“帰命頂礼”のいろいろな読み方と例文
旧字:歸命頂禮
読み方割合
きみょうちょうらい57.1%
きみようちようらい28.6%
きみやうてうらい14.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
帰命頂礼ころ明神の兀天窓、光る光る、と追従云うて、あか柄杓へまた一杯、煽るほどに飲むほどに、櫓拍子が乱になって、船はぐらぐら大揺れ小揺れじゃ、こりゃならぬ、賽がらぬ。
草迷宮 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)