つち
漱石 「土」が「東京朝日」に連載されたのは一昨年の事である。さうして其責任者は余であつた。所が不幸にも余は「土」の完結を見ないうちに病氣に罹つて、新聞を手にする自由を失つたぎり、又「土」の作者を思ひ出す機會を有たなかつた。 當初五六十囘の豫 …
作品に特徴的な語句
のば なにつ ちひせ つを むね ぱち えゝだ えけ せえ やざ つか まちつ つくづく えた すこ かせ 一寸ちよつくら ぷて そりかへ もた わり えそ 女房はようばう やん ぬくて やつけ 退しや だけ こほつ うが をつちよ けえし つあき すか からび こゝよ かうぶ けぶ おつこと おほ をへ ゆつ をさ ぺい いつ 始終とほして 敏捷びんせう けむ つあ ぬくと はえ つむり さき おつこち えゝまち えて えか くべ 倦怠だれ へえ きれえ よぢ かたど すゞ とら とつつか しめえ ふりかへ つか おぢ あたゝま 偶然ひよつ 汝等わツら 悄然ぽつさり ゆる いつ 丈夫ちやうぶ
題名が同じ作品
(新字新仮名)今野大力 (著)