“勇”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
いさ48.9%
ゆう29.4%
いさま7.2%
いさむ6.7%
いさみ6.7%
いう1.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
が、お約束をいたします。ましい、船出から、あなたのおりなさるを、氏神にご無事って、おちしています。」
海のまぼろし (新字新仮名) / 小川未明(著)
ちゃんは、それから毎晩のように物干がって、をながめながら、や、少年のことをしていました。
銀のペンセル (新字新仮名) / 小川未明(著)
あの着物に、鉢巻をした山登りの人達が、にさげたをちりん/\らしながら多勢つてるのは、しいものでした。
ふるさと (旧字旧仮名) / 島崎藤村(著)
「ああ、これは、ちゃんもたべていいんですよ。」と、おさんが、おっしゃったので、やっとちゃんのりはけましたが
お母さんはえらいな (新字新仮名) / 小川未明(著)
初めお勢が退塾して家に帰ッた頃「という嗣子があッて見ればお勢は到底嫁に遣らなければならぬが、どうだ文三に配偶せては」
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
大得意船町倉次郎は、して圓石取除くと、最初地面より一尺餘前面て、ぽかりと大穴突拔けた。