“泣”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
80.7%
なき8.0%
ない2.6%
なく2.1%
なか2.1%
なみだ1.0%
1.0%
0.5%
いざ0.3%
0.3%
いさ0.3%
うた0.3%
なえ0.3%
ねえ0.3%
0.3%
0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あはれ新婚げて、一年かならず、戰地つて出立つたには、んでかなかつたのも、嬉涙れたのであつた。
雪の翼 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
お雪さん、捨てられたの何のってをしながら、を討って下さいなんて、飛んでもないところへ泣きつくなんぞは、女の面汚し。
大菩薩峠:24 流転の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
索搜密々呼出し千太郎に小夜衣よりの言傳しく語りおいらんは明てもても若旦那の事のみ云れて此頃はてばつかり居らるゝを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
泣出すゆゑ越前守殿は言葉にコリヤ/\三吉最少と前へ出よ何も怕事はなしな/\サア/\好物を遣はさうと饅頭を紙にて與へられ是を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
阿仙は一子の名すなの一語之が養育に心を用いん事を望むの意至れり、せの一句造次顛沛にも武を忘れざる勇士の志操十分に見ゆ
松の操美人の生埋:01 序 (新字新仮名) / 宇田川文海(著)
我が老いたる親菴室に在り。我を待つこと日を過さば、自ら心をむる恨あらむ。我を望みて時にはば、必ずを致さむ。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
葬式はアにうで来た。もう死んどろ、死んどるかも知れん。わしはこの胸ん中が張り裂きゅごたる。先生、えたっちゃよかろ。
フレップ・トリップ (新字新仮名) / 北原白秋(著)
「そこでお召食る、む、これはえ。」と舌鼓、「餓鬼えめえよ。」と小児にも与えて散々に喰散らす、しからぬことなり。
貧民倶楽部 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
犬烏む。天皇此のぶ声を聞きて、心に悲傷す。群卿にして曰く、それ生くるときにみし所を以て亡者はしむ。これ甚だなり。それ古風といへども良からずば何ぞ従はむ。
本朝変態葬礼史 (新字新仮名) / 中山太郎(著)
そぎやんやあとつたてちや、どぎやんもなりやせんとだるけん、これからのこつば考へて、気ばうもつこツたい、ムツシユウのことなんぞ、早う忘れてしまうた方が悧巧もんばい。
牛山ホテル(五場) (新字旧仮名) / 岸田国士(著)
諸王、諸臣、及び天下の百姓、長老は愛児を失ふがく、塩酢之昧口に在れどもめず、少幼者める父母ふが如くて、つる声、行路に満てり、耕夫を止め、舂女せず。
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)
「昨日の約束を忘れたのか。した船を東風に乗せて国へらせようという目出度い祝儀に、盃が下ったまま上らないのは縁起が悪い。房次郎よ、うのはやめて、早く盃をのぼらせないのか」
重吉漂流紀聞 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
ワア/\てる処へア旦那が通り掛り、飛んだことだが、因縁だ、泣くなと、さんと云いさんと云いさままでもそういうざまをするというのは約束事だから
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
「おつぎかねえでさあきて仕事しろ、おとつゝあげは謝罪つてやつかんなあ、與吉てら、さあつてさつせ」百姓におつぎをした。與吉はおつぎの姿えないのでりにんだ。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
女房ノヘソクリンデ短銃ウガキトキメキ、一読、ムセビイテ、三嘆、ワガクダラナクチツケタキイ、アア、姿ノミ燦然マワリノ石坂君
創生記 (新字新仮名) / 太宰治(著)
老年になってく歌をよんだら、そろり新左が、螢が鳴いたということは天下にないとがんばって、すこしけんかめいて来たら、細川幽斎が