“対”のいろいろな読み方と例文
旧字:
読み方割合
むか41.8%
たい25.5%
つい16.5%
こた4.3%
むこ2.4%
つゐ2.2%
2.0%
てえ1.4%
てい0.4%
あわ0.4%
つひ0.4%
むかい0.4%
むかう0.2%
むかひ0.2%
ムカ0.2%
0.2%
あは0.2%
くら0.2%
こと0.2%
むかっ0.2%
むかへ0.2%
むけ0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
だが、自分よりずっと上脊丈のある三方の大人にって、彼がやった一瞬の身の動かし方は、同時に平等な打撃を相手に加えていた。
宮本武蔵:08 円明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
になると、屋根れました。は、ときどき、それらのうつりかわる自然して、ぼんやりながめましたが
ちょうと三つの石 (新字新仮名) / 小川未明(著)
葉子は下宿へいに来る一色とで二三度庸三の書斎に姿を現わしたが、ある晩到頭一人でやって来て机の前にいる彼に近づいた。
仮装人物 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
さて、今度はどこが一番疼むかと問うに、えて歯がひどく疼むというと、コイツは旨い。本当だ「玉抜いてこそ歯もうずくなれ」。
いつぞやの凌雲院の仕事の時も鉄やうにしてつまらぬことから喧嘩を初め、鉄が肩先へ大怪我をさしたその後で鉄が親から泣き込まれ
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
雪をふは落花をはらふにして風雅の一ツとし、和漢吟咏あまた見えたれども、かゝる大雪をはらふは風雅にあらず。
すると、講演の順番が彼にめぐって来た。彼はステージに出て、渦巻く聴衆の顔ときあっていたが、緑色の幻は眼の前にチラついた。
永遠のみどり (新字新仮名) / 原民喜(著)
この片一方の腕にしても、が合わせられねえ仕儀さ。何とかしてこの腹癒せをしねえことには、この虫がおさまらねえ。
大菩薩峠:31 勿来の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
今一度逢いていもんだと、親父が達者でいればが事は片時も心に忘れる気遣いのねえもんだから、親父にしても誠にア気の毒に思うだ、むじゃねえ
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
恩あるその人のに今は立ち居る十兵衛に連れ添える身のすこと辛く、女気の繊弱くも胸をどきつかせながら、まあ親方様
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
エヽ此水指結構ですな、からうのお屏風、三探幽のお此霰蘆屋でげせうな
士族の商法 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
板の色白く、てらてらとなる岸にりたり。
照葉狂言 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
のつそりは憎い奴、親方のを張つて大それた、五重の塔を生意気にも建てやうなんとは憎い奴憎い奴、親方がし過ぎるので増長した謀反人め
五重塔 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
坦々たる古道の尽くるあたり、荊棘路をぎたる原野にて、これが開拓を勤むる勇猛の徒をす者はらずむば惰なり。
海潮音 (新字旧仮名) / 上田敏(著)
若くから氏上で、数十の一族や、日本国中数万の氏人から立てられて来た家持も、ぢつとうてゐると、その静かな威に、圧せられるやうな気がして来る。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
二人は、こう言いうと、童子を真中にして庭後へ出た。
後の日の童子 (新字新仮名) / 室生犀星(著)
恩ある其人のに今は立ち居る十兵衞に連添へる身の面をすこと辛く、女気の纎弱くも胸を動悸つかせながら、まあ親方様
五重塔 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
その言いしれぬ肉のおもいを含んだ笑い声が、光の薄い湿っぽい待合室に鳴り渡って人の心を滅入らすような戸外の景色にべて何となく悲しいような、またあさましいような気がして来る。
駅夫日記 (新字新仮名) / 白柳秀湖(著)
子曰く、賜や、を以て多く学びて之を識る者と為すかと。えて曰く、然り、非なるかと、曰く、非なり。一以て之を貫くと。
論語物語 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
実は昨日朝飯の時、文三が叔母にて、一昨日教師を番町に訪うて身の振方を依頼して来た趣を縷々し出したが、叔母は木然として情き者の如く
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
又右の紀に、辺土と中州をしに依ては、此五字をつ国のとも訓べし。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
常人ならばといひてべきに、さはなくてその方に身をてつら/\見るに、くなりしにかゝるものゝあり/\と見ゆるもたゞ人ならじと猶よく見れば