崖の下がけのした
二月の中旬、圭一郎と千登世とは、それは思ひもそめぬ些細な突發的な出來事から、間借してゐる森川町新坂上の煎餅屋の二階を、どうしても見棄てねばならぬ羽目に陷つた。が、裏の物干臺の上に枝を張つてゐる隣家の庭の木蓮の堅い蕾は稍色づきかけても、彼等の …
作品に特徴的な語句
みな かゞま まのあたり 瀟洒ざつぱり しやが のが 必定ひつじやう 敏捷はしこ そら 阿諛へつら そら くね くゆら 萎縮いぢ そゝ かま 屹立そばだ あざや にはか 仲違なかたがへ 強請せが なだ 片端かたは 非難せめ 如何どう しを 鳶職とびしよく 悉皆すつかり あわたゞ 憔悴やつれ 懊惱あうのう いたづ うち 斑猫ぶちねこ ひろ 嬰兒えいじ 暇乞いとまごひ 奈何どう おくび さをさ くは こは 吝嗇りんしよく またゝ 馘首くわくしゆ むつまじ さも したゝ 佇立たちどま 凭掛よりかゝ 凝乎ぢつ にはか こひねが いや うづ ほつ 狼狽あわ ひゞ たけ やゝ 意嚮いかう はゞか やす なじ 眼窩がんくわ 眩暉めまひ 目論もくろん 折檻せつかん 捩込ねぢこ あはせ しな 縱令よし 蔦葛つたかづら 泣顏べそ 氣臆きおくれ ほぞ 温暖あたゝか しひ 一剋いつこく すぢ 枇杷びは 漂渺へうべう そばだ 藍色あゐいろ 玻璃ガラス 狹隘せゝつこま ころも 時雨しぐ 羸弱ひよわ 無慘むごたら あふ 繁叩しばたゝ たゞ