草迷宮くさめいきゅう
向うの小沢に蛇が立って、 八幡長者の、おと娘、 よくも立ったり、巧んだり。 手には二本の珠を持ち、 足には黄金の靴を穿き、 ああよべ、こうよべと云いながら、 山くれ野くれ行ったれば…………三浦の大崩壊を、魔所だと云う。 葉山一帯の海岸を屏風 …
作品に特徴的な語句
あたり あに みな うるせ つめと わけ たっか いか あん もおし まし みまわ であい はえ 入交いれま めくるめ さか 点々ぽつぽつ あき あき 放擲ほか こん ばた 出会いであ おっ あこ あじお したたり がえ はさま きわま さんぬ こぼ けた なあに せきばらい 顔色つらつき てこ さわり うつくし てん なつかし まか みっ てあい しりえ おっか くっ 可傷いじら じれ 盗賊ものどり 背負しょっ かたえ せなか にぎ 習慣ならい 雀躍すずめおどり 相談ばなし おっ きまり うわ しめ かけら かば おお ことづけ ある きたね つつしみ しょう あが 少年これ 洋傘こうもりがさ 生暖なまあたたこ のし いか やっ いれ 凸凹でいり さかしま がい 卒業 じじ あい かえ 生白なまちら 立退 最惜いとおし 寿ことぶ 引攫ひきさらわ