いえ01 (上)01 (じょう)
橋本の家の台所では昼飯の仕度に忙しかった。平素ですら男の奉公人だけでも、大番頭から小僧まで入れて、都合六人のものが口を預けている。そこへ東京からの客がある。家族を合せると、十三人の食う物は作らねばならぬ。三度々々この仕度をするのは、主婦のお …
作品に特徴的な語句
いか おしまい 可憐あどけな はえ わたくし 混雑ひとごみ 背負おぶわ つづ まぎらわ 動揺ごたごた くわ すず 少許ちと おろ はや 容貌おもばせ 彼方あそこ はぐ ことわり 阿爺おと 平常しょっちゅう 尋常あたりまえ 醤油たまり 温和すなお つづら まわり 化粧おつくり くね ばさみ じか うずも 一切ひときり 父親おとっ 周囲そこいら そら なけ こご 微笑えみ ゆす ほっぺた 肉叉ホオク 混雑こんがら ふか つく はず だる 容子しな のん 何処どちら ところ じじ きちがい とぼ ふや むすび あた 恍惚ほれぼれ かか いら 忍耐こらえしょう から けん 引剥ひっぺ たった 動揺ぐらつ 径路みちすじ よぎ ふう はな まず やさし 忌々いめいめ 奈何いかが かたわ かが おまけ 御緩ごゆっくり めあわ 洒落しゃらく 侵入はい 交換とりか うっ つう 引籠ひっこ かけ かぶ 方法やりかた しまい 強飯おこわ 熟視みつめ さま
題名が同じ作品
家:02 (下) (新字新仮名)島崎藤村 (著)
(旧字旧仮名)長谷川時雨 (著)