第二邪宗門だいにじゃしゅうもん
あな熱し、あな苦し、あなたづたづし。 わが熱き炎の都、 都なる煉瓦の沙漠、 沙漠なる硫黄の海の広小路、そのただなかに、 饑ゑにたるトリイトン神の立像、 水涸れ果てし噴水の大水盤の繞には、 白琺瑯の石の級ただ照り渇き痺れたる。 そのかげに、紅 …
作品に特徴的な語句
たは 痙攣ふるへ とざし 火酒ブランデイ せまり かぞへ またたく おは うけ 沈黙もだ 老媼をうな 眩暈めくら がふ おぢ あらず 情人こひびと 提灯ともし 接吻くちつ めぐり きはまり もの くゆり をみな しりへ くる 静寂じやうじやく 湿しめり 憂愁わづらひ そそ せい おぢ ぢく 女人ぢよにん 退しざ をうな ひやゝ 汝等なれら 痙攣つりかが たら 嘲笑あざわらひ 揺曳ゆらび 接吻くちつけ 歔欷すすり いさり 平和なごみ うま つぬ ちぎ あか かほ たなぞこ 億劫おくごふ かう 薔薇いばら しよく うま 叫喚わめき あめ ひま すが やれ すは 抵抗あらがひ 眩暈めくるめき きう わらひ 負傷てお さは まば きは 雑木ざわき つゐ なよ ねずみ ひやや ゑみ みつ 湿うるほ 光景けしき かをり 酔漢ゑひどれ あへぎ 戦慄わななき 褐色くりいろ きよく それ あほ 古代ふるよ 曲節めろぢあ