“闇”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
やみ79.8%
くら16.2%
ぐら1.0%
あん0.5%
くらがり0.5%
くらやみ0.5%
くれ0.5%
0.2%
くらが0.2%
くろ0.2%
(他:2)0.4%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
岸から打ち上げる目標の烽火のろしが紫だって暗黒な空の中でぱっとはじけると、鬖々さんさんとして火花を散らしながらやみの中に消えて行く。
生まれいずる悩み (新字新仮名) / 有島武郎(著)
やみが次第に低い処から高い処へ昇って行って、山々の巓は最後の光を見せて、とうとう闇に包まれてしまった。村の家にちらほら燈火が附き始めた。
木精 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
それと同時に、私はその友人の背後に、若い女たちが二三人、まだ不審ふしんそうにやみかしながらこちらを見つめているのに気がついた。
美しい村 (新字新仮名) / 堀辰雄(著)
御製では、「くらけくに夜のほどろにも鳴きわたるかも」に中心があり、闇中あんちゅうの雁、暁天に向う夜の雁を詠歎したもうたのに特色がある。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
多分、あの樫の木のくらがりが御自慢なのであろうが、混凝土コンクリートを喰った証拠に混凝土コンクリートの家を建てるのはドウカと思う。
超人鬚野博士 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
鬱蒼うっそうとして頭上におおい被さって来そうな真っくらな寺門を振り返るのも恐ろしくて、私はただひた走りに息の続く限り走っていた。
逗子物語 (新字新仮名) / 橘外男(著)
ウドぐらき柳のかげに一軒の小屋あり、主は牧勇蔵と言う小農夫、この正月阿園おそのと呼べる隣村の少女をめとりて愛の夢に世を過ぎつつ
空家 (新字新仮名) / 宮崎湖処子(著)
其様な話を聞いたあとで、つく/″\眺めたうすぐらい六畳のすすけ障子にさして居る夕日の寂しい/\光を今も時々憶い出す。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
そんな話を聞いたあとで、つくづく眺めたうすぐらい六畳の煤け障子にさして居る夕日の寂しい寂しい光を今も時々おもい出す。
地蔵尊 (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
自分は娘の傍を離れず、娘が採るたびに自分の採ッたのと比較して見て、負けまいと思ッて励んでいたが、この時はもウ蕨に気を採られて、娘のことは思ッてはいなかッた,ト言ッて忘れてもいなかッたので,娘の傍にいるということは、あんに知ッていたので
初恋 (新字新仮名) / 矢崎嵯峨の舎(著)
前山翁はまったく罪のないことをいう人で、窯の仕事などというものは自己の経験からいうとき、一代二代の研究で出来るものではないと、まるで科学の発明でもあるかのように譬えて、自窯の不成功をあんほのめかされたが、これはテレ隠しというものであろうではないか。
くらがりで私の謝った娘は、姉の方だったのです。
墓が呼んでいる (新字新仮名) / 橘外男(著)
ここだここだといいながら、くらがりで見えなかったのか、私の方にも目もくれず、二人でずんずん奥へ行きますからどうするかと、私も後から蹤いて参りますると、大旦那様のお姿を見るが早いか、『やや篠山博士ですか、秋山が月子さんの御言葉でお迎に上りました』と申しますから、私は矢庭にそこへ飛び込んで
月世界競争探検 (新字新仮名) / 押川春浪(著)
岸に打寄せて砕ける波が白く線を成して見えた。灯台のともしびは、廻転する度に、その幅の広い、大きい、長い光芒を夜のくらやみに曳いて行つた。海は真闇で、船の灯らしい灯も見えなかつた。
波の音 (新字旧仮名) / 田山花袋田山録弥(著)
「かうだ婆等ばゞあらだつてさうだに荷厄介にやつけえにしねえでくろよ、こんでぢやまあだれなくつちやくらやみだよおめえ、よめがあの仕掛しかけだもの」ばあさんはさら
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
ぢや元日ぐわんじつにやくれえにきて、みのて、圍爐裏端ゐろりばたいもえてくふ縁起えんぎなんだが
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
うすくれあかりだからぢつきそばてからでなくつちやわかんねえし
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
五八「旦那さん、こういう奴は矢張やっぱり話のよりを戻して、縄ア掛けて、名主様へ引いて往って、くれえ所へ押入おっぺいる方がよかんべい、鳥渡ちょっと名主どんの所へ往ってくべいか」
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
炎天、烈風、猛雨、この間を突破し来りたる我々には、この広大無辺なる海洋の夕暮れに、らき波の白く砕けて岸にゆる有様がいい知れぬ快感をき起して、我れ知らず躍り上るを禁じ得なかった。
もうサヤサヤとかやの葉を分けて跫音あしおとは私のすぐ横手にそびえている大きな椎の木の薄くらがりに聞えてきて、老爺と女中らしい人がそこに丁寧に腰を屈めて
逗子物語 (新字新仮名) / 橘外男(著)
 闇夜に人の門を叩かんとするに、一寸先はくろうしていづくを門とも定めがたし。
俳諧大要 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
クラい空間は、明りのやうなものをタダヨハしてゐた。シカし其は、蒼黒アヲグロモヤの如く、たなびくものであつた。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
夜は、ネヤヤミの中で寝る女たちには、稀に男の声を聞くこともある、奈良の垣内カキツ住ひが、恋しかつた。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)