“帰”のいろいろな読み方と例文
旧字:
読み方割合
かえ61.4%
けえ12.5%
7.9%
かへ5.2%
2.5%
1.7%
かえり1.5%
1.2%
かへり1.0%
かい0.6%
とつ0.4%
もど0.4%
けへ0.4%
0.4%
0.4%
かえっ0.3%
がえり0.3%
0.1%
けい0.1%
いに0.1%
おく0.1%
おもむ0.1%
かいん0.1%
かえる0.1%
かえん0.1%
かへる0.1%
がへり0.1%
こえ0.1%
へえ0.1%
よりところ0.1%
0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「おやおや、まあ。めずらしい大きなだこと、さぞおいしいでしょう。うちへってって、おじいさんと二人べましょう。」
瓜子姫子 (新字新仮名) / 楠山正雄(著)
何? 親分はもうんなすった、——それは惜しい事をした、大変な証拠が手に入ったんだ。泥棒仲間でし合せた手紙を、千両箱を
然るにこの書籍を積んだ舟が、航海中七月九日に暴風に遭って覆って、抽斎のかつて蒐集した古刊本等の大部分が海若した。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
だ、これをつてるほどなら、がけにつて、這麼ものをへやう。……しやあがつたな! 山猫め、め、野狸め。
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
松魚にしてもこんな生きのいい生き身はありゃしねえやい! 生かしてえせと言うんじゃねえんだ。のめすならのめす、斬るなら斬ってみろい!
母様痛いよ/\父様はまだえらないかえ、ちゃんがつから痛いよ、の無いのは犬の子だってぶつから痛いよ。
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
「おやいいものをいて、この中には何が這入ってるだろう、あけて御覧んなさい。おやいいもんだネー。オヤもうおでございますか。」
初夢 (新字新仮名) / 正岡子規(著)
「そらそうと、時やんは、姐さんを迎えに行くちゅうて、広島にんだが、うまいこと、つれて戻りきるじゃろか?」
花と龍 (新字新仮名) / 火野葦平(著)
お村が虐殺に遭ひしより、七々日にあたる夜半なりき。お春は起出でつ、には寝惚けたる眼の戸惑ひして、血天井の部屋へりにき。
妖怪年代記 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
いつでも出しなに「こいから香櫨園い行きます」いうて、今橋の方い知らしゃはるよって、夫は直きって来る。
(新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
天保二年、抽斎が二十七歳の時、八月六日に長女が生れ、十月二日に妻威能が歿した。年は二十六で、いでから僅に三年目である。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
「おう、って来たか、俺は、お前のことを、どんなに心配していたか判らないぞ、ようって来た」と、漁師は嬉しさに声がれた。
月光の下 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
彼奴が、置去りにして先へりやアがつたが、岩田屋さんは親切だから此方な、贔屓強えからでもねえとしやるので、手曳がねえかられていくと
心眼 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
人程見かけにらない者はありません。これから気をけてると、黒髪も人知れず染め、鏡を朝晩にめ、御召物の華美なのをり、忌言葉は聞いたばかりでな御顔をなさいました。
旧主人 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
ソノ後、海内一ニスルコト三年、又モ獼猴(さる)ノゴトキ者、天下ヲムルコト三十余年、始メテ、大凶変ジテ一ニ帰セム
私本太平記:05 世の辻の帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
再びて来はしないぞ、今日こそ心地だとり心で喜び、後向して颯々足早にかけ出したのは今でも覚えて居る。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
お座敷に、我家から、に持たして出たんですがね。途中でかしたもんだから、押放出してげたんですもの。ヒヤリとしたわよ、真二つ。身上大痛事
日本橋 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
どう考へても、嫁にくべき必用の無いものが、無理に算段をして嫁にかうと為るには、必ず何ぞ事情が無ければ成らない。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
とッととってもいいぞ——これだけではあまり殺風景になりますから、最後には向うにも花を持たせまして——だが、おめえさんだッても途中からりたくはなかろう。
猫八 (新字新仮名) / 岩野泡鳴(著)
「普請方のお役人がよる」
海神に祈る (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
陽貨、孔子を見んと欲す。孔子えず。孔子にる。孔子其の亡きを時として、往きて之を拝す。に遇う。孔子に謂いて曰く、来れ、と言わんと。
論語物語 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
父母の生みなして、死ぬれば、その永く幽界きおるを、人これを祭れば、来たりることと、ありのままに心得おりて、ちにその上を穿鑿でもあるべきものなり
通俗講義 霊魂不滅論 (新字新仮名) / 井上円了(著)
「おなさいまし」
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
鯉七 当国には、板取九頭竜を合せて、日野川の大河。
夜叉ヶ池 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
小腰をめて「ちょいとお湯へ」と云ッてから、ふと何か思い出して、した顔をして周章て、「それから、あの、若し御新造さまがおなすって御膳召上るとッたら、 ...
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
近きに郷友会の秋季大会あらんとて、今日委員会のありしさを彼等は三人打連れて、遊佐が家へ向へるなり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
芝居のキヤツフエ・ド・ラ・レジヤンスは俳優と芝居の客とで一ぱいであつた。ムネ・シユリイは左に梅原を右に僕を坐らせた。前には三人の女、僕の隣にはドリヷルが坐つた。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
もし父親が、こんなに、をこいでってこられたなら、方角もわからないので、どんなにか難儀をなされるだろうと、こうえると、はもはや
ろうそくと貝がら (新字新仮名) / 小川未明(著)
八重「半治はん誠にほいよう、ほれじゃアまねえよ、此家ているに、ほがほんなをひてや親分まねえよ、小兼はんにになってれってえ、ほれじゃア可愛ほうだアへえ」
二に曰く、く三宝を敬へ、三宝はなり、則ち四生、万国の極宗なり。の世何の人かを貴ばざる。人しきものし、く教ふるをもて従ひぬ。
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)
おほくにぬしの命が、出雲の御大の岬に立つて居られた時、り来た神に、侏儒のやうなすくなひこなの神がゐた。そこで協力して、天孫降臨以前の葦原の中つ国を作つたといふ。
古代人の思考の基礎 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)