“むこ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ムコ
語句割合
婿32.6%
26.2%
無辜19.7%
12.7%
3.6%
2.6%
武庫1.2%
女婿0.2%
佳婿0.2%
向革0.2%
女壻0.2%
聟殿0.2%
0.2%
賢婿0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
幸い資本を見てやろうとおっしゃってくださる方もありますから、しかるべき、と申したところで身分相当のところから婿を迎えて
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
彼女は、このかなが、たとえ自分い、してくれましたにかかわらず、どうしても自分することができなかったのです。
海ぼたる (新字新仮名) / 小川未明(著)
或人は庄司署長を攻撃して、功名にる余り、無辜を陥いれたので、支倉は哀れな犠牲者だと云うその是非についてこれより述べよう。
支倉事件 (新字新仮名) / 甲賀三郎(著)
松と草藪水辺の地面と外光と、筵目も光っている。そうして薄あかい合歓の木の花、花、花、そこが北島、かが草井の渡し。
木曾川 (新字新仮名) / 北原白秋(著)
の氏子、堀の内にてをむかへ又はをとりたるにも、神勅とてに水をる、これを花水祝ひといふ。毎年正月十五日の神㕝也。
風呂敷が少し小さいので、四隅う同志いで、真中にこま結びを二つえた。宗助がそれをげたところは、まるで進物の菓子折のようであった。
(新字新仮名) / 夏目漱石(著)
綺麗な水のしやぶしやぶと云ふ音と人々の笑ひさゞめく声と河原の白い砂と川口の向うに見える武庫の連山が聯想されます。街の東の仕切になつて居るのは農人町川です。
私の生ひ立ち (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
「さて。……今日は一つやっちまおうか。小面倒だが、毛家の女婿のあの与力が、まだかまだかとまたうるさく言って来やがるにちげえねえ」
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
或る西蕃王のにいて、郡馬(王の女婿)となったが、その黒い姫君すらも、彼を嫌って、振り抜いたとかで、自分からそこを追ン出てしまったため、以来
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「喬老。武士たちに命じて、賈華を斬りすてておしまいなさい。わが佳婿がねの見ていらっしゃる前で」と、罵った。
三国志:08 望蜀の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
女たちは塗りの台に花模様の向革をつけた高下駄をはいて、島田の髪が凍てそうに見えた。蛇の目の傘が膝の横に立っていた。
雪の夜 (新字新仮名) / 織田作之助(著)
我今すなわちに好きを得たりと。すなわち、指語すらく中に宿るべしと。阿那律すなわちみて室に入り結跏趺坐す。坐して未だ久しからずしてまた賈客あり、来たりて宿を求む。
「そうでしたか。私は新野の玄徳ですが、臥龍のを訪うこと二回、今日もむなしく会えずに帰るところです。いったい、あなたの賢婿さんは何処へ行ったのでしょう?」
三国志:06 孔明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)