“背負”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しょ48.7%
せお18.7%
しよ14.5%
おぶ6.2%
しょい2.8%
おんぶ1.0%
しょっ1.0%
しょわ0.8%
せおひ0.5%
おぶっ0.5%
せおい0.5%
せおう0.5%
せよは0.5%
おぶわ0.3%
しょひ0.3%
しよは0.3%
しよひ0.3%
じょ0.3%
じょい0.3%
せおっ0.3%
せおはせ0.3%
せおわ0.3%
せおを0.3%
せた0.3%
せたら0.3%
せを0.3%
シヨ0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
まず朝勃然起る、弁当を背負わせて学校へる、帰ッて来る、直ちに傍近の私塾へ通わせると言うのだから、あけしい間がない。
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
いで遺跡さぐりにき、貝塚だらけにつてり、掘出したる土器破片背負ひ、うしてつて井戸端ふ。
彼の母がふだん滅多に出入りしない部屋に入つてきますと、Marion は蝶番をはづした大きな窓の扉を自分の背に背負つて
お雪が子供を背負いながら引返して来てみると、机の下に、「お雪さまへ、千代」とした土産が置いてあった。千代とは曾根の名だ。
家:01 (上) (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
その巧妙な暗号により、只管に読者の心を奪って他を顧みるをあらしめず、最後に至ってまんまと背負投を食わす所にある。
「二銭銅貨」を読む (新字新仮名) / 小酒井不木(著)
ですから貴下を背負してあの高い天の御殿などにはもうもいかれませんけれども此儘にして置いては私の役目が果せませんから、一つ貴下が天に御昇りになれる法をお教へ致します。
子良の昇天 (新字旧仮名) / 宮原晃一郎(著)
「京都という所は、いやに寒い所だな」と宗近君は貸浴衣の上に銘仙の丹前を重ねて、床柱の松の木を背負て、傲然箕坐をかいたまま、外をきながら、甲野さんに話しかけた。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
世間は容赦なく彼らに徳義上の罪を背負した。しかし彼ら自身は徳義上の良心に責められる前に、いったん茫然として、彼らの頭がであるかを疑った。
(新字新仮名) / 夏目漱石(著)
背負歩行辨慶がのそ/\と出きたりモシ/\文さん今日は雨降で御互に骨休み久しなれば一べし夫に今さんまの生々としたるを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
この中に人を殺したものは無いから、まず命に別条はあるまい。「むむ、背負てくれがちと怪しいが、「ままよこうか、 ...
活人形 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
したるならねど人々への一つに背負たるひありき、長吉しはりそこねをかしうふかして、信如はゞ小言かんと三四姿せず
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
うで幾代ものみを背負なればはしなければんでもなれぬのであらう、ないとてもれもれとふてくれるはあるまじく
にごりえ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
飛鳥もあとをごすなに候へば、大藤大盡息子きしに野澤桂次了簡くない何處やらの割前背負せてげをつたなど〻斯ふいふがあと/\にらぬやう
ゆく雲 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
お雪は子供を下婢に背負せて置いて、夫の傍へ来た。
家:01 (上) (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
背負繩はいかにきびしく食ひ入ったか
間島パルチザンの歌 (新字旧仮名) / 槙村浩(著)
荷札扱ひにして来た、重さうな旅行鞄を、信吾が手伝つて、頭の禿げた松蔵に背負してる間に、静子は熟々其容子を見てゐた。
鳥影 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
「へエ——十手を出す暇もありやしません。いきなり一本背負に、欄干を越してドブンとやられたには驚きましたよ」
派手なゴルフ服に黒の風呂敷包みを西行背負いにし、マザラン流の古風なる眼鏡を小脇にかかえ大ナイフを腰につるし、女子なる方は乗馬服に登山靴、耳おおいのついた羅紗の防寒帽をかむり
墨染の麻の法衣れ破れなで、鬱金ももう鼠に汚れた布に——すぐ、分ったが、——三味線を一盲目琵琶背負背負っている、漂泊門附であろう。
伯爵の釵 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
その三十俵の米を如何すると云うた所が、いで行かれるものでもなければ、味噌樽を背負て駈けることも出来なかろう。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
御許されなば有難しと餘儀なげに頼むに夫は思付なり明日より左樣いたし心任せに父の在所を尋ぬべしとて翌日より餠を背負て出せしに元より發明なれば屋敷方へ到りても人氣
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
キシニョーフへ出て来て背嚢やら何やらを背負されて、数千の戦友とに出征したが、その中でおれのように志願で行くものは四五人とあるかなし
孤獨よけの花檀か、後見ともいふべきは、大名家老職背負てたちし用人の、何之進形見松野雪三とて三十五六、ゆづりの忠魂みがきそへて
たま襻 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
「——他あやん、うちはその子貰たらお乳母をつけよ思てまんねんぜ。それに他あやん、あんたその子背負ろうて俥ひく気イだっか」
わが町 (新字新仮名) / 織田作之助(著)
蹴ったくそわるいさかい、亭主の顔みイみイ、おっさんどないしてくれまんネいうて、千度泣いたると、亭主も弱り目にたたり目で、とうとう俺を背負うて、親父のとこイ連れて行きよった。
アド・バルーン (新字新仮名) / 織田作之助(著)
で、其処温泉宿だ、とへて、山間つたへ、……背負つてた、びた雑木を、身躰ごとにして、ざつとつてく。
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
ダ・ヴィンチは、入れられぬ故郷の町を後に、自作の画数枚を背負つて雪のアルプスを越え………「今に………!」兄は何時の間にか昂奮してゐた。
耕二のこと (新字旧仮名) / 中原中也(著)