“徒”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
いたず35.8%
いたずら20.5%
いたづ11.1%
7.5%
いたづら6.8%
かち2.8%
あだ2.6%
てあい2.1%
やから2.0%
ともがら1.3%
ただ1.1%
たゞ0.7%
むだ0.5%
であい0.5%
とも0.5%
いた0.3%
うつ0.3%
0.3%
てあひ0.3%
でし0.3%
イタヅ0.3%
いらずら0.2%
0.2%
したが0.2%
0.2%
だだ0.2%
てええ0.2%
てやい0.2%
でえ0.2%
でやい0.2%
ほん0.2%
カチ0.2%
タダ0.2%
0.2%
トモガラ0.2%
弟子0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
先生は各人が自分の個性を伸ばしてゆくことを望まれて、らに先生の真似をするが如きことはって苦々しく感じられたであろう。
西田先生のことども (新字新仮名) / 三木清(著)
ろくに親切とかサービスとか良心も知らずにゼネストばやりの世相に比べれば飲み屋の良心の復活は、まだしも見どころがある。
ちかごろの酒の話 (新字旧仮名) / 坂口安吾(著)
馬琴を論ずるもの、らに勧善懲悪を以て彼を責むるを知つて、彼の哲学的観念の酬報説に論入せざる、評家の為に惜まざるを得ず。
猟奇のよ、卿等は余りに猟奇者であり過ぎてはならない。この物語こそよきである。猟奇の如何ばかり恐ろしきものであるか。
猟奇の果 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
しかし、敵はこちらを余りに弱いものと見くびつて、油断をしてゐたので、はじめの程の砲撃はに魚を驚かしたに過ぎなかつた。
怪艦ウルフ号 (新字旧仮名) / 宮原晃一郎(著)
なるも車なるも燭をりたるに、窓のうちに坐したる人さへ火持たぬはあらねば、この美しき夜は地にも星ある如くなり。
蔭ながら誓ったこともとなり、薬も満足に与えられぬ貧苦の中で、衰え果てたままそなたは死んだ、——そして今日になって、出世の緒口、そなた亡き今となって
おもかげ抄 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
そうでないと、あれでも御国のためには、生命まないだから、どんなことをしようも知れない。よく思案して請取るんだ、か。
海城発電 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
枯れかかると直ぐに刈り取って風呂の下に投げ込むようなはともに語るに足らない。しかも商売人の植木屋とて油断はならない。
我家の園芸 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
我答へて彼に曰ひけるは、かれら逐はれしかども前にも後にも四方より歸れり、されど汝のは善くこのを習はざりき 四九—五一
神曲:01 地獄 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
して初めより、如何あらんと疑弐する日に出でゝ、興趣を感ずべき筈なし、に時間と金銭を費すに過ぎず。
研堂釣規 (新字旧仮名) / 石井研堂(著)
〔譯〕果斷は、より來るもの有り。より來るもの有り。より來るもの有り。義と智とをせて來るもの有り、なり。のみなるはし。
一寸奥の六畳へ行って徳に逢ってやっておくれ、徳が今日はお白粉けて待っていたのだから、お前に逢わないと粧けたお白粉がになってしまう
植木屋も誘われて、残らずどやどや駆けて出る。私はとぼんとして、一人、離島に残された気がしたんです。
半島一奇抄 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
幸に江湖の識者来つて、吾人に教へよ、吾人をして通津を言ふの人たらしむるれ。吾人は漁郎を求めつゝあり、吾人をして空言とならしむる勿れ。天下誰れか隣人を愛するを願はざる者あらむ。
「平和」発行之辞 (新字旧仮名) / 北村透谷(著)
なぜむやみにしつこく笑うのか、なぜそんな訳から娘を殺すのか、政岡はなぜ幕をずらになが引かせるのかなど思う事さえある。
めでたき風景 (新字新仮名) / 小出楢重(著)
密奏して曰く、燕王は智慮人に過ぐ、而して其の拠る所の北平は、形勝の地にして、士馬精強に、の由って興るところなり、今しく南昌したもうべし。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
もし此儘で置てはだ後世を誤るりと思ふから聞ひた儘を筆記して、土陽新聞の余白を借り、諸君の一を煩す事にしました
千里駒後日譚 (新字旧仮名) / 川田瑞穂楢崎竜川田雪山(著)
樣子うも、ふびんや、小遣がなかつたらしい。ものするは、懷中如何はらず、うしたさもしい料簡と、から相場づけにめてある。
麦搗 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
百樹曰、唐土にも弘智たる事あり。唐の世の僧義存してのち函中、毎月其これをいだし爪髪たるを剪薙とす。
加フルニ、民ハ疲レ、諸卒ミテ、兵器馬具モ、リ腐リテ、新鋭ノ精ナク、武人、ラニ壮語大言ヲナスモ、田牛行馬ハ痩セ衰ヘテ、コレヲ戦場ニ駆ルモ、何ノ用カスベキ。
新書太閤記:11 第十一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
偐紫楼燈火は春よりも夏よりもにその光の澄み渡るもややめて来た頃であった。
散柳窓夕栄 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
深く、勁く、冷たい水流をち渉る。垂直に近い岩壁を、山人の差し出す細い木の枝などを頼りに、はいあがる。
ある偃松の独白 (新字新仮名) / 中村清太郎(著)
家督に直すわけに參りません、何處かへ嫁にやることになりませう、自分の生んだ娘ですから、女房のお春には、兎角の不服もあることでせうが、世間の義理にははなければなりません
銭形平次捕物控:311 鬼女 (旧字旧仮名) / 野村胡堂(著)
と、五刑が規定されているが、聖武天皇以来、代々の天皇はみな熱心な仏教の帰依者で、仏法尊信のあまり、刑をすこしでも軽くしてやることをこのうえもない功徳だとし
無月物語 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
さて、その長屋門をはひると、い中庭の右側に、長屋のやうに見える六畳ぐらゐの部屋がつほど並んでゐて、その外側に、四つの部屋に共通する、長い広い縁側がついてゐた。
おいらこれから石滝へくから、おあとから取りに来ねえ、夕立はちょいと借りるぜって、そのまま乗出したもんだからね、そこいら中騒いでたに相済みませんを百万だら並べたんで。
黒百合 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
として赤蜻蛉が動かねえとなると、はい、時代違いで、何の気もねえ若いも、さてこの働きにってみれば、記念碑糸塚の因縁さ、よく聞いて知ってるもんだで。
縷紅新草 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
こんの兄哥もそういうし、乗組んだ理右衛門えも、姉さんには内証にしておけ、話すと恐怖がるッていうからよ。
海異記 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
なんてって親方が、串戯にもいったんですが、それでもざっと一年ばかり、彼奴火沙汰がなかったんです。
式部小路 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
此神、天智の御代に、坂本へ影向せられたが、大津の八柳で疲れて、あるきもむつかしくなつた。其で、大津西浦の田中恒世の釣り舟に便乗して、志賀唐崎に着かれた。
愛護若 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
コレニ過ギズ。然ルニ皇制ノ余沢僻隅ニ澆浩シ維新以降漸次ソノ繁昌ヲ得タリ。
上野 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
家郷追放吹雪トワレ、三人ヒシトイ、サダマラズ、ヨロヨロ彷徨衆人蔑視タル、誠実小心含羞、オノレノシサ、ズ、高円寺ウロウロ
創生記 (新字新仮名) / 太宰治(著)
さうして其を逆に、俘虜・新降の、即異神を奉じて、其力を以て、宮廷及び地方的権威者を祝福するものだ、と信じられる様になつたものゝ方が、多かつたのではないかと考へる。
大宅、中学時代賀川豊彦ので、賀川が演壇でワーと沸かして、うちへかえるとそこで展開する生活を対照的に批判することから、露悪的傾向をもって「今日こんな変なもの」になったという話。