“概略”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
あらまし55.2%
がいりゃく13.8%
がいりやく6.9%
あらかた6.9%
およそ3.4%
おほかた3.4%
おほむね3.4%
おほよそ3.4%
ざっ3.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
かく渾然たる作品を得ることは困難でござりますという意味を概略陳述して、若井兼三郎の作家に対する好意を御披露に及んだ所
博士が身を多難にさらして、各地をめぐり、心霊学者や行者に会い、親しく見聞し、あるいは共に研究したところについて概略をのべた。
霊魂第十号の秘密 (新字新仮名) / 海野十三(著)
吉三郎はお濱から事件の概略を聞いたらしく、平次の前に立竦んだ顏は、不安に顫へて居りました。
初めさせし處僥倖繁昌して今では不足もなくし居りて十七歳になる娘一人けたり概略後藤先生の眞實に御世話下されたるは右申通りゆゑ今度ひ私が供をしながら昔しを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
れ夫にて概略つたり先月初旬了源寺の所化りたる坊主はしく其の願山で有うと何樣其方の別懇にする曲者ならん此儀はぢやと思ひなき事を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
概略藤五郎の事んが大岡殿の仁心にて藤五郎家來と申越れしと見えたりとて早速用人の十郎と言者越前守殿役所へ罷出ければ越前守殿佐十郎を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
致し候故概略答へんとの事なるが然らば其方に尋ぬべし書面に是有所の建部郷右衞門十郎の兩人舊來の思ひ立ちとは如何なる譯なるぞ此儀心得居るかと申さるゝに左仲はぞと思ひ其の事故嫡子藤五郎亂心仕つり候に付先達て御屆申上候弟五郎を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
我は汝によりて詩人となり汝によりて基督教徒となれり、されどわが概略ける物を尚良く汝に現はさんため我今手をべて彩色らん 七三—七五
神曲:02 浄火 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
またはその頃の名物といったようなものを概略と話して置きます。