“懐”のいろいろな読み方と例文
旧字:
読み方割合
ふところ39.1%
なつ17.2%
いだ15.3%
なつか14.2%
おも5.8%
ふとこ3.2%
なず0.8%
なつかし0.6%
0.6%
おもい0.5%
なつこ0.3%
ゆか0.3%
おもひ0.2%
した0.2%
0.2%
フトコロ0.2%
ほところ0.1%
いと0.1%
かい0.1%
くつ0.1%
なづ0.1%
ぽっぽ0.1%
むね0.1%
オム0.1%
クハイ0.1%
ナツコ0.1%
0.1%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
手入は植木屋にやらせればいいのだし、費用だって先生のふところを脅かすほどの事はないし、又必要なら何百金でも平気で投出される人だったのだ。
解説 趣味を通じての先生 (新字新仮名) / 額田六福(著)
或日万作潮来へ網糸買いに往って、おそく帰って来たが、「それ土産だ」とふところから取出したのを見ると、当歳とうさいの美しい女の子だ。
漁師の娘 (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
其時余は始めて離別した第一の細君を後からなつかしく思う如く、一旦いったん見棄みすてたペリカンに未練の残っている事を発見したのである。
余と万年筆 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
お銀がよくつれて来て、菓子をくれたり御飯を食べさしたりしてなつけていた四ツばかりの可愛い男の子も、しばらく見ぬまに大分大きくなっていた。
(新字新仮名) / 徳田秋声(著)
夜が明けたばかりの寂しい街路を、周平は電車にも乗らず、何物にも眼を止めず、怪しく乱れながら落着いてる気持をいだいて、真直に下宿へ帰った。
反抗 (新字新仮名) / 豊島与志雄(著)
その足で浴室に行って、綺麗な湯を快く浴びては来たが、この旅行をあえてした自分に対して、純一はすこぶる不満足な感じをいだいている。
青年 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
無人境むにんきょうに聞く口笛——それはなつかしくなければならない筈のものだったけれど、なぜか青年の心をおびやかすばかりに役立った。
恐怖の口笛 (新字新仮名) / 海野十三(著)
主人はほんとうになつかしいように、うむうむとうなずきながら胡弓に耳を傾けていたが、時々苦しそうなせきが続いて、胡弓の声の邪魔をした。
最後の胡弓弾き (新字新仮名) / 新美南吉(著)
彼はこういう表情をして、勿来なこその古関の上に、往を感じ、来をおもうて、いわゆる彽徊顧望ていかいこぼうの念に堪えやらぬもののようです。
大菩薩峠:31 勿来の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
いかなる賢母も賢婦人も、私などの見たところでは、ただ子をおもい我家を思って、一般人生に対する愛情がまだよほど足りないように感じられる。
木綿以前の事 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
そこへ北山も子供も風呂ふろから上がって来た。葉子は紅茶に水菓子なぞ取り、ふところに金もあるので、がらりと世界が変わったように見えた。
仮装人物 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
読み終ると、中に巻き込んだもう一通、それはふところ紙に矢立の筆を走らせた男文字で、見る見る幸吉の顔色は変りました。ハラハラと老の頬に流るる涙——。
天保の飛行術 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)
この際英領インド政府がうまい方略を執って、チベット人を充分なずけるようにしたならば、あるいは今日チベットは鎖国の運命を見なかったかも知れぬ。
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)
なずいていたが、日もたず目を煩って久しくえないので、英書をけみし、数字を書くことが出来なくなったので
黒百合 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
余計に私なんざなつかしくって、(あやちゃんお遊びな)が言えないから、合図の石をかちかち叩いては、その家の前を通ったもんでした。
草迷宮 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
今日まで懕々ぶらぶら致候いたしさふらふて、唯々なつかし御方おんかたの事のみ思続おもひつづさふらふては、みづからのはかなき儚き身の上をなげ
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
此様こんな女の人は、多勢の中ですもの、幾人もあったでしょうが、其あかさんをいて御居での方が、妙に私の心を動かしたのでした。
昇降場 (新字新仮名) / 広津柳浪(著)
我々があらゆる感情、例えば怒り、憎しみ、または愛にもせよ、すべての感激、冒険といったようなものは、人生及び自然から生起してくる刺戟である。
囚われたる現文壇 (新字新仮名) / 小川未明(著)
魂飛び心浮かれてあとになりさきになりしていて往くと、女の方から声をかけたので、じぶんの家へれて来て和歌をみあっておもいを述べ
牡丹灯籠 牡丹灯記 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
彼の刑に就かんがために江都こうと檻送かんそうせらるるや、彼自からおもいして曰く
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
と、人なつこい声で云いました。其の声が濁りのある山田先生とちがっているので、其の顔を見ると、顔ははっきりとしませんが、白い顔で、薄い口髯がありました。
薬指の曲り (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
冬枯の畑の起伏も面白く、林には冬の小鳥が人なつこそうに鳴いて、江戸の町の真中から来ると、命も伸びそうです。ここで有徳うとくの町人の倅が殺されたというのは平次の鑑定も嘘のような気がしてなりません。
そして何ともいえないゆかしさを感じて、『ここだ、おれの生まれたのはここだ、おれの死ぬのもここだ、ああうれしいうれしい、安心した』という心持ちが心の底からわいて来て、何となく、今までの長い間の辛苦艱難かんなんが皮のむけたように自分を離れた心地がした。
河霧 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
「世界に政治家は多い。そうして彼らは世の認めてもって尊貴となし名誉となすところのものを得、富もまた彼らの上に積まれつつある。しかしながら、多くの人々が自分の居間に独座する時、ひそかに彼の利益のために祈り、自分ら自身さえ充分に享受していない幸福をば、ただ彼が身にあれかしとのみ念じつつあるがごとき、隠れたるゆかしき同情者を有すること、ロイド・ジョージのごとく多きものはいまだかつてない」と言わるるに至りしも
貧乏物語 (新字新仮名) / 河上肇(著)
殿はこの失望の極放肆ほうし遊惰のうちいささおもひり、一具の写真機に千金をなげうちて、これに嬉戯すること少児しようにの如く
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
珍らしからぬ冬野のさま、取り出でゝ云ふべくはあらねども、折からの我がおもひに合ふところあり。
二日物語 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
老母をわすれ、妻子をしたわぬにてはなけれど、武士のぎりに命をすつる道、ぜひに及ばぬところと合点して、深くなげき給うべからず。
桃の花片そこに散る、貝に真珠の心があって、ひいなしたう風情かな。
日本橋 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
教会が一層つかしくて——彼人あのかたの影が見えるとたゞ嬉しく、如何どうかして御来会おいでなさらぬ時には、非常な寂寞せきばくを感じましてネ、私始めは何のこととも気がつかなかつたのですが、或夜
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
と、明は優しく、人つこい。
草迷宮 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
正成は、つらさの余り、知れきッている立場なのに、そう反問した。——窮鳥キユウテウフトコロニ入レバ猟師モ撃タズ——そんな古い言葉も、今の彼には切実だった。
私本太平記:03 みなかみ帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
母が呼んだ。父は直ぐその方に行つた。私は父に隠れて喫つてゐた煙草がフトコロにあつたので、それが御飯の時若しか転んで出でもすると不可ないと思つてそれを書斎に持つて行つて本棚の後に投げて置いた。
その頃の生活 (新字旧仮名) / 中原中也(著)
あわてて捜して見なさって、「来てた、来てた、ええ塩梅あんばいにまだ誰アれも見えへなんでん」いいなさって、その新聞ほところに入れて
(新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
そないいうて綿貫は、「僕と姉ちゃんと証文換えことしてたこと、あんたかて薄々知ってたやろが、もうあんなもん反古ほうぐになったさかい、証拠のために今橋い預けて来た。ここに預り証書ある」いうて、ほところから出して見せて
(新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
「悪徒の友なるいとしきは狼の歩みしづかかに共犯人かたうどの如く進み来りぬ。いと広き寝屋ねやの如くに、空おもむろとざさるれば心焦立いらだつ人はたちまち野獣の如くにぞなる……」と。
夜あるき (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
しかし善直と京水とが同人ではあるまいか、京水が玄俊の子でなくて、初代瑞仙の子ではあるまいかといううたがいが、今にいたるまでいまだ全くわたくしのかいを去らない。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
市街に住まっているものの不平は、郊外がドシドシつぶされて、人家や製造場などが建つことである、建つのは構わぬが、ユトリだとか、くつろぎだとかいう気分が、くなって、堪まらないほど窮屈になる、たとえやにこくても
菜の花 (新字新仮名) / 小島烏水(著)
今まで私によそよそしかった野生の花が、その名前を私が知っただけで、急に向うから私になづいてくるように、その少女たちも、その名前を私が知りさえすれば、向うから進んで、私に近づいて来たがりでもするかのように。
麦藁帽子 (新字新仮名) / 堀辰雄(著)
「オホオホオホほんとにサ、仲々小悪戯こいたずらをしたもんだけれども、このはズーたいばかり大くッても一向しきなおぽっぽだもんだから、それで何時まで経ッても世話ばッかり焼けてなりゃアしないんだヨ」
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
およそ偶然にむねに浮んだ事は、月足らずの水子みずこ思想、まだ完成まとまっていなかろうがどうだろうがそんな事に頓着とんじゃくはない
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
析鈴サクスヾの五十鈴のすゞの 鈴屋の大人の命の……学子マナビコの兄とさしたる 春べ咲く 藤垣内フヂノカキツの本居の其翁(大平)しも、オムがしみ、称へましけるそこをしも、あやに尊み、そこをしもあやにゆかしみ、まな柱 学びの父と
橘曙覧評伝 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
長サ六寸(ばかり)発込ハツコミクハイ剣よりハちいさけれども、人おうつに五十間位へた(ママ)ゞりてハ打殺すことでき申候。
鍛錬せられた晩年のせりふの間にも残つて居た一抹の影、稍うら枯れたやうな鼻にかゝる音色が、あくせんとにかゝる点に顕れて、ふと声調の調和を破らうとして、再元に立ち直る人ナツコい、甘美な情趣を動したものだが、此が昔のどうま声のなごりかと思へば、懐しさを感じさせられたものであつた。
市村羽左衛門論 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
彼の久しくハラんでゐた、溌剌たる処女の誕生であつた。