“大概”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
たいがい67.6%
てえげえ10.8%
あらまし4.5%
ていげえ2.3%
あらかた2.3%
たいげえ1.7%
おおよそ1.1%
おほかた1.1%
おほよそ1.1%
ていげい1.1%
てえげい1.1%
おおかた0.6%
おほむね0.6%
たえげえ0.6%
おおむね0.6%
おはず0.6%
およそ0.6%
たいげ0.6%
たいげい0.6%
だいがい0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
読方だって、何だ、大概大学朱熹章句くんだから、御経勿体ないが、この山には薬の草が多いから、気の所為か知らん。
薬草取 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「お前の言ふことは大概變なことばかりだが、まさか——どうして新造にはが生えないでせう——なんて話ぢやあるまいな」
仮令木匠の道は小なるにせよ其に一心の誠を委ね生命を懸けて、慾も大概は忘れ卑劣も起さず、唯只鑿をもつては能く穿らんことを思ひ
五重塔 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
いたってくなっていやらしく成ったもんだから、間ア悪がって……早くっされよ、さえうちは大概ったんだ、情夫が居るもんだから見えして
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
と楽しそうに話しておりますと「ファラリイス」の駒も大概御覧済になりましたので、御仮屋の北側に記念の小松を植えさせられました。
藁草履 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
喜「誠に御道理……し屎草履と仰しゃるが、米でも麦でも大概土から出来ねえものはねえ、それには肥料いしねえものは有りますめえ、あ痛い、又打ったね」
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
別に一水の熊井町中島町の間を北に行きて油堀仙台堀を連ぬるあり。深川側の川渠は大概かくの如し。
水の東京 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
「ハツハツヽヽヽ大概そんなことだらうと酒を持て來たのだ、飮みな/\が歌つてやる!」と徳二郎は既に醉つて居るらしい。
少年の悲哀 (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
考へ居たりしが大概丑刻時分とも思ふ頃と起上り寢床にて甲懸脚絆迄も穿と云へば逃出すばかりの支度をなし夫より後藤がたるより宵の酒宴の時見て置きたる胴卷の金を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
是からねえ盆過になると、近村の者が湯治にりますので、四万の方へくと銭もかゝって東京のお客様がえらいというので、大概山口へ来て這入る、此処が廿年には繁昌したものだアね
霧陰伊香保湯煙 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
馬鹿にしねえ、大親分が居て、それからが居た土地だ。大概江戸ッ児になってそうなもんだに、またどうして、あんな獣が居るんだろう。
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
さすればその香気が鼻を穿ちて、心魂忽ち空になり、われを忘れて大概は、その罠に落つるものなり。これよく猟師のなす処にして、かの狂言にもあるにあらずや。
こがね丸 (新字旧仮名) / 巌谷小波(著)
古人く近きをればざるが如く遠きに渡れば乃ち餘り有りと爲す我國聽訟を云ふ者大概青砥藤綱大岡忠相の兩氏が明斷を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
米エ積んだり麁朶ア積んだりして大概信州から草津沢渡あたりを引廻して、四万の方へいて行くだが、その牛がって来る、牛を見ると馬てえものは馬鹿に怖がるで、崖へ駈込んだりしやす
霧陰伊香保湯煙 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
伝えるに違いない。そしてこのに向かわせる気じゃ、大概寸法は知れておるわい
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
もっとも線路の見当は大概に着いてたけれども、踏処が悪いと水田へる。
沼夫人 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
初雁音も言づてぬ南の海の海遥なる離れ嶋根に身を佗びて、捨てぬ光は月のみの水より寒く庇廂洩る住家に在りし我が情懐は、推しても大概知れよかし
二日物語 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
お前は何かてえと、おお酒ツてお謂ひだけれども、私が幾らむもんじやない。二けア大概ツて了ふんだかや、月に積ツたツて幾らがものでもありやしないよ。
平民の娘 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
森「おい、大概にしねえな、そんな事をいつまで云ってもしが付かねえから、おいこう、まア台所へ来ねえって事よ」
業平文治漂流奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
突起ては、中央一箇突起するのと、二箇突起するのと、二箇突起上部るのと、大概區別する出來るとふ。