つち
漱石 「土」が「東京朝日」に連載されたのは一昨年の事である。さうして其責任者は余であつた。所が不幸にも余は「土」の完結を見ないうちに病氣に罹つて、新聞を手にする自由を失つたぎり、又「土」の作者を思ひ出 …
作品に特徴的な語句
土間どま 小鬢こびん かま 二日ふつか 愚弄ぐろう 見遁みのが 御機嫌ごきげん 不便ふべん 覿面てきめん びん 手桶てをけ 土瓶どびん 無駄むだ 鍛冶屋かぢや 手柄てがら どんぶり 近頃ちかごろ 凄味すごみ たが かんな もゝ たこ 詰問きつもん 立場たちば 藁草履わらざうり 天秤てんびん もんめ 木蔭こかげ 凋落てうらく 披瀝ひら 不具かたわ 憤懣ふんまん 始末しまつ 雇人やとひにん 井桁ゐげた 嘆息たんそく 氾濫はんらん 小豆あづき さが 袖口そでぐち 衣物きもの 加減かげん 容赦ようしや いた 其處そこ いた 耄碌まうろく たで くりや もゝ 和睦わぼく 黴菌ばいきん 反物たんもの 撞木しゆもく 井戸ゐど 混淆こんかう もみ 臆測おくそく 蔓延まんえん 見窄みすぼ さか すぎ 掃溜はきだめ くさび ぬか 屈託くつたく 白木しらき 熱心ねつしん 一晩ひとばん 微風びふう 本意ほんい 三度みたび ひろ 洗濯せんたく 見識みし 香奠かうでん のこり たう すし 不足ふそく 手足てあし 黄昏時たそがれどき 田螺たにし 頑是ぐわんぜ 口々くちぐち 山葵わさび ござ らち 半年はんとし 日蔭ひかげ 矢立やたて 縁起えんぎ 軒端のきば 前垂まへだれ はかり 見合みあは 遠慮ゑんりよ 其儘そつくり なし
題名が同じ作品
(新字新仮名)今野大力 (著)