“私”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
わたし41.1%
わたくし17.9%
わし14.4%
ひそ5.2%
ひそか3.5%
あたし2.3%
わっし2.1%
わっち2.0%
あっし1.8%
わた0.9%
うち0.8%
わたい0.6%
あて0.5%
わたく0.5%
てまえ0.4%
あたい0.4%
わて0.4%
わつし0.4%
0.4%
0.3%
ワタシ0.3%
わつち0.3%
あたくし0.3%
わしゃ0.3%
あつし0.3%
わたへ0.2%
わちき0.2%
わッし0.2%
ひと0.2%
わっちゃ0.2%
ワタクシ0.2%
わい0.1%
あし0.1%
たれ0.1%
そっ0.1%
てまい0.1%
わしい0.1%
そつ0.1%
あた0.1%
あたへ0.1%
うわし0.1%
おら0.1%
ふァたい0.1%
わしイ0.1%
わたしゃ0.1%
わだし0.1%
わっ0.1%
わっちや0.1%
わつ0.1%
わはし0.1%
わらは0.1%
わらわ0.1%
わッち0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
かう云ふ問題が出たのですが、実を云ふと、生憎この問題に大分関係のありさうな岩野泡鳴氏の論文なるものを読んでゐません。
くほつとしたもちになつて、卷煙草をつけながら、をあげて、してゐた小娘を一した。
蜜柑 (旧字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
そこでとうとう山の神様が、お憤りになったというものだ。でにおっしゃられた、薬草採りを追い払え! でないと災難を下すぞよ
任侠二刀流 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
ええそういうなら御嫁に来て上げましょうと、その場ですぐ承知しないとも限るまいと思って、かに掛念いたくらいである。
彼岸過迄 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
こう思った林右衛門は、に一族のを物色した。すると幸い、当時若年寄を勤めている板倉佐渡守には、部屋住の子息が三人ある。
忠義 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
それでら案内役をったんで、何か御覧になりたいものはって云ったら、阪神間の代表的な奥さんに会わせろってっしゃるの
細雪:01 上巻 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
「いや、にはよく判る。気の毒だが番頭さん、子分の者に送らせるから、しばらく八丁堀の笹野様の役宅へでも行っていて下さい」
大勢ぜい寄りたかって私共に赤恥をかゝせてそうとするから、腹が立って堪らねえ、が妹をが連れてくに何も不思議はねえ
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
のカンでは多分天草一揆頃日本に渡って来て、ミカエル四郎と名乗る日本人が秘蔵してたものじゃないか知らんと……ヘエヘエ。
悪魔祈祷書 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
するとお勢は、どうしてか、急に心から真面目になッて、「あたしゃア知らないからいい……しゃア……そんな失敬な事ッて……」
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
「漢和何とかいうの引いたの。末っちゃんに考えてもらえっていうたのやけど、義兄さんったらきかはらへんのや。いややなアそんな名?」
御身 (新字新仮名) / 横光利一(著)
を口説く気で、うござんすか。まったくは、あの御守殿より、私の方が口説くにはいんだから、そので、しっかりして。」
日本橋 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「二階を下りしなに、何や暗うなって、ふらふらと目がもうて、……まあ、、ほんに、あの中へ落ちた事なら手足がれる。」
白花の朝顔 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
夫だけではと分らぬ何か是と云う格別な所が有そうな者だ女「有ますとも老人の室の掃除と給仕とはしが引受けて居ましたもの、 ...
血の文字 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
に、残らず自分の事を知っていて来たのだろうと申しまして、——頂かして下さいましな、手を入れますよ、大事ござんせんか——
菎蒻本 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
番「たいでもえ、は理の当然をいうのや、お嬢を殺して金子を取ったという訳じゃないが、う思われても是非がないと云うのや」
闇夜の梅 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
「成程、あの墓石に耳を当てがふと、何時でも茶の湯のる音がしてまんな。俳優甲斐洒落墓石が一つ欲しうおまんね。」
がいけないので、子供時分から、人の見てでは物ははれない性分ですから、何卒つて下さい、お願ひでございますから。
黄金餅 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
「その百人一首も焼けてなくなったんでございますか。は、お墓もどこだか存じません。」
縁結び (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
そもそも維新の初には百事創業にかかり、これは官に支配すべき事、それはに属すべきものと、明らかに分界を論ずる者さえなくして、新規の事業は一切政府に帰し
学問の独立 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
「まだそんなことを言ふ。それ程必要な本があれば図書館に行かなくつたつて、が買つてやると言つてるぢやあないか。」
その頃の生活 (新字旧仮名) / 中原中也(著)
成程善悪にや二つは無えが、どうせ盗みをするからにや、悪党冥利にこのな陰徳は積んで置きえとね、まあ、なんぞは思つてゐやすのさ。
鼠小僧次郎吉 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
これはの父が、幼いころの気味のるかったことという、談話のおりにききましたことです。場処は通油町でした。
人魂火 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
眞「もしお梅はん、大事に気晴しのなるようにして呉れんなさませ…あゝなア済まぬが十両借りたいが、袈裟文庫を抵当に置くから十両貸してくんなさませ」
敵討札所の霊験 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
嬰兒みますから、うでも、彼女にはるものの一口はせたうござんすから。」——で、さしあたり仕立ものなどのはないから
十六夜 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
『これから大阪までいても、何處ぞへ泊らんなりまへんよつてな。……大阪からへはしいよつて、もうようにまへんがな。』
東光院 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)
美「なにのお父さんと心安い人なんで、四五私を呼んでくれた人ですが、のお母さんと近付に成りたいって来てえるんですよ」
松と藤芸妓の替紋 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
「旦那、ゃあ催眠術が大嫌いなんだから、もうお止しなさい。何だか人のかけられるのを見てさえ、頭が変になるんです。」
幇間 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
ところが、わたしの肚の中では依然として、妻がを苦しめるという憤怒の念と、彼女の上を案じる胸騒ぎとが、相争っているのでした。
森「お前さんは大変な事をやって、驚きましたねえ、アまご/\しているんだ、お前さんは藤原のお内儀さんの口を引裂いて殺しましたかえ」
業平文治漂流奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
宋朝管領梁中書北京ニアリテ、民ヲ毒シ、ヲ用イシテ富財ヲスルコト多年。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「大分、お前、話、分るな」とおだてると、「さうか、そない、分るか。おつさん、、弁護士になろかしらん」
初代桂春団治研究 (新字旧仮名) / 正岡容(著)
は学問をする気はない。」と余は遂に断言した。これは極端な答であったかも知れぬがこう答えるより外に途がないほどその時の居士の詰問は鋭かった。
子規居士と余 (新字新仮名) / 高浜虚子(著)
一妓社のに入りて立かへり石の水盤たる水をひしはりしならん。
へお島をと住わしておこうと云う相談も出たが、精米所の補助を受けて、かつかつ遣っている浜屋の生計向では、それも出来ない相談であった。
あらくれ (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
がその顔の色と、えた様子とてはなかったそうでございましてな。……お社前の火事見物が、一雪崩になってりました。
眉かくしの霊 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
多「久八さん少し用が有りやすから、誠にお気の毒だが何うか一足お先へ往っておくんなせえな、から出かけやす」
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
「わたし何だか急に来て見たくなつて、脱出して来たの。まさかこんなに遠い処とは思はないでせう、来てみて驚いてしまつたわ。」
或売笑婦の話 (新字旧仮名) / 徳田秋声(著)
三毛子は嬉しそうに「あら御師匠さんが呼んでいらっしゃるから、し帰るわ、よくって?」わるいと云ったって仕方がない。
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
かて、知りまへんがな、……こんなとこ。……』
東光院 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)
商「エーイ主人がね此方えようとすう、て此方けようとする時にがりまして、主人の頭との頭とかりました処が、石頭かった事、アハアてえや」
業平文治漂流奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
こないだの夕方、ホラお富婆さんなあ、あの人が三の門の前に立ってると、お前許の旦那様と奥様が懐古園の方から手を引かれて降りて来たと言うよ。だ。
旧主人 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
八重「半治はん誠にほいよう、ほれじゃアまねえよ、此家ているに、ほがほんなをひてや親分まねえよ、小兼はんにになってれってえ、ほれじゃア可愛ほうだアへえ」
多「おさん、何うぞ御免なすって下せいまし、仮令書いたものがありやしても知りやせん、お作と私通アした覚えは何処までもがんせん、又おえいに離縁状を出すことは出来やせん」
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
損「其方も困るだろうが私も困らアね、引続いて長い間めて置き、蒲団はし料銭は少しも払わず、うにもうにも仕方がないから、ア蒲団を持ってきますよ」
『それだつてなす、毎日悪い事許りして千早先生に御迷惑かける様なんだハンテ、よくお聞き申して置いて、後でもよツく吩付けて置くべと思つてす。』
足跡 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
しゃ、よんべも食いましたがナァ」
あまり者 (新字新仮名) / 徳永直(著)
聞いたところが、今こそ斯様零落れているが、昔は侍の娘だと云って大変していやした、り気の毒だから、ア別に百文気張って来ました
後の業平文治 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
「……お前さんが来て呉れたんか。……お、お、お……これでッしらも助かろうわい。お、お、お……」
武装せる市街 (新字新仮名) / 黒島伝治(著)
逡巡してゐずにちやんはのやうにりました、らうとしたに、『あれッ、うしたんだらう、いこと』とふのをきました。
愛ちやんの夢物語 (旧字旧仮名) / ルイス・キャロル(著)
うらはれし幼兒の、るに、われもとてかざりしに、くて、ばかりのにも眩暈するに、荒波としならばとにかくも、さんこと
婦人十一題 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
と懐剣ひきぬき自害の模様になるを、下郎はりして止めると、そんならの望み叶えてたもるか、さアそれは……叶わぬならば此の儘
伴「こんな所へ着けて何方へ入らっしゃるのですえ、も御一緒に参りましょう」