俳諧大要はいかいたいよう
ここに花山といへる盲目の俳士あり。望一の流れを汲むとにはあらでただ発句をなん詠み出でける。やうやうにこのわざを試みてより半年に足らぬほどに、その声鏗鏘として聞く者耳を欹つ。一夜我が仮住居をおとづれて共に虫の音を愛づるついでに、我も発句といふ …
作品に特徴的な語句
しむ あつし さむし いえ たく とっ なげうっ ひややか くろ わろ ふか おわり きっ あこ ひい しょ ちょう あじわい うららか さかん しん うるお いば しも 反古ほうご かの 梧桐ごどう げん せつ 田鶴でんかく ぞう かん わが とう えい おつ こころ 大風たいふう はなは ここ がわ ぐらい すさまじ あまり あら むべ かく なな つけ はい かろ ぬす ちな つら 端緒たんしょ くら もっとも とっ 塵芥じんかい あん はず 夜半よわ さと かさな だい 大息たいそく 大月だいげつ つる 紅葉こうよう 利根りこん しん かえりみ 如何いかが もう 長刀なががたな えき あきら 発句ほく たわむれ 蓴菜ぬなわ くるし がわ めず 何処いずく