“盗”のいろいろな読み方と例文
旧字:
読み方割合
52.8%
ぬす32.2%
3.7%
とう3.7%
ぬすみ3.3%
ヌス0.9%
くす0.5%
どろぼう0.5%
0.5%
ぬすと0.5%
ぬすまれ0.5%
ぬすん0.5%
トウ0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「お勢さん、あきらめなすったら? そんなものをったって何にもならないし、手に戻ったところで仕様がないじゃありませんか」
勿論学んでしたりとは言はず。又先生に学ぶ所はまだ沢山あるやうなれば、何ごとも僕にめるだけは盗み置かん心がまへなり。
田端人 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
井戸辺に出ていたのを、女中が屋後に干物にったぽっちりのられたのだとサ。矢張木戸が少しばかしいていたのだとサ」
竹の木戸 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
というて、盗み食いする味は、また別じゃというほどに、人の女房とても捨てたものではない。
藤十郎の恋 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
しかし貧乏人に人間の義務といふものを教へてつたり暮しの立つ様に家業を見つけてやつたりして、貧に迫られて、をしない様に世話をしてやれば
黄金機会 (新字旧仮名) / 若松賤子(著)
女房ノヘソクリンデ短銃ウガキトキメキ、一読、ムセビイテ、三嘆、ワガクダラナクチツケタキイ、アア、姿ノミ燦然マワリノ石坂君
創生記 (新字新仮名) / 太宰治(著)
右の手で金を出すてえと、屹度左の手は物をねて居やあがる。両手で金を出すてえ奴は居無え、両手で物を盗ねる奴も居無えや。余っ程こんがらかって出来て居やあがる。
かんかん虫 (新字新仮名) / 有島武郎(著)
丸で粉なやののやうですよ、オホ……オヤこのこは泣くよ、何が悲しいんだへ、……しかし思へば尤だよ、こんな働のないものを亭主に持て、ろくに物見遊山もできず、おまけに私のやうな
五大堂 (新字旧仮名) / 田沢稲舟(著)
「何か人の物をすんだことがあったろうか?」
不思議な鳥 (新字新仮名) / 小川未明(著)
もし小僧が吩付けられた時分にがってやらないと、何かにけて太い棒でぶんぐられる。小僧は擲ぐられるよりをする方が楽ですからその命に従って盗をやる。
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)
人これを知るゆゑ、かれにじとて人智を以てかまへおけども、すこしのひ喰ふ、其妖術奇々怪々いふべからず、時としてかれがとこざるはのごとし。
れは船の中で役に立ちそうな物だとて、一寸と私がで来た。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
唐ノ頃、アリ、先主ノク。数名。シク入リシニ、人アリ、燈下ニ対シテヲ囲ムモノ両人、側ニ侍衛スルモノ十数名ヲ見ル。
三国志:12 篇外余録 (新字新仮名) / 吉川英治(著)