永日小品えいじつしょうひん
雑煮を食って、書斎に引き取ると、しばらくして三四人来た。いずれも若い男である。そのうちの一人がフロックを着ている。着なれないせいか、メルトンに対して妙に遠慮する傾きがある。あとのものは皆和服で、かつ不 …
作品に特徴的な語句
薩摩さつま びん 稲妻いなずま 面長おもなが かば 素足すあし 囲炉裏いろり あと 呂律ろれつ トン 午過ひるすぎ 音沙汰おとさた 嗅覚きゅうかく 小倉こくら 藁葺わらぶき くりや 惜気おしげ 布団ふとん わく 繰返くりかえ 雑魚ざこ 唐草からくさ 陳腐ちんぷ 成行なりゆき 余裕ゆとり 海苔のり 緑青ろくしょう 路次ろじ 冬籠ふゆごも 御蔭おかげ 窓硝子まどガラス 天秤棒てんびんぼう 拳骨げんこつ 端書はがき 面倒めんどう さん 手数てすう 鳶色とびいろ かき 一叢ひとむら 座敷ざしき 額縁がくぶち ともえ 花弁はなびら 常磐木ときわぎ 小暗おぐら 伝手つて 木魚もくぎょ 吾々われわれ 道行みちゆき 所望しょもう 海棠かいどう 編輯者へんしゅうしゃ 小用こよう 雑煮ぞうに 悠長ゆうちょう もん しめ 払子ほっす 汁粉しるこ 紛失ふんじつ 金箔きんぱく 幾年いくねん 何遍なんべん 彼是ひし 漠々ばくばく たつ 羽二重はぶたえ 惨澹さんたん ささ ポンド 蒼黒あおぐろ 表向おもてむき 完膚かんぷ 遠退とおの たけ 鰹節かつぶし 無惨むざん じく 反故ほご 屑屋くずや 昆布こんぶ 洋灯ランプ 小桶こおけ 五色ごしき 攪乱かくらん 煮染にじ 頂辺てっぺん 薄紅うすくれない 皮膚ひふ おか 文鎮ぶんちん 靴足袋くつたび 襟巻えりまき 不断ふだん 水上みなかみ 横丁よこちょう 紋付もんつき がく