“兵古帯”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
へこおび93.3%
ヘコオビ6.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“兵古帯”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.3%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
白木綿の兵古帯へこおびに、小倉袴こくらばかま穿いた学生の買物は、大抵極まっている。
(新字新仮名) / 森鴎外(著)
「書いていますよ。」青扇は兵古帯へこおびをむすびながら床の間のほうへいざり寄った。
彼は昔の彼ならず (新字新仮名) / 太宰治(著)
兵古帯ヘコオビズルズルキズリナガラ書店ショテンケツケ、女房ニョウボウノヘソクリヌスンデ短銃タンジュウウガゴトキトキメキ
創生記 (新字新仮名) / 太宰治(著)