“夫”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
それ27.4%
24.0%
おっと14.6%
つま8.9%
をつと7.1%
2.7%
1.6%
1.4%
うち1.1%
おつと0.9%
やど0.9%
ツマ0.9%
0.7%
せな0.5%
そり0.5%
ひと0.5%
をっと0.5%
づま0.5%
0.5%
ヅマ0.5%
たく0.2%
とゝま0.2%
ひこぢ0.2%
オド0.2%
かの0.2%
ソレ0.2%
ハスバンド0.2%
0.2%
0.2%
おやじ0.2%
おやぢ0.2%
かな0.2%
0.2%
せこ0.2%
それに0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
わたし0.2%
0.2%
ハズバンド0.2%
ヒコヂ0.2%
マリ0.2%
ヲヒト0.2%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
煤煙ばいえん」が朝日新聞に出て有名になつてからのち間もなくの話であるが、著者はそれを単行本として再び世間に公けにする計画をした。
『煤煙』の序 (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
それから徐々そろ/\京都きやうとまゐ支度したくをしてりますうちに、新聞で見ましても、人のうはさを聞きましても
牛車 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
朝日あさひして夕日ゆふひ仕舞しま手當てあてこと/″\しく、一ないこれにかゝりてれはなにぞとふに
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
さて、れが實際問題じつさいもんだいになると、土地とち状態じやうたい風土ふうど關係くわんけい住者ぢうしや身分みぶん
建築の本義 (旧字旧仮名) / 伊東忠太(著)
たね子はおっとの先輩に当るある実業家の令嬢の結婚披露式ひろうしきの通知を貰った時、ちょうど勤め先へ出かかった夫にこう熱心に話しかけた。
たね子の憂鬱 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
同じようなおっとの墓を思いながら、あちこちと春草のえだした中からタンポポやスミレをつんでそなえると、二人はだまって墓地を出た。
二十四の瞳 (新字新仮名) / 壺井栄(著)
親は子を求め、子は親を呼び、女は悲鳴をあげてつまを追い、夫は狂奔して一家をさがし廻るなどと、その声は野に満ち、天をおおうばかりである。
三国志:07 赤壁の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
カピ妻 なに、チッバルト! おゝ、わしのをひの、おとうとの! おゝ、御領主とのさま! おゝ、をひよ! わがつま! おゝ
醫學的いがくてき考察かうさつすれば、をつと年齡ねんれいわかさによる生理的現象せいりてきげんしようであり、またこれを
打槌うつつちはづれさふらふても、天眼鏡てんがんきやう淨玻璃じやうはりなり、ぢよをつとありて、のちならでは
妙齢 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
紅塵万丈こうじんばんじょうの中この一小閑地を残して荒涼たる山間の趣を留む、錙銖ししゅを争ふ文明開化なる者に疑ひなき能はざるなり。
四百年後の東京 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
彼は吾人を以ての宗教家若しくは詩人、哲学者が世界的ウヲルドリイと呼べるところの事業に渉らずんば無益の文章なりと曰ひたるが如く言へり。
明治文学史 (新字旧仮名) / 山路愛山(著)
信濃路しなぬぢいま墾道はりみち刈株かりばねあしましむなくつ 〔巻十四・三三九九〕 東歌
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
誰ぞ。このの戸おそふる。新嘗忌ニフナミに、わがを遣りて、いわふ此戸を
最古日本の女性生活の根柢 (新字新仮名) / 折口信夫(著)
そや。このオソぶる。新嘗ニフナミに、我がりて、イハふ此戸を(万葉集巻十四)
古代生活に見えた恋愛 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
万葉集巻十四の二首の東歌「にほとりの葛飾早稲をにへすとも、そのカナしきを、に立てめやも」「そや。此屋の戸オソぶる。にふなみに、我がをやりてイハふ此戸を」。
まれびとの歴史 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
「新さん、短氣を起しちやいけないよ、又そのうちに良い話があるかも知れない。——私ぢや大した力にもならないが、うちの罪亡ぼしもあることだから、出來るだけの事はして上げ度い」
本當に嬉しいね、雪が融けてサ、鯡を日當りの屋根に干す頃になると、田圃の仕事が忙しくなつて、うちと晝間まで田をこねまはして、そから田の畔へあがつてサ、御飯も食べるし、酒も藥鑵に仕込んだのを二人で仲よく飮むんだよ。
地方主義篇:(散文詩) (旧字旧仮名) / 福士幸次郎(著)
おやあるひはおつと山に入りそりを引てかへるに、遠く輴哥そりうたをきゝて親夫おやをつとのかへるをしり、そりあふ処までむかへにいで
三千代みちよ先刻さつきからだまつてすはつてゐたが、おつとから不意に相談を受けた時、にこりと笑つて、代助を見た。
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
「あれは貴下あなた、何ですわ、つい近い頃、やどが拾って来て、あすこへ飾ったんですがね。その何ですよ、もとあった処は沼なんですって。」
沼夫人 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
昨日も一度押かけて行つたが、亭主が留守といふので駄目、先刻さつきまた行つて、矢張亭主は居ないと云つたが、嬶の奴頻りに其を弁解してから、何れ又やどがお目にかゝつて詳しく申上げるでせうけれどもと云つて
病院の窓 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
二人でその同性が、一人の異性を獲ようとして争ふと言つたことの外に、ツマツマとが争闘することも、「つまあらそひ」と言ふ語に這入る。
日本文学の発生 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
「一夜夫」と解するのは考・古義の説で、「妻はかり字、ツマ也。初て一夜逢し也」(考)とあるが、これは遠く和歌童蒙抄わかどうもうしょうの説までさかのぼり得る。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
彼の死人を持て男家に入れにければ、門にありつる放免も見えざりけり。これを思ふに、実の放免のに取りけるや、亦観音の変じ給ひけるにや。
放免考 (新字新仮名) / 喜田貞吉(著)
「もののの心の駒は忠の鞭……忠の鞭……孝の手綱ぞ……行くも帰るも……」
名君忠之 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
どほくの野にも逢はなむ心なく里の真中みなかに逢へるせなかも (同・三四六三)
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
船とむる遠方人をちかたびとのなくばこそ明日帰りこんせなとまち見め
源氏物語:19 薄雲 (新字新仮名) / 紫式部(著)
「大変理責りぜめなのね。そりや旦那の不親切の度合どあひにもるでせう」
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
思ッた様に行きませんワ、何うしても谷間田は経験が詰んで居るだけ違います今其意見の大略あらましを聞てほと/\感心しました(荻)そりゃなア何うしても永年此道で苦労して居るから一寸ちょっと感心させる様な事を言うテけれども夫に感心してはいけ
無惨 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
「どうも私はこの間からをかしいわいと思つてゐたのですが、どうも様子がね、内のひとがあの別品さんに係合かかりあひを付けてゐやしないかと思ふの——どうもそれに違無いの!」
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
「私は、もらうものさえ貰えばいんですからね。どうせ、このひととは気が合わないんだから、このひとはこのひとで、勝手なことをなさるがいいんです。あなたとは、気があっているそうだから結構でさあね。」
遠藤(岩野)清子 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
ヂュリ おゝ!……おゝ、乳母うばや! 如何どうしたらよいであらうぞ? をっと地上ちじゃう誓約ちかひ天上てんじゃう
階下したでは、をっとの繁吉が絵を描き初めたのであらう、しきりに椅子や画架を動かす音がする。
秋は淋しい (新字旧仮名) / 素木しづ(著)
其は其として、昔から家の娘を守つた村々は、段々えたいの知れぬ村の風に感染かまけて、忍びづまの手に任せ傍題はうだいにしようとしてゐる。
死者の書:――初稿版―― (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
原文には、「一夜妻」とあるから、男の歌で女に向って「一夜妻」といったようにも取れるが、全体が男を宿めた女の歌という趣にする方がもっと適切だから、そうすれば、「一夜づま」ということになる。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
せんかならず一人を斬り、一気かならず一を割る、手練しゅれんの腕は、超人的ちょうじんてきなものだった。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
諭吉ゆきちは一をしゅちょうし、もちろん、自分じぶんでもそれを実行じっこうしました。
其は其として、昔から家の娘を守つた邑々も、段々えたいの知れぬ村の風に感染カマけて、忍びヅマの手に任せ傍題ハウダイにしようとしてゐる。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫釈迢空(著)
其は其として、昔から家の娘を守つた邑々も、段々えたいの知れぬ村の風に感染カマけて、忍びヅマの手に任せ傍題ハウダイにしようとしてゐる。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫(著)
あの人間を知っているたくは、出さねばどんな事をされるか解らない、と云って金の調達は早々はやばやに出来ず、つい思案に余ってあの通り自殺致しました。
水晶の栓 (新字新仮名) / モーリス・ルブラン(著)
驚いて、たくわたくしとでとりあえず御介抱したのですが、……二週間も安静にすれば気も落ち付きましょうが……でも、お子さんが見附からないと、やはりね……
水晶の栓 (新字新仮名) / モーリス・ルブラン(著)
又是は何者か顔を揚げいとたぶさを取って引起すとし……此処こゝうちとゝまの七兵衞さんの死骸が出たのじゃが
敵討札所の霊験 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
藤屋のとゝま死骸しげえが出たと思いなさませ、さアこれはうさんな寺である、賭博どころではない、床下よかしたから死骸しげえが出る所を見ると、屹度けっと調べをなければ成らぬと
敵討札所の霊験 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
ここにその孃子、常に種種のためものを設けて、恆にそのひこぢに食はしめき。
この時、そのひこぢ速總別の王の來れる時に、そのみめ女鳥の王の歌ひたまひしく、
十年も後家立デデ、彼方アヂ阿母オガだの此方コヂ阿母オガだのガラ姦男マオドコしたの、オドゴトたド抗議ボコまれデ、年ガラ年中きもガヘデだエ何なるバ。
地方主義篇:(散文詩) (旧字旧仮名) / 福士幸次郎(著)
十年も死んだオドサ義理立デデ、この上なに辛口カラグヂきガれるゴドアあるベナせ。
地方主義篇:(散文詩) (旧字旧仮名) / 福士幸次郎(著)
子曰く、是の故にかの佞者くちさときものを悪む。
孔子 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
子曰く、かの人の子をそこなわん。
孔子 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
べつなのを讀みませう。ソレ女人ニヨニンハ、五障ゴシヤウ三從サムシヨウトテ、オトコニマサリテカカルフカキツミノアルナリ、コノユヘニ一切イチサイ女人ニヨニンヲバ、——馬鹿らしい。
陰火 (旧字旧仮名) / 太宰治(著)
おふみさまです。ソレ人間ニンゲン浮生フジヤウナルサウヲツラツラクワンズルニ、オホヨソハカナキモノハ、コノチユウジユウマボロシノゴトクナル一期イチゴナリ、——てれくさくて讀まれるものか。
陰火 (旧字旧仮名) / 太宰治(著)
美禰子に愛せられるという事実そのものが、彼女かのおんなハスバンドたる唯一ゆいいつの資格のような気がしていた。
三四郎 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
「そういうこともある。しかしよくわかったとして、君、あの女のハスバンドになれるか」
三四郎 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
で、恋なればこそごとなき身を屈して平生ひごろの恩顧を思ふての美くしき姫を麿に周旋とりもちせいと荒尾先生に仰せられた。
犬物語 (新字旧仮名) / 内田魯庵(著)
ごらんの通りな山家やまがのこと、何もおかまいはできませぬが、雪の夜の馳走には、しずから富者貴顕にいたるまで、火にまさる馳走はないかとぞんじまして、このように、焚火たきびの支度だけは沢山にしておきました。
宮本武蔵:05 風の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
死んでもわざをし遂げれば汝がおやじは生きて居るわい、二寸三寸の手斧傷ちょうなきずて居られるか居られぬか、破傷風がおそろしいか仕事のできぬが怖ろしいか
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
仕事が雨垂拍子になつて出来べきものも仕損ふ道理、万が一にも仕損じてはお上人様源太親方に十兵衞の顔が向られうか、これ、生きても塔ができねばな、此十兵衞は死んだ同然、死んでも業を仕遂げればうぬおやぢは生て居るはい
五重塔 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
「よし、行こう。漢陽に行こう。連れて行ってくれ。逝者ゆくものかくの如きかな、昼夜をてず。」てれ隠しに、はなはだ唐突な詩句をしょうして、あははは、と自らをあざけった。
竹青 (新字新仮名) / 太宰治(著)
彼等の心の底には、「戦争に全勝せよ、れど我等は益々くるしまん」との微風の如き私語さゝやきを聴く、去れば九州炭山坑夫が昨秋来増賃請求の同盟沙汰伝はりてより、同一の境遇に同一の利害を感ずる各種の労働者協同して
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
わがせこむと われぞ たをりし
歌の話 (旧字旧仮名) / 折口信夫(著)
それに日本の畳たるや八八はっぱ六十四の目盛がある。六十四卦に象ったものだ。で、人間の吉凶禍福は、畳にありと云ってもよい。次に建築法から云う時は、忌む可きことが数々ある。神木を棟に使ってはならない。又逆木を使ってはならない。そうだ特に大黒柱にはな。運命が逆転するからよ。さて次には不祥事だ。
天主閣の音 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
探索の結果被害者は×××大学に在学中の支那留学生黄燕逸こうえんいつ(二十七歳)と知れ、直ちにれ知己友人に被害の事情を知らせたるが、該被害者は支那に於ても有数の富豪の子息にて、平常金使い荒きよしなれば、物り強盗の所為しょいなるやも知れず……
広東葱 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
追立おいたというのは、誰彼なしにみちをあるいている者をつかまえて、夫役ぶやくに使ったことをいうかと思われる。
木綿以前の事 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
堀内家のあと目をつがせ、お麗にあわすに足る若者は、江戸の人間や都会の風に染まった在番にはないといって、剛健をもって誇る国許の熊本から選んだのである。
べんがら炬燵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
わたしと手を携へて怖る/\訪れた赤坂辺のダンスホールを訪れたところが、そこで、案外にも平気で踊ることが出来たので、自信を得てしまつて
川蒸気は昔のまゝ (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
「孫子イワク、レ兵ヲ用ル之法国ヲ全クスルヲ上トシ、国ヲ破ル是ニ次グ、軍ヲ全クスルヲ上ト、軍ヲ破ル是ニ次グ、旅ヲ全クスルヲ上ト為、旅ヲ破ル是ニ次グ、卒ヲ全クスルヲ上ト為、卒ヲ破ル是ニ次グ、伍ヲ全クスルヲ上ト為、伍ヲ破ル是ニ次グ」
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
カレそのヒコヂ答え給いける歌曰云々
比較神話学 (新字新仮名) / 高木敏雄(著)
歌姫は飛び上って、跣足のままで駈け出した。そして自分のマリが寝室にしている応接間へ飛びこんだ。夫はちょうど着物を脱いで、それを椅子の上に丁寧に畳みかけているところだった。
マリ・デル (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)
ヒ→ウ(「オトヒト」がオトウト、「ヲヒト」がヲウト、「喚ばひて」がヨバウテ、「酔ひて」がヱウテなど)ク→ウ(「格子カクシ」がカウシ、「口惜しく」がクチヲシウなど)はこれについで古く
国語音韻の変遷 (新字新仮名) / 橋本進吉(著)