“且”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
58.9%
かつ35.6%
しばら1.7%
しば0.7%
まさ0.7%
そのうへ0.5%
0.5%
また0.5%
0.5%
たん0.2%
シバラ0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
すなわち花は美麗で、つ趣味にんだ生殖器であって、動物のい生殖器とは雲泥の差があり、とてもべものにはならない。
植物知識 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)
勿論学んでしたりとは言はず。又先生に学ぶ所はまだ沢山あるやうなれば、何ごとも僕にめるだけは盗み置かん心がまへなり。
田端人 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
く此判斷に注意せよ。常理に依るに、是と非とは矛盾の意義にして、その二つのものゝ間に第三以上の意義を容れざるものなり。
柵草紙の山房論文 (旧字旧仮名) / 森鴎外(著)
そのよるところの学説や考えかたの如何らく問題外として、単にこれだけのことを見ても、そこに二つの大なるのあることが知られよう。
るに伯夷叔齊ぢ、(三四)はず、首陽山れ、つてふ。ゑてせんとするにんでる。
そも/\此といふ物、雪国第一の用具。人力事船と車にく、る事最易きはを見て知るべし。
是に於いて、皇太子た使者を返し、其の衣を取らしめ、常のたまふ。時の人大にしみて曰く、聖の聖を知ること、其れなる哉。まる。
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)
つ予は、その臣の手に死なんよりは、無寧二、三子の手に死なんか。い大葬を得ずとも、予道路に死なんや。(子罕、一二)
孔子 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
ツ、王ハ、丙戌ノ年ヲモッテ生マル。ハ犬ニ属ス。最モ犬ヲ愛スルノ信ナカルベカラズト。王、コレヲ然リトス。
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
地主してつたら自分しくなつても容易れることが出來ないのをれたからである。におつぎを一人前仕込んでると勘次つてる。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
「我酔ウテ眠ラント欲ス君ク去レ——さあさあ行くがよい行くがよいさあさあ出立するがよいぞ——明朝意有ラバ琴ヲ抱イテ来タレ——縁があったらまた逢おうぞ」
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)