“阿爺”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
おやじ38.1%
おとっ14.3%
おやぢ11.9%
おとっさん4.8%
おとつ4.8%
おとうさん4.8%
おとう4.8%
ちち2.4%
ちゃん2.4%
おとうさま2.4%
あや2.4%
おと2.4%
おとッつぁん2.4%
とうさん2.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
娘も阿爺に対するときは、険相な顔がいとど険相になるように見える。どうしても普通の親子ではない。——自分はこう考えて寝た。
永日小品 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
「大方そんなことだろうッて、阿爺さんもしていましたッけ——阿爺さんが貴方のことを、『父さんも余程兄弟孝行だ』なんて——」
家:02 (下) (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
風間敬之進は、時世の為に置去にされた、老朽な小学教員の一人。丑松や銀之助などの若手に比べると、阿爺にしてもよい程の年頃である。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
「断ったんだとも。この間行った時に、宗近の阿爺に逢って、よく理由は話して来たのさ。——帰ってから御前にも話した通り」
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
お志保、確乎して居てお呉れよ、阿爺さんだつても物の解らない人では無し、お前と私の心地が屈いたら
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
彼は平生一滴も飲まぬが、今日はせめてもの事に阿爺阿母と盃の取りやりをしるしばかりした。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
阿爺さん後生ですから元々通り箪笥に蔵ひ込んで置いて下さい。万一私が沙翁物でもる事があつたら、その折着させて戴きます。何しろ結構な仕立で、何卒樟脳をどつさり入れてね……」
あの、何だかよくは存じませんが、阿爺がね、大臣をしていましたころも、いろいろな頼み事をしていろいろ物を持って来ますの。
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
今年は豆類其他で千円も収入があろうと云うことであった。細君の阿爺遙々讃岐から遊びに来て居る。宮崎君の案内で畑を見る。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
「そう阿爺の悪口をおっしゃらなくってもいいわ。兄さんだって、もう書生じゃないから西洋菓子を食べたって大丈夫ですよ」
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
家慈輿中ヨリコレヲツテ欷歔ス。小弟ニアリ呱呱乳ヲム。余モマタ家慈ニ向ツテ阿爺ユルコトノ日ニアルヤヲ問フ。シカモソノ幽囚ニアルヲ知ラザル也。至レバチ老屋一宇。
下谷叢話 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
この阿爺さんとも言いたいような、親しげな人の顔を眺めて、三吉は意見を聞いてみようとした。
家:01 (上) (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
阿爺だ」と、毎々阿娘の苦情が出る。其等の車が陸続として帰って来る。東京場末の飯屋に寄る者もあるが、多くは車を街道に片寄せて置いて、木蔭で麦やの弁当をつかう。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
国に居た頃でも、私が外から帰って来る、母やは無愛想でしても、女児阿爺、阿爺と歓迎して、帽子をしまったり、れはよくするのです。私もく女児を亡くしてがっかりしてしまいました。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)