がん
古い話である。僕は偶然それが明治十三年の出来事だと云うことを記憶している。どうして年をはっきり覚えているかと云うと、その頃僕は東京大学の鉄門の真向いにあった、上条と云う下宿屋に、この話の主人公と壁一つ …
作品に特徴的な語句
裏店うらだな 峻烈しゅんれつ 唐桟とうざん 日数ひかず 櫛巻くしまき 蚊遣かやり くさび 混沌こんとん 為方しかた 本郷ほんごう 夕靄ゆうもや 生娘きむすめ とう 不忍しのばず 日蔭ひかげ 檀那だんな 小綺麗こぎれい 透間すきま 秘訣ひけつ うそ 手数てすう 向島むこうじま 母衣ほろ 椋鳥むくどり ふる 嗅覚きゅうかく 草木くさき 放恣ほうし 疑懼ぎく 遊蕩ゆうとう のき 甲斐甲斐かいがい 神保町じんぼうちょう 鳥籠とりかご 擯斥ひんせき 烟草たばこ 佃煮つくだに 声高こわだか 後影うしろかげ 麻疹はしか 継子ままこ すす 小桶こおけ 物怪もっけ 隠蔽いんぺい 薄紅うすくれない かな 歯朶しだ 飯事ままごと 小家こいえ 日々にちにち 物干竿ものほしざお めす 妾宅しょうたく にお 投遣なげやり 骨牌かるた たつみ 梧桐あおぎり 起居たちい 小溝こみぞ 当前あたりまえ 爪弾つめびき 諳誦あんしょう 元結もとゆい 二条ふたすじ 四辻よつつじ 烟管きせる 笑談じょうだん 一塊ひとかたまり 初産ういざん 平蜘蛛ひらぐも 掣肘せいちゅう ほしいまま 柚子ゆず 篠竹しのだけ 藪入やぶいり 鋭鋒えいほう たぼ ひね 障碍しょうがい かん 一刹那いっせつな 一筆ひとふで むこ 誰彼たれかれ 余所行よそゆき 単物ひとえもの ひね 為様しよう 花崗石みかげいし 上戸じょうご 藤村ふじむら 追手おいて 微白ほのじろ
題名が同じ作品
(新字新仮名)田中貢太郎 (著)