草迷宮くさめいきゅう
向うの小沢に蛇が立って、 八幡長者の、おと娘、 よくも立ったり、巧んだり。 手には二本の珠を持ち、 足には黄金の靴を穿き、 ああよべ、こうよべと云いながら、 山くれ野くれ行ったれば…………三浦の大崩壊 …
作品に特徴的な語句
燭台しょくだい いそ 浅葱あさぎ 恰幅かっぷく 眷属けんぞく 海月くらげ 見馴みな 一喝いっかつ 人魂ひとだま 狐狸こり 錦絵にしきえ 韋駄天いだてん 人足ひとあし 懸想けそう 櫛巻くしまき 井桁いげた あさひ 耳許みみもと 孤児みなしご 母娘おやこ あかね 首途かどいで 小倉こくら 掻巻かいまき 惜気おしげ なだ 鉄漿かね 血汐ちしお 蛆虫うじむし ろう 忌憚はばかり 一晩あるばん 度胆どぎも 牡丹餅ぼたもち 大胡坐おおあぐら 蹴出けだ 冥土めいど 御幣ごへい 瑪瑙めのう 一室ひとま まぶた 栄螺さざえ 御仁ごじん 日盛ひざかり 逗子ずし 一足ひとあし 他愛たわい 年寄としより 参籠さんろう 一叢ひとむら 臙脂えんじ 茅葺かやぶき 腕車くるま 海嘯つなみ 母衣ほろ 爪尖つまさ 名告なの 直々じきじき 口吟くちずさ 夥間なかま 根太ねだ 寝覚ねざめ みまわ 棟木むなぎ 注連しめ 片頬かたほ 稚児おさなご ひぐらし あぶみ 碓氷うすい 怨敵おんてき 切尖きっさき 因業いんごう 手甲てっこう 杜若かきつばた 火屋ほや むぐら かつら 冥途めいど 庭前にわさき 行脚あんぎゃ 串戯じょうだん おど 遥々はるばる 起臥おきふし 爪立つまだ いなずま 桐油とうゆ 涅槃ねはん 短夜みじかよ 草鞋穿わらじばき そそ 紺青こんじょう 庚申塚こうしんづか 御名みな 束髪たばねがみ 蒼味あおみ へた 道連みちづれ