“かな”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:カナ
語句割合
20.2%
16.4%
13.8%
11.4%
9.1%
6.0%
4.2%
2.8%
可成2.2%
仮名2.1%
1.7%
1.7%
1.4%
1.2%
0.8%
0.6%
假名0.6%
0.5%
0.4%
0.4%
仮字0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
加奈0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
可悲0.1%
可愛0.1%
可憐0.1%
0.1%
0.1%
愛悲0.1%
0.1%
賀名0.1%
0.1%
鹿鳴0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
御身の位地として相当の準備なくてははず、第一病婦の始末だに、きがたき今日の場合、如何ともせんやうなきを察し給へ。
母となる (新字旧仮名) / 福田英子(著)
って、あたりを見𢌞した袖子がなしにしいいにたれた。そのしみはれをげてしみであった。
伸び支度 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
「とてもく仕切るので、素人の商売人にはわないよ。復一、お前は鼎造に気に入っているのだから、代りにたんまりふんだくれ」
金魚撩乱 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
これ必ずしも意外ならず、くも吾が宮の如く美きを、目あり心あるもののかは恋ひざらん。り怪しとも怪きは隆三のなる
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
さてまたわれらの情は、たゞ聖靈のふものにのみさるゝが故に、その立つる秩序によりてへらるゝことを悦ぶ 五二—五四
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
ての悩みも悲しみも、苦しみもえも、胸に秘めて、ただ鬱々と一人しきもの思いに沈むというような可憐な表情を持つ花です。
季節の植物帳 (新字新仮名) / 佐左木俊郎(著)
琴台の上に乗せてあるのは、二焼桐八雲琴、心しずかにでている。そして、ふとの手をやめ、蛾次郎のほうをふりかえった。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
けれども、まだ初心のこととて、自分の腕にいそうなものでなければ手が附きません。そこで思い附いて彫り出したのが鼠であった。
何とつても探偵小説でその構想の卓拔、トリツクの妙味、筋の複雜、心理解剖の巧さ、文章の流麗、それに可成りな藝術味を加へて
探偵小説の魅力 (旧字旧仮名) / 南部修太郎(著)
とその○□△を楽書の余白へ、鉛筆を真直に取ってすらすらと春の水のくさまに走らした仮名は、かくれもなく、散策子に読得られた。
春昼後刻 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
水仙と寒菊の影、現なくらふ観れば現なし、しかりけり。近々と啼き翔る鵯、遠々とひびく浪の。誰か世を常なしと云ふ、久しともしともへ。
も、加州金石から——蓮如上人縁起のうち、おどしの道場吉崎小女郎三國つて、百噸以下汽船はあつた。
麻を刈る (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
とにもかくにも今一目見ずば動かじと始にひ、それははずなりてより、せめて一筆便聞かずばと更に念ひしに、事は心とひて
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
歌声につれて、鼠は嚢中より出で来り、仮面を蒙り、衣装を着けて舞台に登場し、立ちて舞へり。男女悲歓のさま悉く劇中の関目にへりといふ。
『聊斎志異』より (新字旧仮名) / 蒲原有明(著)
にもいろいろ世話になりました……。』でそうったでしたが、それはらずにもじたことであろうとえられます。
カフエーなどを歩き廻つたりすることがはぬのが、結局母親と自分の間を険悪にしてゐるのは承知してゐるものの
裸虫抄 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
うて筋違から二軒目さなが一のしなやかにれた葉隱れに、一間口腰障子があつて、一には假名、一には眞名豆腐いてある。
三尺角 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
古代相承していわく、これ大天(ヒンズー教のシワ大神)の部属で、性三宝を愛し、五衆を護持し、損耗なからしむ。求むる者情にう。
「こんど来る時には、メンデルスゾンのものを買つて来てね、いつそしい方が慰めだわ、新しい、騒々しいのは厭……」
繰舟で往く家 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
「拙者の以前に持っておった者が、やはり三つの願をかけて、それも三つともったとか聞き及んでおるが——。」
また本居宣長もやはり『古事記伝』の初めの総論に「仮字の事」という条に、明らかに音の区別であったといっているのであります。
古代国語の音韻に就いて (新字新仮名) / 橋本進吉(著)
かように一面には当時の所謂文壇が、予に実にわざる名声を与えて、見当違の幸福を強いたと同時に、一面には予が医学を以て相交わる人は
鴎外漁史とは誰ぞ (新字新仮名) / 森鴎外(著)
袴を取って踊り出すものもあればお菊のでる三味線に合わせて渋い喉を聞かせるものも出て来た。それが又卜翁には面白いと見えてご機嫌はよくなるばかりである。
赤格子九郎右衛門の娘 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
仙太は、この町での飲みであった。酒にかけてはうものがいない。この親爺が白面で歩いているのを、町の人たちは見かけたことがないという。
凍雲 (新字新仮名) / 矢田津世子(著)
れども和ぎ、びて、事をふにふときは、事理自らに通ふ、何事か成らざらむ。
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)
竹ばしご、玄能てこ、木てこ。
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「お内儀お加奈さんが、雪で拵へた人形のやうに、ヒヤリとする程素つ氣ない癖に、何んかの彈みで、たまらないほど色つぽいところのあるのを見付けたんで」
然るに戴笠の岩国に来たのは、僧となつて独立と号した後で、寛文中の事となるらしい。嵩山の歿年万治二年と云ふにはない。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
拔より早く切付れば流石不敵の曲者も二人が太刀先にひ難く河原の方へ逃行しが以前の女の彷徨居たるを其儘に引抱へ又出せば九郎兵衞は遣らじと後より掛れば忌々敷やと惡漢は女を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
鐘のひびきのしくも
閑人詩話 (新字旧仮名) / 河上肇(著)
しみのゆるに似たりかまつかの濡れてしきの小さきは
遺愛集:02 遺愛集 (新字新仮名) / 島秋人(著)
淑女扮装だ。就中今日はしてをつたが、何処い口でもあると見える。那奴られちやはん、あれが本当の真綿で首だらう
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
こは事難うなりぬべし。はぬまでも多少は累を免れんと、貫一は手をきつつ俯目になりて、めてらざらんやうに持成すを、満枝は擦寄りて
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
万葉集の詞書には、「有間皇子自らしみて松が枝を結べる歌二首」とあるのは、以上のような御事情だからであった。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
「何とでもおっしゃい。どうせあなたにはいませんよ」と、お梅は立ち上りながら、「御膳はお後で、皆さんと御一しょですね。もすこししてからまた参ります」
今戸心中 (新字新仮名) / 広津柳浪(著)
さすがに人に誇っておりました源の怪力も、恋の力にはいません。源は怒の為に血を注いだようになりまして、って見ても、叱って見ても、狂乱れた馬の耳には何の甲斐もない。
藁草履 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
場所たくつたのである、後背からは雜木ねてひかゝり、れてる。足場はわざ/\つたはれる具合い。
都の友へ、B生より (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
火鉢りて宮は、我をへるなりしが、如何思入り、思回思窮むればとて、解くべきにあらぬ胸の内の、に明けぬ彷徨へる可悲しさは
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
一すぢに求め求めてやまざりしわかき日のわがすがた可愛しも
閉戸閑詠 (新字旧仮名) / 河上肇(著)
ひっそりと、はかなく花を開いている小さな植物の可憐しさだった。愛情よりも愛憐を、男の心のうちに掻き立たせる、いたいたしさだった。
如何なる星の下に (新字新仮名) / 高見順(著)
「よし、行こう。漢陽に行こう。連れて行ってくれ。逝者の如き、昼夜をてず。」てれ隠しに、だ唐突な詩句をして、あははは、と自らをった。
竹青 (新字新仮名) / 太宰治(著)
多摩川にす手作りさらさらに何ぞこの許多しき。こう万葉に詠まれたところのその景色のよい多摩川で彼は終日狩り暮した。
大鵬のゆくえ (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
「吾は既に先の事を忘れたり。然れども志を守り命を待ちて、徒に盛の年を過ぐししこと、これいと愛悲し」とのりたまひて、御心のうちに召さむとほせども
わが耳にづる歌は
玉盃の曲 (新字旧仮名) / 漢那浪笛(著)
賀名川のほうにも同じようなことがありますよ」と老婆は続けた、「賀名川と安井川と合わさるところに幡野という村がありますがね、そこも五年まえ漁のお止め場になって、 ...
若き日の摂津守 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
エヽそんならコウ鐵槌があらばつてしねえ。女「オホホ、さいこかいな、ソレちふさんすのぢやいな。「イヤあの箱枕此柱へうちつけてちながらるつもりだ。 ...
大阪まで (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
鹿鳴く山べに駒を馳せ
花守 (旧字旧仮名) / 横瀬夜雨(著)