“取”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
76.0%
とり12.9%
とっ2.8%
とつ2.3%
1.5%
とら1.4%
とる1.4%
とれ0.3%
とッ0.3%
あつ0.2%
あへ0.2%
うご0.2%
0.2%
とりしば0.2%
とろ0.2%
どり0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
や、や、べるものがなくなってしまうと、人間村里ってきます。そして、人間べたり、家畜ったりします。
おおかみと人 (新字新仮名) / 小川未明(著)
殺して金を盜み取しことを三五郎へした時に三五郎が異見をして博奕打や盜人の金を又は殺したり共同じ罪でも罪科は輕い素人
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
しかれどもこれ聯想の習慣の異なるよりして来る者にして、複雑なる者をくこれを十七字中に収めんとする故に成し得ぬなり。
俳諧大要 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
面白い、近頃落語大分流行るから、何所かで座料内職にやつたら面白からう、事にたら片商売になるかもしれない。
落語の濫觴 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
国々方々めぐりあるいて、為朝はとうとう九州りました。その時分九州のうちには、たくさんの大名があって、めいめいりにしていました。
鎮西八郎 (新字新仮名) / 楠山正雄(著)
れても御所持の荷物なり金子なり共んと思へばに取て御目に懸ますと然も戯談らしく己が商賣を明白に云てながら平氣に酒を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
申命記あり。「の兄弟より利息をべからず。」兄さんにたのむのが安全らしい。僕には、ケチなところがあるようだ。
正義と微笑 (新字新仮名) / 太宰治(著)
玉江「梅は酸味があって美味うございますね、私どもでは生梅が沢山ますから色々なものに使いたいと思いますがどうしたらようございましょう」
食道楽:秋の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
ペエジをつ、つして、眠気ざましに声を出して読んでいたが、こう夜が更けて、可恐しく陰気にされると、低い声さえ、びりびりと氷を削るように唇へきしんで響いた。
霰ふる (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
歯角脊足宛然皆具う、大なるは数十丈、あるいは十丈につ、小さきはわずかに一、二尺、あるいは三、四寸、体皆具わる、かつて因ってめこれを見る、また曰く冀州鵠山に伝う
與吉んだお熟睡してた。卯平ずおせてやつた。さうして道具つである蒲團せた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
呼吸のはずみも殺気のきも、窺い寄っているらしい人の気配も何一つきこえなかった。
老中の眼鏡 (新字新仮名) / 佐々木味津三(著)
そっちこちで悪いが耳に入り、そのうち放浪時代から付きっていた、茨城生まれの情婦が現われたりして、彼女が十年働いてめた貯金も、あらかたその手切れに引きされてしまった。
縮図 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
大日下の王は大命を受けたまはずて、おのが妹や、下席にならむといひて、大刀の手上
窮鼠却て猫をむの譬えで振向いて頭の髪をうとした
無惨 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
本所には三百石以上の旗本で、稲葉氏を称したものが四軒ばかりあったから、親しくその子孫についてさなくては、どの家かわからぬが、陸を庇護した稲葉氏には、当時四十何歳の未亡人の
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)