“ちぎ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
34.6%
千切21.8%
10.2%
遅疑6.4%
千断5.3%
千木3.4%
地祇2.6%
2.3%
1.5%
痴戯1.1%
1.1%
断切1.1%
拗切0.8%
0.8%
0.8%
捩斷0.8%
0.8%
0.4%
扯断0.4%
断離0.4%
千絶0.4%
寸断0.4%
寸斷0.4%
手切0.4%
手断0.4%
扯斷0.4%
断絶0.4%
智顗0.4%
稚戯0.4%
遲疑0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「これは助命の願いではございません。どんな罪科がありましょうとも、小三郎は私の許婚、二世をった方に違いはございません」
ゴンドラを繋ぐ、理髪屋の標柱のような彩色棒の影が、水の上で、伸びたり縮んだり、千切れたり附着したりして、一日遊んでいた。
踊る地平線:10 長靴の春 (新字新仮名) / 谷譲次(著)
「二階を下りしなに、何や暗うなって、ふらふらと目がもうて、……まあ、、ほんに、あの中へ落ちた事なら手足がれる。」
白花の朝顔 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
持って押すことだ。攻めるも護るも、これで押徹せばよいのだ。遅疑逡巡すれば、そこに破綻が生ずる。君がそういう国家の不利益を、この上もたらさないことを望む
諜報中継局 (新字新仮名) / 海野十三(著)
それは、色褪せた古金襴の袋に入っている。糸はつづれ、千断れているが、古雅なにおいと共に、中の笛までが、ゆかしくばれる。
宮本武蔵:02 地の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
足名椎は彼等夫婦の為に、出雲の須賀へ八広殿を建てた。宮は千木天雲に隠れる程大きな建築であつた。
老いたる素戔嗚尊 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
まなる人はもちろん話をも防ぎ、ただき道に導き奉り、共に天神地祇の冥助を、永く蒙り給わんことを願い給うべし。
娘煙術師 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
げにおん身のびたりといへば、ジエンナロ手もてその破れたる處をみ、この端のれたるはにかゝりて跡に殘りぬ、われは直ちに心附きぬれど、奈何ともすること能はざりき
かく引きり、むざむざと歩み棄てけむ。——
第二邪宗門 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
僕ハイツモ彼女ガガッテイルトコロノ悪戯ノ数々、———彼女ニ云ワセレバ執拗イ、恥カシイ、イヤラシイ、オーソドックスデナイトコロノ痴戯ノ数々ヲ
(新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
「正義」の大商人ウヰルソン氏なぞ、よく気をけないと、兎のやうな耳朶れる程引張られるかも知れないて。
十歳ばかりの男の子に手を引かれながら、よぼ/\して遣ってまいり、ぼろ/\した荒布のような衣服を着、肩は裂け袖は断切れ、恐しいをして居ります。
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
にしんみりとつても西風から一常緑木をも拗切つて撒布らすれば、それだけではもうんどかされるのである。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
曇り日に映って、東の方へと折れて、連山の頭へ古い綿を、ポツリポツリとっては投げ出すように、風に吹き飛ばされている、乗鞍岳が濃い藍靛色に染まって、沈まり返って
槍ヶ岳第三回登山 (新字新仮名) / 小島烏水(著)
「彦、この百合を一つ残らず引っって河へ叩っ込め。」
る日になると、義男はみのるの身體に殘つた所々の傷を眺めて斯う云つた。女の軟弱な肉を振り捩斷るやうに掴み占める時の無殘さが、後になると義男の心に夢の樣に繰り返された。
木乃伊の口紅 (旧字旧仮名) / 田村俊子(著)
かくりて、すなはち詔りたまひしく、「汝は右より𢌞り逢へ、は左より𢌞り逢はむ」とのりたまひて、へて𢌞りたまふ時に、伊耶那美の命まづ「あなにやし、えをとこを
その國より科野の國一九に越えまして、科野の坂二〇の神を言向けて、尾張の國に還り來まして、先の日にりおかしし美夜受比賣のもとに入りましき。
すなはちはむと思ほししかども、また還り上りなむ時に婚はむと思ほして、り定めて、東の國に幸でまして、山河の荒ぶる神又は伏はぬ人どもを、悉にしたまひき。
一ツ残りし耳までも扯断らむばかりに猛風の呼吸さへ為せず吹きかくるに、思はず一足退きしが屈せず奮つて立出でつ、欄をむで屹とめば五月の闇より黒く
五重塔 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
我等を囚へし慈岩窟は我が神力にて扯断り棄てたり崩潰さしたり、汝等暴れよ今こそ暴れよ、何十年の恨の毒気を彼等に返せ一時に返せ、彼等が驕慢の臭さを鉄囲山外んで捨てよ
五重塔 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
鷲郎は黒衣が首級を咬ひ断離り、血祭よしと喜びて、これをげつつ、なほ奥深く辿り行くに。忽ち路まり山えて、進むべき岨道だになし。
こがね丸 (新字旧仮名) / 巌谷小波(著)
さきに文角ぬしが物語に、聴水といふ狐は、かつてわが父月丸ぬしのために、尾の尖切られてなしと聞きぬ。今彼の狐を見るに、尾の尖断離れたり。恐らくは聴水ならん。
こがね丸 (新字旧仮名) / 巌谷小波(著)
細かに細かに千絶れた雲の一つ一つが夕映の光を真面に浴びて、紅に紫に青に輝き、その中に、黄金、白銀の糸をさえまじえて、思いもかけぬ、尊い、綾が織りなされるのである。
農村 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
今は古綿のごとく此処寸断彼所も寸断れて
鬼桃太郎 (新字新仮名) / 尾崎紅葉(著)
古綿のごとく此處寸斷彼所寸斷
鬼桃太郎 (旧字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
ふと氣付くと、裏口の柿の木に近所の子供が上つてゐて、まだよく熟してはゐない柿の實を手切つて落すのを他の子供が掌で受けてゐた。
避病院 (旧字旧仮名) / 正宗白鳥(著)
二人はこのごろT—のところへ届いた枝ごとのバナナを手断りながら、いろいろの話に耽った。
(新字新仮名) / 徳田秋声(著)
何しろツこくなつた人間ばかり扱ツてゐるか、人間が因業に一酷に出來てゐて、一度うと謂出したら、首が扯斷れてもを折はしない。また誰が何んと謂ツても受付けようとはせぬ。
解剖室 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
が文三無念で残念で口惜しくて、堪え切れぬ憤怒の気がカッとばかりに激昂したのをば無理無体に圧着けた為めに、発しこじれて内攻して胸中に磅礴鬱積する、胸板が張裂ける、断絶れる。
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
智者大師はその名を智顗といって、今から千三百四十年ほど前に亡くなった支那の高僧で、生きているうちには一度も日本へは来たことのなかった人であります。
日本の伝説 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
かつての、中野お犬小屋荒しのような稚戯は、当然、無罪となさねばならぬ。
大岡越前 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
〔譯〕靈光つる時、細大の事物、遺落無く、遲疑無し。