“拗”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
73.3%
すね5.1%
ねじ5.1%
こじ3.4%
ねぢ2.3%
ちぎ1.7%
しつ1.1%
ひね1.1%
ひし0.6%
0.6%
0.6%
くど0.6%
0.6%
しつこ0.6%
0.6%
0.6%
0.6%
0.6%
よぢ0.6%
ネヂ0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
少女は——少女もやっと宣教師の笑い出した理由に気のついたのであろう、今は多少ねたようにわざと足などをぶらつかせている。
少年 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
すると、私は退屈するから、平地に波瀾を起して、て、じぶくッて、大泣に泣いて、してお祖母さんに御機嫌を取って貰う。
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
僅な松明の灯に照し出される岩肌は、穴の屈曲に従って けたをつけ 波打つを重ねる。岩室がぽっかり袋のように広くなったところもある。
富士 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
「いや、そうお叱りなさるな。小児というものは、その時の調子でひょいとれることがあるもんですよ。まあ、あとで食べさせたらいいでしょう。」
木曽の旅人 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
逆ふのでございませう。で、潔い貴方と、けた私とでは、始からお話は合はんのですから、それでお話を為る以上は、どうぞ何事もお聞流に願ひます
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
阿父さん、これり立てのなのよ。埃や毛虫の卵がくつ着いててもいけないから、一粒づつこの水で洗つて召しあがれよ。」
いずれ折をみて勘気は解いてやる心でおるが、おれのまえでも尊氏をい、ああこい諫言をするようでは今日の役には立たぬ。なんといたせ、ちと変り者だ。
の意地の悪い奴、叔母さんか御隠居さんかがって、った事を云って、そうお茶をつぐからいけねえの、そうお菓子を盛てはいけねえ
霧陰伊香保湯煙 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
竿でその頭を𡥅るにかつて逃げ去らず。徐々と身を縮め肥えてわずかに五、六寸となって跳び懸かるその頭をげば死すとある。
或拗枝妄抛 或はりてりに
向嶋 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
町外れから、曲りねった路や、立木の暗い下を迂路ついて、与平治茶屋まで来た。ここで水を飲もうとすると、犬が盛に吠える、「誰だあ、やい」戸の中から寝ぼけ声が聞える。
雪中富士登山記 (新字新仮名) / 小島烏水(著)
何しろ、嫉妬焼きで、清元の師匠と、変だなんて言いがかりを為るのが余りいので、今夜もり倒して遣りました。
越後獅子 (新字新仮名) / 羽志主水(著)
そうひどく気もちをじらせたようにしてお帰りになったので、もう当分入らっしゃらないかも知れないと思っていたが、翌日になると
ほととぎす (新字新仮名) / 堀辰雄(著)
山の上では、また或る日麦藁き始めた。彼は暇をみて病室を出るとその火元の畠の方へいってみた。すると、青草の中で、いでいた若者が彼を仰いだ。
花園の思想 (新字新仮名) / 横光利一(著)
どうかすると声が引きぎられ、押し流されようとするのを、さうはさせまいと抵抗する、その張り切つた気持を楽しむもののやうに、一段と声を強めて
独楽園 (新字旧仮名) / 薄田泣菫(著)
からだをじ向けたり、手を延ばして年寄が三世相を見るようにしたり、または窓の方へむいて鼻の先まで持って来たりして見ている。早くやめてくれないとが揺れて険呑でたまらない。
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
み、意地、かぬ気、疑惑、あらゆる弱点が、穏かな眼鼻をさんざんにんだ結果、こうねくれた人相になったのではあるまいかと自分は考えた。
永日小品 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
記者も初め遠くから見た時は、大昔の美津良式を復活させたものかと思ったが、近付いてよくよく見ると、髪毛とは全く別の感じを持った黒い固まりなので腹の皮がれた。
東京人の堕落時代 (新字新仮名) / 夢野久作杉山萠円(著)
動力石油發動力にあらずば、電氣力まり、艇形葉卷烟草形て、推進螺旋不思議れたる有樣など、もシー、エヂスン氏等舊套摸傚するばかりで
好意を持つもの同士の間に、其でもくり返さねばならぬ疑ひ、けごと。さうしてやがて、とり返されぬ破局への突進。
実川延若讃 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)