永日小品えいじつしょうひん
雑煮を食って、書斎に引き取ると、しばらくして三四人来た。いずれも若い男である。そのうちの一人がフロックを着ている。着なれないせいか、メルトンに対して妙に遠慮する傾きがある。あとのものは皆和服で、かつ不断着のままだからとんと正月らしくない。こ …
作品に特徴的な語句
ちな おど めし まぼ くせ はや 穿すぼ ため あく はぐ じか づけ あっ シルリング くさ 刺繍ぬいと かむ 一切ひとき 遊戯いたずら いちじ うま 若干そくばく さが はじ じゅう あい つッ ひる 蒼白あおしろ 黄葉きば かわ 日蔽ブラインド がく したたり うるおい おの ただち つら つら 退しりぞ おごそか まばたき うご かえ 最先さいさき いきお 彼是ひし ざま おく はた むな っか 夜中よじゅう きた こうべ たと なら がく すご 向直むけなお あや 鰹節おかか ちがい 情人じょうじん 自然じねん ぶく 一捻ひとひねり すき 蹲踞うずく しん こわ 石鹸しゃぼん 退さが こころざ つか たま ゆる さかの はが 垢附あかづ はず