親鳥子鳥おやどりことり
お父さんが社から帰って来て、一同晩餐の食卓を囲む時、その日起った特別の事件が話題に上る。 「今日は里の母が見えて、私、上等の浴衣地を戴きましたよ」 なぞというのはお母さんの書き入れ事件である。それに対してお父さんは、 「ふうむ、それは宜かっ …
作品に特徴的な語句
ふたた いか くゆら いか なご 動作モーション かんば でか うるわ なあに なんに 形態なりふり かん ひど くゆら たった 機会きっかけ かわ たか いた 種々いろん たけし 流行ばやり けたたま まま わき ぽう 全然まるきり もつ こころ ことな くら くつ 同胞どうほう フレーズ なだ ほん なり 彼方あっち おく 従兄じゅうけい たくましゅ いで はた はた いだ いま かたま はず 如何いかが 周囲あたり くるし いやし 幾何きか 廃止はいし きび いじ こう ぜん こまか 退引のっぴ あやし くわ 突如だしぬけ ぞく ひと 長所ちょうしょ 日当にっとう 相応そうおう 此方こっち がね さる 白痴はくち よんどこ さいわい おだ きま あし まか あらた