。でも、たまに参りますと何ですか、いやだいやだとは思ひながらやつぱりしい気がいたします。」
来訪者 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
両管領との大戦争に里見方は石浜、五十子忍岡、大塚の四城を落しているが、その地理的位置が江戸城をわせるようなのはない。
八犬伝談余 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)
そこへ北山も子供も風呂から上がって来た。葉子は紅茶に水菓子なぞ取り、ろに金もあるので、がらりと世界が変わったように見えた。
仮装人物 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
皆敬い、いていたが、日もたず目を煩って久しくえないので、英書をし、数字を書くことが出来なくなったので、弟子は皆断った。
黒百合 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
余計に私なんざくって、(ちゃんお遊びな)が言えないから、合図の石をかちかち叩いては、その家の前を通ったもんでした。
草迷宮 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
此様女の人は、多勢の中ですもの、幾人もあったでしょうが、其さんをいて御居での方が、妙に私の心を動かしたのでした。
昇降場 (新字新仮名) / 広津柳浪(著)
彼らの江戸獄中にあるや、ただ法廷において相ゆるを得るのみ。れどもその唱和の詩を読めば、人をしてに禁ぜざらしむるものあり。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
そして何ともいえないしさを感じて、『ここだ、おれの生まれたのはここだ、おれの死ぬのもここだ、ああうれしいうれしい、安心した』
河霧 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
冬枯の畑の起伏も面白く、林には冬の小鳥が人そうに鳴いて、江戸の町の真中から来ると、命も伸びそうです。
こたびとてもまた同き繰言なるべきを、何の未練有りて、に目をし、けんやと、気強くも右より左に掻遣りけるなり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
老母をわすれ、妻子をわぬにてはなけれど、武士のぎりに命をすつる道、ぜひに及ばぬところと合点して、深くなげき給うべからず。
教会が一層つかしくて——彼人の影が見えると嬉しく、如何かして御来会なさらぬ時には、非常な寂寞を感じましてネ、私始めは何のこととも気がなかつたのですが、或夜
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
正成は、さの余り、知れきッている立場なのに、そう反問した。——窮鳥ニ入レバ猟師モ撃タズ——そんな古い言葉も、今の彼には切実だった。
私本太平記:03 みなかみ帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
から出して見せて、「そら、この通り書いたあるやろ、——下名ハ下名ノ妻ガ妻タル者ノ行為ニルコトナキヨウ——」
(新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
「悪徒の友なるしきは狼の歩みかに共犯人の如く進み来りぬ。いと広き寝屋の如くに、空さるれば心焦立つ人は野獣の如くにぞなる……」
夜あるき (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
しかし善直と京水とが同人ではあるまいか、京水が玄俊の子でなくて、初代瑞仙の子ではあるまいかというが、今にるまでいまだ全くわたくしのを去らない。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
郊外がドシドシされて、人家や製造場などが建つことである、建つのは構わぬが、ユトリだとか、ろぎだとかいう気分が、くなって、堪まらないほど窮屈になる、たとえやにこくても
菜の花 (新字新仮名) / 小島烏水(著)
おうそれ/\彼のプラトが大変に能くんで居る人よプラトが己に噛附うとした時内儀が云た
血の文字 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
急に向うから私にいてくるように、その少女たちも、その名前を私が知りさえすれば、向うから進んで、私に近づいて来たがりでもするかのように。
麦藁帽子 (新字新仮名) / 堀辰雄(著)
「オホオホオホほんとにサ、仲々小悪戯をしたもんだけれども、このはズーばかり大くッても一向しきなおだもんだから、それで何時まで経ッても世話ばッかり焼けてなりゃアしないんだヨ」
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
坐相撲、体操、音楽の、取締との議論、賄方征討の義挙から、試験の模様、落第の分疏に至るまで、そ偶然にに浮んだ事は、月足らずの水子思想
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
析鈴の五十鈴のすゞの 鈴屋の大人の命の……学子の兄とさしたる 春べ咲く 藤垣内の本居の其翁(大平)しも、がしみ、称へましけるそこをしも、あやに尊み、そこをしもあやにゆかしみ
橘曙覧評伝 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
長サ六寸発込剣よりハちいさけれども、人おうつに五十間位へたゞりてハ打殺すことでき申候。其つれが今手もとにこれあり候得ども、さしあげ不申候。
再元に立ち直る人い、甘美な情趣を動したものだが、此が昔のどうま声のなごりかと思へば、懐しさを感じさせられたものであつた。
市村羽左衛門論 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
彼の久しくんでゐた、溌剌たる処女の誕生であつた。