麻を刈るあさをかる
明治十二三年頃の出版だと思ふ——澤村田之助曙双紙と云ふ合卷ものの、淡彩の口繪に、黒縮緬の羽織を撫肩に引つ掛けて、出の衣裝の褄を取つた、座敷がへりらしい、微醉の婀娜なのが、俥の傍に彳ずんで、春たけなはに、夕景色。瓦斯燈がほんのり點れて、あしら …
作品に特徴的な語句
くひ ちよ ちよ かう あひ 往復ゆきかへり かへる こひねがは くはし きよ うづくま かうべ こく かれ あし 片方かたつぽ ふん どう 女性ぢよせい ごえ うめ かむ おほい ざう らう 住人ぢうにん 折伏をれふ つき なんぢ かゝ はせ とほり 蝋燭おてらし さが しう うへ たい かい 一宿ひとやど 鹿じか しつ 一時いつとき 大略おほよそ 電光でんくわう づゝ まへ にぎは やはら かち 推重すゐちよう 憧憬しようけい よぢ かれひ 一日いちじつ 二時にとき ぎは 品評ひんぺう いだ 一枚いち 這出はひで ちん たゝ 僥倖さいはひ 引掛ひつかゝ しん おほ 暗誦あんせう 上下じやうげ 車夫わかいしゆ ばか しづ きつ やつ 翌朝よくてう わざ 情事じやうじ いち とも 方法しかた をんな とつ 女中ねえ 此方こつち くれなゐ 茶漬ちやづ 批評ひへう あひだ たう 岡惚をかぼれ ちゝ あづか いへ 銀河あまのかは かへつ あるひ