いえ01 (上)01 (じょう)
橋本の家の台所では昼飯の仕度に忙しかった。平素ですら男の奉公人だけでも、大番頭から小僧まで入れて、都合六人のものが口を預けている。そこへ東京からの客がある。家族を合せると、十三人の食う物は作らねばなら …
作品に特徴的な語句
御機嫌ごきげん 手桶ておけ 気魄きはく 稍々やや 鍛冶屋かじや 美濃みの 長火鉢ながひばち 石垣いしがき 溝板どぶいた 煙草盆たばこぼん 采配さいはい 幾個いくつ 立場たてば 御褒美ごほうび 凋落ちょうらく 物憂ものう 短冊たんざく 胡麻塩ごましお 音沙汰おとさた 律義りちぎ 藁葺わらぶき 膏薬こうやく 蜜蜂みつばち 内輪うちわ 整頓せいとん 発心ほっしん 洗濯せんたく すし 苗字みょうじ 谷間たにあい 人参にんじん とう 冬籠ふゆごもり 透間すきま 遙々はるばる 可懐なつか 栄螺さざえ 尾鰭おひれ 脚気かっけ 思惑おもわく 轟然ごうぜん 仕来しきた 紙屑かみくず 隅田川すみだがわ 花弁はなびら 賜物たまもの 蹉跌つまずき 一歩ひとあし 人物ひと 沓掛くつかけ つと 口唇くちびる 呑込のみこ 海辺かいへん 眺望ながめ 碓氷うすい 手土産てみやげ 畏敬いけい だいだい 隅々すみずみ 手持無沙汰てもちぶさた ほたる 金箔きんぱく 彼是かれこれ 為替がわせ 山茶花さざんか 焦々いらいら 翌年あくるとし 馬丁べっとう てすり 菓子かし 十露盤そろばん 生際はえぎわ ごみ 五歳いつつ 成人しとな 気紛きまぐ 鰹節かつおぶし 石塊いしころ 二歳ふたつ きのこ 沈着おちつ 落魄らくはく 評定ひょうじょう 隣室となり 鳳凰ほうおう 寡婦やもめ 干瓢かんぴょう 沈鬱ちんうつ 煮染にしめ 燕麦からすむぎ 蔓延はびこ 罐詰かんづめ かぶ 襟巻えりまき 他処よそ 干乾ひから 拝跪はみ 持余もてあま
題名が同じ作品
家:02 (下) (新字新仮名)島崎藤村 (著)
(旧字旧仮名)長谷川時雨 (著)