“繋”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
つな80.1%
つなが7.8%
かか3.0%
2.0%
もや1.7%
かゝ1.1%
つなぎ0.8%
0.8%
ツナガ0.5%
しば0.5%
カイ0.3%
いまし0.2%
かが0.2%
くく0.2%
くゝ0.2%
けい0.2%
つない0.2%
つなご0.2%
カカハ0.2%
カヽハ0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それだけ、今ごろ標札のかわりに色紙を欲しがる青年の戯れに実感がこもり、梶には、他人事ではない直接的ながりを身に感じた。
微笑 (新字新仮名) / 横光利一(著)
御骨は、沼の縁にな泥の中にありましたって、どこも不足しないで、手足も頭もって、膝をめるようにしていたんだそうです。
沼夫人 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
浅井一人に、自分の生活のすべてがっているように思われた。男の頼もしさが、いつもよりも強い力でお増の心に盛り返されて来た。
(新字新仮名) / 徳田秋声(著)
かれを以ちて、その沈みし處を探りしかば、その衣の中なるかりて、かわらと鳴りき。かれ其所に名づけて訶和羅の前といふなり。
ここにはとホッ立て小屋がある。毛馬村の船着と見て、七名は、ばらばらとそこへ先廻りして降口して待っていた。
宮本武蔵:04 火の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
受取再三見終り如何にも斯樣に委しき證據あれば概略は知たりと云つゝ又熟々思案するに斯る事にり居ては面倒なり山内めを呼出し渠を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
純なる勢能最低處を保ち、中央には一の、繋離るゝことなきほどにいとく、勢能を作用と結び合せき 三四—三六
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
と是から船を出して矢切の渡口へ船をけ、上へあがり、おしのゝ門口へ参りました、音羽は勝手を存じて居りまするから中へ這入り
けれども、浅い夢ばかりを見続けて居た気がする。うつら/\思つてゐた考へが、現実につて、あり/\と、目に沁みついてゐるやうである。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
が足にまつたか、それとも手綱に腰をられたか、暫くは浮び上がる樣子もなく、そのまゝ引き潮に流されて、川下の方へ流れて行きます。
其までの長雨忌みの間を「馬にこそ、ふもだしかくれ」と歌はれた(すべて、ふもだし)の役目をするのが、ひもであつた。かう言ふ若い神たちには、中心となる神があつた。
水の女 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
山と自分とにつてゐる深い交渉を、又くり返し考へはじめたのである。
死者の書:――初稿版―― (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
外の石垣の下には、よくり舟がもやって、うかすると、船頭のみ声などもするから、船世帯の船頭の女房が、乳ぶさに、泣く子をあやして居るのであろう。
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「しかし、それにしてはに落ちぬ御作法、上役人ともある方々が、なんで、吾らのり舟へ、会釈もなく踏みこみ召された」
鳴門秘帖:04 船路の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
すっかり縛って出られないようにして、中のの柱にって置いて、うして奥の間へ這入ると、旦那が奥の間で按摩取を呼んで、横になって揉ませて居る其処えずっと這入って来て、さア金え出せ
敵討札所の霊験 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
孔子、晩にして易をみ、説卦文言ず。易を読み、韋編三たび絶つ。曰く、我に数年を仮し、かくのくせば、われ易に於て則ち彬彬たらん。(『孔子全集』、一九六五)
孔子 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
で居りしなりと云を聞れ大岡殿然らば汝無量庵よりりしかとあるに九助仰の如く其夜戌刻過同所を立出一里ばかり參りし大井川の河原を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
良人は依然として「子供達は家庭に対して権利を持っている」「婦人の家庭に対する分担持場が違って来たら、世の中はどうなるだろう」と云って、彼女を家庭生活にのみうとします。
当麻真人の、氏の物語りである。さうして其が、中臣の神わざとりのある点を、座談のやうに語り進んだ姥は、ふと口をつぐんだ。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
彼が羽左衛門の芸質を論じて、きびしかつたのも、実は此にる所が多かつたのである。
菊五郎の科学性 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)