“カ”のいろいろな漢字の書き方と例文
ひらがな:
語句割合
9.1%
9.1%
7.3%
5.5%
3.6%
3.6%
3.6%
3.6%
1.8%
1.8%
1.8%
1.8%
1.8%
1.8%
1.8%
1.8%
1.8%
1.8%
1.8%
1.8%
1.8%
1.8%
1.8%
1.8%
1.8%
1.8%
1.8%
1.8%
1.8%
1.8%
1.8%
1.8%
1.8%
1.8%
1.8%
1.8%
1.8%
鹿1.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
 降りつゝ歌ふがいさほ
ハンニバル雪のアルプ越 (新字旧仮名) / 槙村浩(著)
汝等進んで、石城を毀つて、新京の時世裝に叶うた家作りに改めよと、仰せ下された。藤氏四流の如き、今に舊態をへざるは、最其位に在るを顧みざるものぞ、とお咎めが降つた。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫(著)
僧曰貧道一タビ于北シク越雪故特之供以読ムニ矣、今閲ルニ京山人、士曰否々不然、夫京山者文場之奴隷芸苑之㒜儓也
此二つの卷物が、美しい裝ひで、棚をいた上に載せてあつた。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫(著)
抑〻天命ヲシマトス者ニズシテ ゾヤ チ 天ニ代ッテ吾等ノ道ヲ行ワントスル所以ナリ シソレ 盧俊儀ト石秀ノ二人ヲナク断刑サバ 梁山泊数万ノ天兵ハ タチドコロニ北京ヲ焼キ払ワン ツ悪吏ノ一人タリトモ 鬼籍黒簿ヨリキ ソノ命ヲ助ケオクコト無カラン
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
プンクト、ナドノ気持チトセヨ。キタクナクナッタ。
創生記 (新字新仮名) / 太宰治(著)
數多い柱や、廊の立ち續く姿が、目赫くばかり、朱でみあげられた。むら/\と靉くものは、紺青の雲である。紫雲は一筋長くたなびいて、中央根本堂とも見える屋の上から、きおろされた。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫(著)
祭礼りものには、車をつけて牽くものと、肩に載せてくものとの二通りあるが、一般に高く聳やかして、皆神々の注視を惹かうとするが、中には神輿の形式を採り入れて
盆踊りと祭屋台と (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
少彦名神になつて、皷をうち、歌をうたひ、舞ひの動作をくり返し、臼を廻り乍ら、米を噛んでは、み臼に吐き入れ/\して、人柄の転換して了ふほどにひ祝福して造られたのであつた。
このみ酒を みけむ人は
「古に在りけむ人の しづはたの帯解きへて、廬屋立て 妻問ひしけむ云々」
真間・蘆屋の昔がたり (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
(この片岡は非常に拡がつて、地名にまでなつてゐる。)一時的の喪を、といふのも、の逆である。形容詞がすべて下へ附いてゐる。
古代中世言語論 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
出稼人根性ヤメヨ。カツイデ見事帰郷被告タル酷烈自意識ダマスナ。ワレコソ苦悩者刺青カクシタ聖僧。オ辞儀サセタイ校長サン。「編輯長チタイワレマイ努力
創生記 (新字新仮名) / 太宰治(著)
コノ故ニ、仏道ヲ修メ、往生ヲ願ウモノ、如何ゾコノ心ナクシテナランヤ
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
越後名寄巻十四水松の条に「ム時ハムクムクスルナリ生ニテモ塩ニ漬ケテモ清水ニ数返洗フベシ其脆ク淡味香佳ナリ酢未醤或ハ湯煮ニスレバ却テ硬シテ不可食六七月ノ頃採ルモノ佳ナリ」
植物一日一題 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)
もう此頃になると、山ははしいほど緑に埋れ、谷は深々と、繁りに隠されてしまふ。郭公は早く鳴きらし、時鳥が替つて、日も夜も鳴く。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
ヲ出シテ未ダタズ 身死ス
三国志:12 篇外余録 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
諺に「盆と節季が一緒に来た」といふ其師走の大祓へに、祭や盆をて合せた無駄話しをして見たい。
盆踊りと祭屋台と (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
麁玉伎倍のはやしに名を立てゝ、行きつましゞ。先立たに
花の話 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
銘記セヨ ツテ梁党宣言ニシテ 必ズワザルハ無キ事ヲ。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
何時も、悲しい時に泣きあげて居た、あの声ではなかつた。「をゝ此身は」と思つた時に、自分の顔に触れた袖は袖ではないものであつた。れ原の冬草の、山肌色をしたな翼であつた。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
生捕誅殺サセラレタル分ト、合セテ三、四万ニモ及ブベク候ヒシ
新書太閤記:05 第五分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
紫雲は一筋長くたなびいて、中央根本堂とも見える屋の上から、きおろされた。雲の上には金泥の光り輝くが、漂ひはじめた。姫の命をるまでの念力が、筆のまゝに動いて居る。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
ねこ、(中略)人家サキナリ。温柔ニシテク、フレバフ。レドモ竊盗アリ。二尺ラズ。(下略
澄江堂雑記 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
シテ此等之権男女同権
虫干 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
宮廷の祝詞である上から、かうして天孫に関聯して申しあげて居るが、村々の祝詞では、村の家々にけて言つて居たものも多かつたことが思はれる。
明の李時珍がその著『本草綱目』に「按ズルニ陸佃埤雅ニ云ク、蕉ハ葉ヲ落サズ一葉ルトキハ則チ一葉ル、故ニ之レヲ蕉卜謂フ、俗ニ乾物ヲ謂テ巴ト為ス、巴モ亦蕉ノ意ナリ」
植物一日一題 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)
・旅の月夜のだんだんげてくる
旅日記:03 昭和十四年 (新字旧仮名) / 種田山頭火(著)
イアテルヨリハ、ワガ思念開陳体系ミチチテリ、アラワナル矛盾モナシ、一応首肯スレバ、我事オワレリ、白扇サットヒライテ、スネノウ。
創生記 (新字新仮名) / 太宰治(著)
神が現れて、自身には人の口をりて語り出す叙事詩は、必その村その国の歴史と信じられて来た。
山のことぶれ (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
女房ノヘソクリンデ短銃ウガキトキメキ、一読、ムセビイテ、三嘆、ワガクダラナクチツケタキイ、アア、姿ノミ燦然マワリノ石坂君
創生記 (新字新仮名) / 太宰治(著)
けのかけ、「掛巻毛」などのかくである。「かく」「かけ」は、誓占の一種で、神の判断に任せる所の問題を、両者の間に横へる——心に念じ、口に出して誓ふ——事である。
日本文学の発生 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
「八田の一本菅は、ひとり居りとも、居り敢へむ」「人はかゆともはかられゐむ(又はるとも、るに任せむ)」
副詞表情の発生 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
「我レ東ヲチシヨリ、茲ニ六年ニナリヌ、又天皇ノリテ、兇徒サレヌ。」と、後世つくられた、いわゆる「建国の詔」に、その事が明らかにされてある。
草はとりはむ。みづはとり 草はとり飼はむや——其駒
筋ばしるやうに、彼の人のからだに、血のけ廻るに似たものが、過ぎた。肱を支へて、上半身が闇の中に起き上つた。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
コレラ一万正直、シカモ、バカ、ウコトサエラヌシキ、キミヲ畏敬シ、キミノ五百枚精進ユルガキ、ハネキテ、兵古帯ズルズルキズリナガラ書店ケツケ
創生記 (新字新仮名) / 太宰治(著)
ノ太キ格子テテ訪ネ来ル手ハ、黄八丈ノ着物ニ鹿リノ広帯ヲ締メ、オ河童ニ三ツノキ『リボン』ヲ附ク、今ヨリ約十八年ノ昔ナリ。名乗リ出デヨ吾ガ双生児ノ同胞
三人の双生児 (新字新仮名) / 海野十三(著)