“うち”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ウチ
語句割合
33.9%
24.8%
9.6%
7.9%
4.6%
1.9%
自宅1.8%
1.7%
自家1.6%
1.5%
吾家1.1%
家内0.8%
0.6%
良人0.5%
我家0.5%
0.5%
0.4%
0.4%
実家0.4%
0.3%
内部0.3%
家庭0.3%
生家0.2%
在宅0.2%
0.2%
主人0.1%
0.1%
此家0.1%
家族0.1%
宿0.1%
0.1%
0.1%
私宅0.1%
当家0.1%
0.1%
住居0.1%
室内0.1%
家屋0.1%
0.1%
屋内0.1%
故家0.1%
此方0.1%
0.1%
0.1%
内裏0.0%
吾夫0.0%
宇智0.0%
待合0.0%
我夫0.0%
楼内0.0%
青楼0.0%
亭主0.0%
当寺0.0%
拙宅0.0%
故郷0.0%
鴻池家0.0%
中村屋0.0%
吾寺0.0%
幕内0.0%
旗亭0.0%
主家0.0%
武男0.0%
私許0.0%
置屋0.0%
銀行0.0%
九女八0.0%
仲間中0.0%
住家0.0%
借家0.0%
内側0.0%
内外0.0%
内容0.0%
0.0%
0.0%
国内0.0%
在家0.0%
在宿0.0%
妾宅0.0%
婚家0.0%
宝塚0.0%
家中0.0%
家宅0.0%
家政0.0%
家眷0.0%
家裡0.0%
宿所0.0%
居宅0.0%
居酒屋0.0%
0.0%
当宅0.0%
我等宅0.0%
戸内0.0%
所天0.0%
打撃0.0%
0.0%
0.0%
故国0.0%
旅籠0.0%
旅館0.0%
旧家0.0%
0.0%
本家0.0%
本社0.0%
柳営0.0%
此船0.0%
浜中屋0.0%
漁屋0.0%
父親0.0%
私家0.0%
笑の王国0.0%
自校0.0%
興行0.0%
0.0%
良人宅0.0%
芸妓屋0.0%
衷心0.0%
裏家0.0%
0.0%
0.0%
貸家0.0%
車内0.0%
轟家0.0%
道場0.0%
0.0%
院内0.0%
雨地0.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
富豪といふものは、自分のに転がつてゐる一つでも他家には無いものだと思ふと、それで大抵の病気はるものなのだ。
青磁の皿 (新字旧仮名) / 薄田泣菫(著)
宗俊の語のにあるものは懇請の情ばかりではない、お坊主と云う階級があらゆる大名に対して持っている、威嚇の意もっている。
煙管 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
むっとった待合のへ、コツコツと——やはり泥になった——い靴のを刻んで入った時、ふとその目覚しい処を見たのである。
売色鴨南蛮 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
どの余計なことだけれど、お前さんを見かけたから、つい其処だし、彼処の人だったら、ちょいと心づけてこうと思ってさ。
春昼 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「そう自任していちゃ困る。実は君の御母さんが、家の婆さんに頼んで、君を僕のへ置いてくれまいかという相談があるんですよ」
それから (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
ければよりれけるに四郎右衞門今は堪忍成難しと思へども其身病勞て居るゆゑ何共詮方なく無念を堪へ寥々とこそ歸りけれ
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
自宅にいると皮肉やで毒舌で、朝から晩まで女房に口小言をいっている藤木さんも、アンポンタンには馴染深い面白い大人だった。
念を押して、買って与えたが、半里と歩かないに、それもぼりぼり食べ終ってしまい、ややともすると、なにか物欲しそうな顔をする。
宮本武蔵:06 空の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「お母さん、自家のことは好いが、彼の山には鬼婆が出ると云いますから、日が暮れたなら、泊って来るが宜しゅうございますよ」
白い花赤い茎 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
主婦の黒い髪や黒い眼のには、幾年の昔に消えた春のしき歴史があるのだろう。あなたは仏蘭西語を話しますかと聞いた。
永日小品 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
山ではなく吾家の食卓で、山の弁当を開くのは、ちよつと趣きがあるぜ——電灯を消さうか、そして、蝋燭をともさうか、そして
断唱 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
アまア家内の勝手も知んなくなったくれえだね、うかまアそんなことを云わずに、どうかおがいてくれねえば困りますから
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
百歳はその晩、警察で制服を和服に着換へて女のに行った。女達は暴風雨の来る前の不安で、何かしら慌だしい気分になって居た。
奥間巡査 (新字旧仮名) / 池宮城積宝(著)
「どうしてそんなに急に帰ることになったのです。実はそのことで、良人は今夜桐沢さんのところへ行っているのですが……。」
深見夫人の死 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
なう、悪く取つてくれては困るよ、あれを嫁に遣るから、それで我家とお前との縁を切つて了ふと云ふのではない、可いかい。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
基督の信は、常にに神を見、神の声をけるより来たり、ポーロの信は、其のダマスコ途上驚絶の天光に接したるよりき出でたり。
予が見神の実験 (新字旧仮名) / 綱島梁川(著)
幕府大筒役として千石をむ井上外記正継は、同役稲富喜太夫直堅(六百五十石)と、五貫目玉五十丁の事から争いを構え
江戸の火術 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)
むかし小野浅之丞といふ少年があつた。隣家の猫が度々大事なを盗むので、ある日築山のかげで、吹矢で猫をにした。
Nは、いつか僕の実家に滞在するよりは反つて、キヤンプの方が自分にとつては便利だなどと云つたことがあるが、此処は、これでも靴を
山を越えて (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
「もうえ加減に、鎧みたいなもん着るのん止めときなはれ。拝むさかい、あんな暑くるしいもん着んといて。」
わが町 (新字新仮名) / 織田作之助(著)
また他の能力をかへりみることなしとみゆ、知るべし、我等の内部に燃ゆる魂、一のみならじと思ふは即ち誤りなることを 四—六
神曲:02 浄火 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
女房ももち、養女も貰い、金のまわりが楽になると、露八はほとんど、家庭にはいなかった。道楽のうちでしないのは博奕だけであった。
松のや露八 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
日ぐれまぐれをって舟町の生家の背戸の方へ、まるでコソ泥のように、びくびくもので忍び寄ったわけさ。
雪之丞変化 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)
秋「此処かの、……在宅か、此処かの、婆はいないか」
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
真綿帽子を脱いでの内に入る地主の後に随いて、私も凍えた身体を暖めに行った。「六俵の二斗五升取りですか」
千曲川のスケッチ (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
そして「主人がこまめにやってくれまっさかいな」と言い、これは柳吉のことをめたつもりだった。
夫婦善哉 (新字新仮名) / 織田作之助(著)
は參會があつて淺草へ出掛けるし、私は定吉と明神樣へお詣りに行くから、その間に來て、よくお駒と話して見ては何う? お駒だつて、父親の言ふ事や
此家では賓客つたと見えまして、主人片付けさせて指図してりますところへ、からけますから、主
何でも、「今から森の中にいる家族の者に逢いに行く。」といって聞かないのだそうだ。「森の中に、あの子の家があるのか?」と聞くと、「あるもんですか。」とミタイエレが言う。
光と風と夢 (新字新仮名) / 中島敦(著)
するとその翌朝になって帳場のそばの溜まりで、ガルソンから、けさ一人の支那人が宿から程遠からぬ所を流れている黄浦江の河岸に惨殺されていた、と云う話を聞かされたのです。
象牙の牌 (新字新仮名) / 渡辺温(著)
の者がうちの食べものを知らないでは困るからというので食べさせたら、非常に喜んだけれども、もう九十人になると、宅へ来た時のように、いろいろ名乗るわけにもゆかないので
私の小売商道 (新字新仮名) / 相馬愛蔵(著)
「あ、因業佐野喜の親爺か、この春の火事で、女を三人も燒き殺しただ。下手人が多過ぎて困るんだらう」
私宅だって金庫を備えつけて置くほどの酒屋じゃアなし、ハッハッハッハッハッハッ。取られる時になりゃ私のだって同じだ。大井は済んだとして、の二軒は誰が行くになっています
酒中日記 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
「そのな、焼蛤は、今も町はずれの葦簀張なんぞでいたします。やっぱり松毬で焼きませぬと美味うござりませんで、当家では蒸したのを差上げます、味淋入れて味美う蒸します。」
歌行灯 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
こゝに扶桑第一の富士をいだせり、そのさま雪の一握りをが如し。人々手を、奇なりとび妙なりと称讃す。千応接するにあらず。
地味な気性でも若い芸妓である、雛妓のうちから顔馴染の多い土地で住居をもったから、訪ねてくるものもある。
はまだないのかえ、と障子からをかけて、さまずつとへば、室内なる讀書かされて、ひがけぬやうなをかしう、さまふてへり。
われから (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
と考へ夫々趣向をいたし、一々口分にして番号札け、ちやんとへ、何商法でもお好次第世辞があるといふに準備が出来た、で開店するといふのだが、うも家屋構造かしい
世辞屋 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
彼は、卑怯な第四号機の後から、機関砲をつるべにうちかけた。
昭和遊撃隊 (新字新仮名) / 平田晋策(著)
あるいは「東洋の紐育」もしくは「東洋の桑港」——こう呼ばれている上海も、昔ながらの支那街としての県城城内へ足を入れれば、腐敗と臭気と汚穢とが、道路にも屋内にも充ち満ちていて
沙漠の古都 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
その間僕は下宿をしたり、故家にいたり、あちらこちらに宿をかえていた。僕が大学を出たのは明治二十六年だ。元来大学の文科出の連中にも時期によってだいぶ変わっている。
僕の昔 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
植村さまも好いお方であつたものをとお倉の言へば、何があの色の黒い無骨らしきお方、学問はゑらからうともどうで此方のお嬢さまがにはならぬ、根つから私は褒めませぬとお三の力めば
うつせみ (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
食事は美味かった。なんて他愛のないことだろう。その晩、私は気が晴々して、気分も好く、若やいでいた。そして、その晩を知事ので過ごした。私は機知に富む男だと讃められた。
狂人日記 (新字新仮名) / ギ・ド・モーパッサン(著)
「昼間、内裏などに入らっしゃるようなお積りで、此処にだって入らっしゃれませんか?」と半ば常談のように言い足した。
ほととぎす (新字新仮名) / 堀辰雄(著)
「ところが、青山さん、吾夫の言い草がいいじゃありませんか。おそく夜道を帰って来るところが、おれの俳諧ですとさ。」
夜明け前:04 第二部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
しかし、以後の大和の宇智郡や南葛城地方には、しばしば、えたいの知れない郷軍の活躍が目だって来ている。
私本太平記:07 千早帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「じゃやっぱり彼家にしよう。……僕もあんまり行かない待合だがお宮を初めて呼んだ待合だから」
うつり香 (新字新仮名) / 近松秋江(著)
筋の違つた腹立をついむら/\としたのみなれば、妾は我夫のするばかりを見て居る訳には行かず、殊更少し訳あつて妾がとか為てやらねば此胸の済まぬ仕誼もあり
五重塔 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
その顔はかねて仲の悪い楼内の花子という花魁そのままで、可愛らしいような憎らしいような、どうしても憎らしい女で、平田が故郷へ帰ッたのはこの娘と婚礼するためであッたことも知れて来た。
今戸心中 (新字新仮名) / 広津柳浪(著)
もうこの世界でも起きている青楼はないらしい。ばったりと絃歌もやんでしまった。丑満の告げはさっき鳴ったように思う。一同が引揚げてからでもやや一余りは経つ……
宮本武蔵:05 風の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「ええ、もう沢山で御座います。十両の金は我々に取っては大変な物で御座いますよ。早速亭主の野郎に見せて腰を抜かさして遣ります」と嬶さんは急いで小判をい出した。
悪因縁の怨 (新字新仮名) / 江見水蔭(著)
「そうしてなあ良助さん。そのお島どんがなあ……御存じかも知れんが、当寺の本堂の……ホラ……あすこの裏手に住んでおりまする非人の処へイツモ立寄って行きましたそうで……これは寺男の話で御座いまするが……」
御新造様、は余計な事を申すようでございますが、岡野太夫様なぞは、以前は殿様/\と申上げたお方だが、拙宅へお手紙で無心をなさるとは、どのくらいの御苦労か知れません
霧陰伊香保湯煙 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
「私は、今、漢江の神女となっていますから、故郷へ帰ることはすくないのですが、鴉の使いが二度も来て、あなたの御心切を知らしてくれましたから、お眼にかかりに来たのです」
竹青 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
「あの皿はの物とそつくり同じやつた。同じ青磁の皿が世間に二つあるやうでは、鴻池家の顔に関はるよつてな。」
「そうですね。中村屋へ来て一年になりますが、喧嘩を、そういえば見たことがありませんね。」
私の小売商道 (新字新仮名) / 相馬愛蔵(著)
「お前、来てどうだい、中村屋と外でちがったところはお辞儀をしないだけか。」
私の小売商道 (新字新仮名) / 相馬愛蔵(著)
『へえ、吾寺の前まで? 酔つて居ても娘のことは忘れないんでせうねえ——まあ、それが親子の情ですから。』
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
吾寺の和尚さんも彼年齢に成つて、だ今度のやうなことが有るといふは、全く病気なんですよ。病気ででも無くて、奈何して其様な心地に成るもんですか。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
急に幕内へ入って母に向いあのラマは私共が宿を貸さなかったのを怒って悪い兕法を唱えて我らを殺すか病気にするような行いをして居る。
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)
そのテントについてぜひここに泊めてくれと頼んだところが、この通り幕内には五人も居って入る所がないという始末
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)
「先生、よほどここの旗亭がお気に召しましたね」
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
もう一トぎして、水っ旗亭まで行こうや
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
慣々しく私のへ来て、鍋のけてある水中を覗いて見たり、土塀から垂下っていた柿の枝振を眺めたり、その葉裏から秋の光を見上げたりして、何でもない主家周囲
旧主人 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
「十一時半。主家じゃもう十時になれば寝るんだよ。さあ、さっさと御帰りよ」
旧主人 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
お千鶴さんの兄さんが外務大臣で、先方へ乗り込んで講和の談判をなさるでしょう、それから武男が艦隊の司令長官で、何十という軍艦を向こうの港にならべてね……
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
……武男にいろいろするのが、おかあさまのお気に入らないには困るわ! それで、いつでも此家ではおかあさまが女皇陛下だからおれよりもたれよりもおかあさまを一番大事にするンだッて
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
の同商売にはそんなことはえようだが、中のを、こうやって引受けてる、私許ばかりだからじゃあねえか。
註文帳 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
私許へ預って、取りに来てせたものが、鏡台の上にあるは、いかがでござい。
註文帳 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
勝手口に近い隣の置屋では多勢の売女が年の瀬に押し迫った今宵一夜を世をてばちに大声をあげて
うつり香 (新字新仮名) / 近松秋江(著)
そういってお宮のいる置屋からつい近所の待合に入った。
うつり香 (新字新仮名) / 近松秋江(著)
銀行にいるならいるでその方法を講じ度いと思うしね、他なら他で丁度婦人記者を探してるところがあるから、何ァに給料のことは心配せんでも、その点は私が保証してさしあげますよ。
罠を跳び越える女 (新字新仮名) / 矢田津世子(著)
「そうだよ。つまり、その、あんたの腕が禍いしたんだな。銀行の人達ァあんたの料理じゃ気に喰わん、とこういうのだよ。他に伝染しないうちに、あんたを追放しようとするんだね。ハハハハ……」
罠を跳び越える女 (新字新仮名) / 矢田津世子(著)
ねえ、お前さん、この雨の工合は、九女八の芸のような——地震加藤とか光秀をやる時の——底光りがしてるじゃねえか。
市川九女八 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
和女殿御は、それ、其處胸元におにゃってぢゃ。パリスどのもぢゃ。さゝ、尼御達仲間中へ、うで和女れておかう。あれ、夜番るわ、委細で/\。
「なアに、これから僕の住家まで行つて、明方まで飲むんだ。」
露路の友 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
「ウム。いろんなことを執固く聞いては、それを焼き焼きしたねえ。それでもあの年三月を持って、半歳ばかりそうであった、が秋になって、蒲生さんの借家に行った時分から止んだねえ」
雪の日 (新字新仮名) / 近松秋江(著)
見ると板戸は閉切ってあるものの内側から心張がかかっている様子がまんざら無人とは思われない。
川の空をちりちりと銀のをつかうように、二声ほど千鳥が鳴いたあとは、三味線の声さえ聞えず戸外内外もしんとなった。
老年 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
聞けよ。かりそめにも、過って、この書状の内容
私本太平記:02 婆娑羅帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
写真機ばもつて行たツ、わしどんば、みんないてくるツてツたい……。
牛山ホテル(五場) (新字旧仮名) / 岸田国士(著)
「煩いよ、算術みたいなことを云ふな。何と云つたつて病はされ方が貴様とは違ふ。けに俺は貴様のやうな、あんな、柄の長い……」
鶴がゐた家 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
……しかしそれとて条件があって、国内は四民に不満なく、国外外国侵逼なく、五穀実り、天候静穏、礼楽ことごとく調うような、理想的政治を行なうなれば、預けまかせておいてもよかろう。
前記天満焼 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
「たっ、た、大変だ、大変だ! おっ、親分在宿かえ。」
従って町の雰囲気も違って来た——お麻さんが選んだ妾宅は、朝々年寄った小役員でも出てゆきそうな家だった。母親は台所のためによばれていったので藤木さんの不服は一方ならずであった。
「妾はお葬式にも行けなかったが。……それもこれも婚家の事情で。……旦那様のご病気のために。……それで菊弥や、妾の所へ来たのだねえ」
鸚鵡蔵代首伝説 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
「この人は文学少年時代なか/\宝塚のフアンでね」
大正東京錦絵 (新字旧仮名) / 正岡容(著)
お母様が家中に置いておくと教育上悪いからというので、私に預けておかれたものですが、最早明日からは貴方が一軒の御家庭の主人公になられるとりましたから、御返却しに参りました。
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
ってというので、音助に言付け万事出立の用意が整いましたから立たせて遣り、く五日目に羽生村へ致しましたが、聞けば家宅空屋に成ってしまい
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
しいヒステレーで気が変になって東京在の田舎の実家へ引っ込んでいる隠居の添合いが、家政を切り廻している時分には、まだ相模の南の方から来て間もないほどの召使いであった。
(新字新仮名) / 徳田秋声(著)
『省吾さん。』と丑松は少年の横顔を熟視り乍ら、『君はねえ、家眷の人の中で誰が一番好きなんですか——父さんですか、母さんですか。』
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
大層大きな荷物で重うござりましょうというような話でじきに家裡に通してくれたです。
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)
それを十日も経たない内にもう使用ッちまって、またくれろサ。宿所ならこだわりを附けてやるんだけれども……
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
最後に和尚は、早くの下へを生やして、地面を買って居宅を御建てなさいと勧めた。余は地面を買って居宅を建て得る身分なら何も君の所に厄介になっちゃいないと答えたかった。
思い出す事など (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
もう鎮守様の近くよ、彼処まで行くと、居酒屋の灯が見へるわよ。彼処まで行つて、若し三人が歩けなくなれば、彼処からならあたしがお父さん! と大きな声で呼びさへすれば、父さんが馬車を
歌へる日まで (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
男の居るへ行って頼めばよいのに女ばかり居る所へ来て押し付けに泊ろうとはもっての外だ。行かないか。
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)
あんまり見瘻らしい処へ通いますから、家柄にも拘わると思いまして、それほど気に入ったなら、当宅へ引取って召使ってはどうかと勧めましたけれども、安島は、そんな事はない。
山羊髯編輯長 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
ねエ、あなた、千々岩さんが我等宅に出入りするようなことはありますまいね
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
という声が戸内から聞こえる。
一兵卒 (新字新仮名) / 田山花袋(著)
所天に云うのもだから黙っております
藍微塵の衣服 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
わがために短かつたあの春は嵐のりに、暗い氷雨打撃
展望 (旧字旧仮名) / 福士幸次郎(著)
このうたにて人々めでたし/\ときやうじ、手などていさみよろこび、ふたゝびをめぐらしけり。
是故に凡て我が此言を聴きて之を行う者はの上に家を建し智人に譬えられん、雨降り、大水出で、風吹きて其家をたれども倒れざりき、そは磐をその基礎と為したれば也
「めっぽう寒いじゃねエか。故国にいりや、葱鮪で一てえとこだ。、てめえアまたいい物引っかけていやがるじゃねえか」
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
「さてさて。とんだ旅籠へ泊りあわせたものだて」
宮本武蔵:06 空の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
昼食前に舟の用意をして、すぐ前の渚にそれを繋いだ。そして昼食を済した時温泉場から婢が来た。それは青年の滞在している旅館の女中で、二つの褞袍の大きい包を届けたのであった。
湖水と彼等 (新字新仮名) / 豊島与志雄(著)
「あ、赤坂の旧家じゃない。」
遠藤(岩野)清子 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
今度ると、ボズさんがない。昨年田之浦本家つてなつたとのである。
都の友へ、B生より (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
本社の戸田と三田村がきょうの警視庁詰でね。
一ツ橋、清水の三卿、保科、桑名の親藩輩が、結託してわしを陥穽したが、冬次郎めも一味だな! ……柳営民間と呼応して、今日の計画にしおったのだな!
血煙天明陣 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
何も船長を悪く云うんじゃねえんでがす。此船船長と来た日にゃ海の上の神様なんで、万に一つも間違いがあろうたあ思わねえんでがすが、るのはあの小僧でがす。
難船小僧 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
上野の戦争の後、浜中屋のおっ母さんだの、芙雀だの、団十郎だのと、一緒くたに逃げて来て、ずるずるべったりに静岡で暮らしているんです
松のや露八 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
樽野は鴎丸の漁屋で、雨の日には夫々天に向つて舌を鳴らしながら酒宴を催しに集つて来る老若の、七郎丸、大々丸、鱗丸、三郎兵衛丸、潮吹丸、づくにゆう丸、鯖子丸、般若丸、サイトウ丸
円卓子での話 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
父親ではあの通り休んでおりますから、神田の平次親分でも頼んで来ましょうか」
「私、お蕎麦は食べたくない。私家までいらっしゃいよ」
松のや露八 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「新婚」のアチャラカ振りは益々甚しい、袖で見てた、生駒のとこの山原老人が「笑の王国でも近頃此んなのはござんせん」
「君が行きたくないということは、実に惜しいことだ。他にも候補者はいるけれど、自校では四年から一高か三高へ大丈夫はいれるのは君ぐらいだからな」
青春の逆説 (新字新仮名) / 織田作之助(著)
お蔦 どこへ飛んで行くか知れない体だけれど、楽しみにして角力が興行にきたら番付に気をつけてみるよ。あ、取り的さんの名は、まだ聞かなかったっけねえ。
一本刀土俵入 二幕五場 (新字新仮名) / 長谷川伸(著)
その人のに泊り込んで、私は此寺に仮入学をしたいがどういう手続にすればよいかと尋ねますと、いろいろ教えてくれました。
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)
まさしく良人宅に置きたるわが箪笥! 長持ち! 鏡台!
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
この裏家から高褄をとって、切火をかけられて出てゆく芸妓姿はうけとれなかったが、毎日細二子位な木綿ものを着て、以前の抱えられた芸妓屋へゆき
世のに駆けめぐる人は目のみを鋭く働かしめて耳を用いざるものなり。衷心騒がしき時いかで外界の物音を聞き得ん。
わかれ (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
この裏家から高褄をとって、切火をかけられて出てゆく芸妓姿はうけとれなかったが、毎日細二子位な木綿ものを着て、以前の抱えられた芸妓屋へゆき
それから裾を引きずる緋のかけを纒うた尼さんの衣をかな眞紅に燃え立たせた。
崖の下 (旧字旧仮名) / 嘉村礒多(著)
若い未亡人達が博士のを訪ねて来る事もあれば、また博士の方から、出掛けてく事もあつた。
そうしながら心は種々に迷うた。何うせ他へ行かねばならぬのだから家を持とうかと思って探しにも行った。出歩きながら眼に着く貸家には入っても見た。
別れたる妻に送る手紙 (新字新仮名) / 近松秋江(著)
次第くなつたので外面模樣陰鬱になるばかり、車内退屈すばかり眞鶴巡査がとう/\
湯ヶ原ゆき (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
轟家の財産だって、もうイクラも残ってやしないし……貴方も相当に貯め込んでいらっしゃるにしても遊びが烈しいからタカが知れてるわ
二重心臓 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
そこらに、ゴロゴロころがっている、河岸のまぐろの生きの悪いような先生方を、もう一度、息を吹っ返させてやったらどんなものだね——それでもみんな道場へかえりゃあ、先生だろうから。
雪之丞変化 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)
「変だな。出物だと申したが、地金が匂う。まだ金いろも生新しいのみか、は上手だが、片切のまずさ」
野槌の百 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「いや。ジフテリ程度の注射なら耳鼻科医でなくとも院内っております」
少女地獄 (新字新仮名) / 夢野久作(著)