がん
古い話である。僕は偶然それが明治十三年の出来事だと云うことを記憶している。どうして年をはっきり覚えているかと云うと、その頃僕は東京大学の鉄門の真向いにあった、上条と云う下宿屋に、この話の主人公と壁一つ隔てた隣同士になって住んでいたからである …
作品に特徴的な語句
かよい もののくず こら にぎや おっし はち まじわ きず おお かずら あきたらな かわり あず たい いましめ もと おそ 彼女かのおんな 一日いちじつ はな 午食ひるしょく ろく ぱり しち さか やや やわらか よそおい おおき おとし まけ さえずり ごく たくましゅ きょく はこび かく えい 日覆ひおい さん だね ひそ 引越ひきこし 出入しゅつにゅう いで とぼ かす はず ぼう 怪訝かいが おく 爪弾つめびき かさ とど かご いつ かがや しな はた ゆだ くれない きらい さだ 宛然えんぜん あわれ もと いだ さと くう つもり あた へり びき におい にお かぎり まばら きか 思附おもいつ ひね 血色ちいろ つぶ 往反ゆきかえり わき
題名が同じ作品
(新字新仮名)田中貢太郎 (著)